Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

Microsoft公式のOffice Mobileが無料に!その実力とは?

マイクロソフトは03/27にAndroid・iOS向けに「Microsoft Office Mobile」を個人利用に限り完全無償化することを発表しました。これまでもアプリ自体は無料でインストールすることが出来ましたが、Office 365のサブスクリプションが必要だったため、実質的に有料でしか利用できないアプリでした。そこで今回はAndroid版のOffice Mobileをレビューしていきたいと思います。

Microsoft Office Mobile 15.0.2720.2000
カテゴリ: 仕事効率化
Google Playで詳細を見る

Microsoft Office Mobile
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス

スポンサードリンク

洗練されたUIで使いやすい

wpid-Comb30032014085003.jpg

アプリを起動するとスタート画面が表示されます。

wpid-Comb30032014085028.jpg

Microsoftアカウントでログインして使用します。

wpid-Comb30032014031502.jpg

ログインに成功するとこのような画面になります。Windows Phoneを連想するようなフラットなデザインで洗練されています。ここからファイルを作成したり、保存しているファイルを開いたりすることが出来ます。

ファイルはクラウドストレージのOne Driveに保存されます。オフラインの時でも利用する事ができ、オンラインの環境になったときに更新されます。

スマホに最適化されて使いやすいUI

Word

スマホのテキストエディタは数多く存在しますが、Wordのような文章作成アプリはあまりいい物がなくて探しておりました。このOffice MobileのWordはシンプルながら必要最低限の機能が揃っており、スマホでも簡単に使うことが出来ます。

wpid-Comb30032014034220.jpg

上の左側のアイコンをタップすると情報が見れます。…とは言っても「ドキュメントの先頭」としか書かれていないのでどのように使用するかはよく分かりません…w

wpid-Comb30032014034149.jpg

右側の虫眼鏡のアイコンをタップするとテキストを検索することが出来ます。

wpid-0e790d9e9a68c58ed2685c60a9e312ca.png

文字を範囲指定すると、テキストの装飾を行ったり注釈を入れたりすることが出来ます。

Excel

スマホでExcelというと小さな画面でチマチマ操作して使いづらそうだと思っていましたが、公式アプリだけあってスマートフォンで使いやすいように工夫されておりました。

wpid-aace88546b5359de78a92d543015e94b.png

セルの範囲指定は指でセルをドラッグするだけで簡単に選択することが出来ます。

wpid-04a5cd655202582c1b5ccc0df1f98057.png

セルを長押しすることで、セルを固定したりテキストの折り返しを変更することが出来ます。

wpid-36330fab25fab230690b57fbcb65dea9.png

シート内でピンチイン・アウトで拡大・縮小をすることができ、見やすいサイズに調整出来ます。

wpid-eb8829c5c572b35661e1fe6dcafeaea0.png

右上には4つのボタンが並んでおります。一番左上にはシートの切り替えボタンがあり、PCのOfficeのようなタブ形式ではなくボタンを押してリストを表示させる形式になっております。

wpid-a515fcbc7629b2c07c6993fe4b380ecc.png

検索機能を使ってセルを検索することが出来たりします。

wpid-0b2c2bb893090b6a362cf9346981374d.png

ソート機能も実装されており、データを種別に分けることが出来ます。

wpid-f230cef05e9279c92949daafccc79225.png

Σのアイコンをタップすると関数の値を一覧で見ることが出来ます。

wpid-a2d988e43e13a72aac9048b6cb5ce960.png

メニューキーを押して「セルの書式設定」を押すと、文字のスタイルを調整したり、文字色・背景色などを変更することが出来ます。

wpid-1396140826946.png

上にあるfxの入力欄から関数を使うことも出来ます。

wpid-b208e234c07d8e5d0c28877b5bfce340.png

項目や値などを入力しメニューキーから「グラフを作成」を選ぶとグラフを誰でも簡単に作ることが出来ます。

wpid-Comb30032014044718.jpg
左上から順番に「縦棒グラフ」「折れ線グラフ」「円グラフ」「横棒グラフ」「面グラフ」「散布図」の全部で6種類のグラフを作成することが出来ます。

PowerPoint

プレゼンなどに用いるPowerPointも閲覧・テキストの編集などを行う事が出来ます。
しかし、私の環境だと新規作成の項目が見つけきれませんでした。

サンプルファイルもあります

最初から入っているサンプルファイルで機能を確認することが出来ます。

wpid-1396140870537.png

wpid-Comb30032014100626.jpg

Excelはグラフや関数などを使用したサンプルが用意されております。

wpid-1396151964481.jpg

wpid-Comb30032014100911.jpg

Wordは見出しやリストを使った構造化された文章が用意されています。画像なども挿入されておりますが、PowerPoint同様に一部使えない機能があるようです。(ただ単に自分が使いこなせていないだけの可能性もあります。)それにしてもパンダがかわいい。

wpid-1396140862780.png

wpid-Comb30032014100949.jpg

wpid-1396140868794.png

PowerPointはサンプルでUIの確認も行えました。オーロラについて説明されているようですが、高校時代の英語の成績がずっと3だった私には理解できませんでした()

少し残念なところ

公式アプリだけに他の似たようなアプリとは比べ物にならないくらい作り込まれている印象でした。これが無料で使えるんだから文句なし!…と言いたいところですが、1点だけ!!惜しいところがありました…。

wpid-storagesdcard0PicturesScreenshotsScreenshot_2014-03-30-17-34-2001.png

それはAndroidタブレットに対応していないということです。こういうアプリこそ大画面で使いたいと思うのになぜか対応していません。PlayストアのレビューでもNexus 7・XPERIA Z1 Ultra・XPERIA Tabletなどでインストール出来ない!と数多く書かれています。私が使用しているdtabも同じく非対応でした。

理想はdtabにBluetoothキーボードを使用しOffice MobileでPCと同じような感じでOfficeファイルを扱いたい!と思っていたのですが、対応することを気長に待つしか無さそうです…orz

タブレットの王道であるiPad向けのアプリは「Office for iPad」としてリリースされましたが、日本ではまだ提供されておりません。いち早くタブレット対応が望まれるアプリだと思います。

参考サイト

マイクロソフト、Office Mobileを個人向け無料化。iPhoneとAndroidスマートフォン用に国内でも配信 – Engadget Japanese

Microsoft、Android・iPhone版「Office Mobile」を無料化 作成・編集も可能に | アプリオ

「Microsoft Office for iPad」登場──「Office 365」なしでも閲覧は可能 – ITmedia ニュース

ASCII.jp:「Office for iPad」がついに発表、日本では未提供-Microsoft

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する