ドコモの225Mbps対応Wi-Fiルーター「HW-02G」「L-01G」の白ロムが値崩れ中

ドコモのPREMIUM 4Gに対応したモバイルWi-Fiルーター「HW-02G」「L-01G」の2機種が白ロムで安く販売されています。

追記:公開当時、最大通信速度を最大255Mbpsと誤って表記しておりました。正しくは225Mbpです。お詫びして訂正します。

スポンサードリンク

最大通信速度が225MbpsのモバイルWi-Fiルーター

今回ご紹介する2機種はどちらも最大通信速度が225Mbpsの「PREMIUM 4G」に対応しています。SIMフリーではないものの、ドコモの電波を使用したMVNOであれば利用することが可能。現在ドコモが展開する4つのLTE Bandが使えるため、格安SIMとセット販売されているようなルーターよりも高性能です。

HW-02G
本体サイズ 59 × 95 × 14.3mm
重量 約110g
対応周波数 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
バッテリー容量 2,400mAh
連続通信時間(3G/LTE/LTE-Advanced) 約8時間/約9時間/約8時間
ディスプレイ 2.4インチ
同時接続台数 10台(クレードル接続時20台)
L-01G
本体サイズ 107 × 65 × 20mm
重量 約186g
対応周波数 2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz
バッテリー容量 4,880mAh
連続通信時間(3G/LTE/LTE-Advanced) 約18時間/約20時間/約17時間
ディスプレイ 3.0インチ
同時接続台数 10台

注目すべきは「L-01G」のバッテリーが4,880mAhと大容量な点。「HW-02G」と比べて2倍以上の容量を積んでおり、17~20時間連続で通信が行えます。これだけ長時間使用できれば旅行などで活躍しそうですね。モバイルチャージャー機能でタブレットやスマートフォンの充電が行えるので、充電がピンチのときでも大丈夫。

ただし、これだけ大きなバッテリーを積んでいるので、本体に厚みがありずっしりと重みを感じます。ポケットなどに入れていると嵩張ってしまうので、持ち運ぶ際はカバンに入れておくほうが良さそうです。

逆に「HW-02G」はコンパクトで軽く、持ち運びに適しています。同梱のクレードルを利用すれば自動的に高出力Wi-Fiに切り替わり、広範囲でWi-Fiが使えます。

値崩れの背景はドコモの投げ売り

以前ドコモが「ルーター特別割引」という割引を行っていて、本体価格が一括9,720円で投げ売りされていました。店舗によってはオプション加入で一括0円になったりとお祭り騒ぎになりました。

これに1,782円の月々サポートが付いてくるので、4月12日までにシェアパック子回線で契約すれば270円で維持することが可能でした。そんな事情もあって白ロム市場に大量に出回ったことにより価格が一気に下がってきました。

Amazonでは「HW-02G」が13,000円、「L-01G」が14,980円で販売されています。(執筆当時)
安くて評判のいい「NEC Aterm MR03LN」がAmazonタイムセールで15,900円程で販売されていることを考えるとコストパフォーマンスに優れていると思います。

ドコモのWi-Fiルーターは、格安SIMブームが巻き起こってから需要が増えてきて値崩れしにくいものでした。モバイルWi-Fiルーターは新商品が出るペースが遅く、頻繁に買い換える物では無いと思うので、1度購入すれば長く利用できる商品ではないでしょうか。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。