今更ながらSpigenの「Nexus5用ウルトラ・ハイブリッド クリアバンパーケース」を買いました

Nexus5のケースを頂いてから、不意に落下させてしまいケースが割れてしまいました。ケースを付けていなかったらどうなっていたやら…。Nexus5はストラップホールが無いので、落下防止ストラップが付けられないのです。

鹿たないので新しいケースを探していると、良さ気なケースを発見したので購入してみました。

スポンサードリンク

人気だったケースがほとんど売ってない

Nexus5は2013年の11月に発売された機種で、人気のあった機種は既に完売していました。偶然にもSpigenのケースが期間限定で再販しており、これを逃したら買えなくなりそうなのでポチっておきました。

wpid-1435876139082.jpg

Spigen製品はSpigen ネオ・ハイブリッドケースから2回目です。以前は貰い物だったので購入したのはこれが初めて。前からガジェクラの方々に評価が高く、自分で使ってみてしっかりと守ってくれるようだったのでまたSpigenのケースにしました。

wpid-1435876184153.jpg

箱を開けてみると、ケース以外にも液晶保護フィルムと着せ替え用のデザインがプリントされた紙製シートが2枚入っていました。デザインが中二病っぽいので使わない

wpid-img_20150704_084305.jpg

早速装着してみました。別途購入したガラスフィルムをまだ貼っていないのでフィルムが汚いですが、ケースはしっかりとはまりました。液晶面よりも縁が盛り上がっているので画面を裏にして置いても直接画面が触れないようになっています。

ケースを装着すると本体サイズが一回り以上大きくなります。いかにもタフネスモデルのようなゴツさになりますが、

写真 4

側面のSpigenがさりげないオシャレを演出。このエンボス加工されたロゴが全然ピント合わなくて苦労した。。

wpid-img_20150703_204127.jpg

外観が見えるクリアケースを選びました。ブラックのモデルだとバンパー部分と一体になって綺麗だと思いますが、ホワイトは思っていたのとちょっと違っていました。まぁパンダカラーも嫌いじゃないけど。

これまた四隅が少し出っ張っていて、直接クリアケースが触れることがないように工夫されています。こういう細かい気遣いが素敵です。

写真 2

カメラ部分はしずく型にくり抜かれています。カメラの出っ張りもちょうど埋まって良い感じです。

ボタン類はケース無しより押しやすい

写真

ケースを付ける上で重要なのが「各ボタンの押しやすさ」だと思います。ケースで全面保護できたとしても押しにくかったら使いづらいです。Spigenのケースはそこを重要視していて、ケースがボタンを覆っても押しやすかったです。

写真-3

スリープボタンや音量ボタンはケースなしよりも大きくなり、ボタン部分の素材は柔らかくなっていてクリック感があります。

コネクタ類の干渉も問題なさそう

wpid-img_20150703_230214.jpg

写真 1

micro USBコネクタやイヤホンジャックの部分は大きくくり抜かれているので、よほど大きなコネクタでなければ問題なさそうです。自分の持っているケーブルでは大丈夫でした。

まとめ:在庫がある内に買いましょう

いつ再販されるか分からないので買える内に買っておきましょう。この他にもケースはたくさん販売されていますが、評価がマチマチだったので少し心配です。それなら有名ドコロの商品を買ったほうがいいです。

既に多くの方がレビューしている「Nexus5用ウルトラ・ハイブリッド」は評判通りしっかりと守ってくれるケースでした。価格は1,680円(執筆当時)と他の安いケースと比べるとちょっと高いですが、モノは悪くないので長く使えると思います。(今度こそ落とさないようにしよう…。)

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。