淡路島の玉ねぎを丸々1個使った「淡路島カレー 西食堂-ウエストキッチンー」がこれまでのカレーを覆す美味しさ

沖縄の那覇市役所付近にある淡路島カレーとパスタのお店「淡路島カレー 西食堂」がこれまでとは違ったカレーの味を楽しめたのでご紹介。

スポンサードリンク

沖縄県庁やモノレールも近くアクセスしやすい位置

「淡路島カレー 西食堂-ウエストキッチンー」は国際通りの裏通りにある場所にひっそりとあります。モノレール県庁前駅や県庁からも近く、ランチタイムは地元のお客さんが多く来るそう。「カレーの美味しいカフェレストラン」と書かれた看板が目印です。

関連ランキング:カレーライス | 県庁前駅旭橋駅美栄橋駅

閉店ギリギリの18時前に行ったので閉める準備をしていました。もっと早く行っておくべきだった…。

お店のメニューは淡路島カレーと淡路島スパゲッティの2種類。カレーはプレーンタイプとスタウトポークカレー(2枚)から選べて、ドリンクのセット、採れたてドリンク+サラダまたはオニオングラタンスープのセット、ドリンク+サラダ+オニオングラタンスープのセットから選べます。

淡路島カレー+ドリンク
プレーン:580円 スタウトポークカレー(2枚):780円
淡路島カレー+ドリンク+採れたてサラダまたはオニオングラタンスープ
プレーン:680円 スタウトポークカレー(2枚):880円
淡路島カレー+ドリンク+採れたてサラダ+オニオングラタンスープ
プレーン:800円 スタウトポークカレー(2枚):1,000円
淡路島スパゲッティ+ドリンク
580円
淡路島スパゲッティ+ドリンク+採れたてサラダまたはオニオングラタンスープ
680円
淡路島スパゲッティ+ドリンク+採れたてサラダ+オニオングラタンスープ
800円

店内には淡路島カレーの紹介のポスターが掲載。淡路島カレーって何?という方は淡路島カレー公式ページをチェックすると魅力が分かると思います。

スパゲッティも280gとボリューム満点で人気があるそう。ガッツリ系醤油も食欲をそそりますね。

甘さ→コク→辛さの三段階で変化する絶品カレー!

今回はスタウトポークカレーとドリンクのセットを注文。今回はモバイルプリンス氏と一緒に来たんですが、この西食堂の経営元である西自動車商会がスマートフォン王国のスポンサーということもあり通常よりもボリューミーな量になっていました。

山のように盛られたご飯に溢れるほどのカレールーに釘付けです。山の上にはフライドオニオンがこれまた大量に掛かっています。以前は3種類のサイズから選べたみたいですが、現在は提供を早めるために1種類に絞ったそう。

口当たりは甘く、フライドオニオンのすぐにカレーの深みが来て、後からスパイスの辛さがじわじわとやって来ます。とは言っても玉ねぎでかなりマイルドになっているので、辛いのが苦手な私でも大丈夫でした。

フライドオニオンのパリパリとした食感や、スプーンで簡単にほぐれるほど柔らかく煮込んだ豚肉がカレーの旨味を引き立てます。今までカレー食べてきて「あっ…これは美味いぞ…!」と感じる瞬間ってあまりなかったと思いますが、この西食堂のカレーは絶品でした。

本当はもっと写真を撮りたかったんですが、食べるのに夢中で撮影を忘れてしまいました。これまで食べてきたカレーの中でもトップクラスです。

一緒に頼んだアイスティーはお洒落なカフェで出てきそうなグラスに入っていました。これが結構量が入っていて、カレー食べているときの喉の渇きが一気に潤います。甘さのないティーなのでカレーとも相性が良かった。

11/1(火)、11/2(水)の2日間限定「10分以内に提供できなければランチが無料!」

14720396_1134447569971015_5188305546363938020_n

西食堂はリニューアルを記念して11/1(火)、11/2(水)限定で『西食堂の挑戦!10分以内に提供できなければランチ無料!!』という面白い企画を開いています。3日以降は「10分以内に提供できなければ商品半額チケットをプレゼント」とかなり太っ腹ですね。

リニューアル後はピーク時でも10分以内の提供を約束し、価格をリーズナブルにかつボリュームアップすることを宣言しています。せっかくなのでランチタイムに職場のみんなで押しかけてみてはいかがでしょうか。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。