元ソースを貼らずにスクリーンショットだけでSNSへシェアするのはもうやめましょう

SNSをやっているとたまに見かけるのが、どこかのサイトやブログ記事のスクリーンショットだけでシェアしている人。だいぶ前から思っていたんですけど、あれやめて欲しいんですよ。

スポンサードリンク

スクリーンショットでシェアする文化

スクリーンショットを撮ってSNSなどでシェアをするのは私自身もよくやります。人に見てもらうなら文章よりも写真の方が分かりやすいから。ただそれがWebサイトやブログ記事なら話は別です。

当の本人は特に意識すること無くシェアしているだけで、悪気があってやっているわけじゃない。でもそうなってくると困るのがメディア運営者やライターさんです。

拡散が数値化されない恐怖

拡散されていた情報がスクリーンショットになると、そのネタだけが一人歩きして情報を書いたところには還元されません。NAVERまとめやバイラルメディアが拡散されているのと同じように提供する側は困ります。

記事を直接見てもらわないとどれだけ読まれているのかも解析できないし、広告収入や成約に繋がらないので従来の方式では今後運営をしていくのが難しくなってくると思います。

サイトの宣伝になっていると言われたらそうでもない。スクリーンショットを見た人が情報元を探し出しすことも簡単ではないので、その内容が読めたらそれで満足してしまっている人がほとんどです。

バイラルメディアはなぜ嫌われるのか

2014.07.26

なぜスクリーンショットでシェアするのか

インターネットにはハイパーリンクという便利な機能があるはずなのに、なぜあえてスクリーンショットでシェアするのか。

それは簡単な理由で、「サイト内を探すより手間が省けるから」「URLをシェアするよりも自分の発言をみんなに見てもらいたいから。」「リンク元が記事を消すこともあるから画像にしてシェアする。」ただそれだけなんです。

スマートフォンがこれだけ普及した今、スクリーンショットで気軽にシェアする文化は止められないでしょう。

やっていることはバイラルメディアなどと同じで、「こんな面白いネタを見つけた」ということを共有して、いいね!やリツイートしてもらいたいんだと思います。承認欲求を満たすために情報元は踏み台にされているのかと…。コンテンツを生み出す側からすると残念で仕方ないです。

スクリーンショットでシェアしてもいいけどリンクを貼ろうね!
毎日アホみたいにネタをシェアしている鹿さんとの約束だよ。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。