Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

Poboxからアップデートで使いやすくなったGoogle日本語入力へ乗り換えました

今まで私はずっとソニー製のPobox Touchを愛用しており、高い変換性能やクラウド変換が使いやすくてお気に入りでした。非公式のPobox TouchのapkでELUGAやAQUOS Phoneに導入しており、モブログをするときなどに活躍していました。

しかし、今回のGoogle日本語入力のアップデートにより、ついにPoboxからあっさり乗り換えてしまいました。それだけ今回のアップデートは良いものでした。

今日は進化したGoogle日本語入力のアップデート内容について見ていくことにしましょう。

Google 日本語入力
カテゴリ: 仕事効率化
Google Playで詳細を見る

スポンサードリンク

キーボードの配列やデザインの変更

wpid-img_20141108_184227.jpg

キーボードの配列が変更され、より使いやすくなりました。フォントが細字になりすっきりとした印象に。

wpid-img_20141108_152945.jpg

右上にはGoogle音声入力を一発で入力できるボタンが新たに追加されました。使わなければ設定でオフにすることも出来ます。

数字キーの独立

wpid-img_20141108_153235.jpg

これまで文字種切り替えキーは日本語・英字・数字でまとまっており、文字種を切り替える度にボタンを数回押していましたが、アップデートにより日本語・英字キーと数字キーに分かれました。

数字キーは記号・顔文字・絵文字と統合され、タブ形式で切り替えられます。日本語や英字キーボードと比べると高さが少し小さいです。左右には算用数字「+-*/」、ドットとカンマ「.,」が入力できるようになっております。

wpid-img_20141108_190508.jpg

また、数字を入力するフォームでは下にあるタブが消えて大きくなります。

フリックで入力できる文字が増えた

wpid-img_20141108_181713.jpg

日本語キーボードでは「や」の左右フリック、「わ」と「、」の下フリックが追加され、よく使っている括弧「()」や波線「〜」や三点リーダー「…」が素早く打てるようになりました。

追記:旧バージョンでも同じく打てるようです。失礼しました。

これまでは辞書登録などを行ってきましたが、こちらのほうが一発で打つことができるので助かります。

wpid-img_20141108_183049.jpg

しかし「わ」の下フリックの近くにホームキーがあるため、フリックしたときに誤ってホーム画面に戻ってしまうことが何度かありました。ATOKのように下にスペースを追加できるようになると誤爆しなくて済むのになぁ…。

wpid-img_20141108_151638.jpg

英字キーボードではついに下フリックで数字が入力できるようになりました。

個人的にこれが一番嬉しいアップデートで、パスワードなど英数字が混在する文字が打ちやすくなりました。今まではこれが無かったためにPoboxを使っておりいました。

タブレットでキーボードが大きくなった

wpid-img_20141108_181810.jpg

タブレットではキーボードが大きくなりました。

wpid-img_20141108_181829.jpg

フリックだと大きすぎる印象ですがQWERTYキーボードだとサイズがよりパソコンに近づいた印象です。

wpid-img_20141108_181644.jpg

新しいOSのAndroid 5.0 Lollipopだと変換候補がPCのように文字の下に出てくるようになるようです。(旧OSはこれまで通り下に変換候補)

絵文字が入力しやすくなった

wpid-img_20141108_164131.jpg

細かいところですが、エンターキーを長押しすると一発で絵文字のタブが開くようになりました。

キーボードテーマの追加

wpid-img_20141108_153044.jpg

キーボードのテーマが追加され、マテリアルデザインのキーボードが増えました。

wpid-img_20141108_182807.jpg

wpid-img_20141108_182756.jpg

参考までにこれまでのキーボードはこんな感じでした。

ブルー/ライトグレー

wpid-img_20141108_160112.jpg

wpid-img_20141108_160133.jpg

デフォルトのキーボードです。グレーの配色で標準的なデザインです。今まではこちらのテーマを使用しておりました。

オレンジ/ライトブルー

wpid-img_20141108_160156.jpg

wpid-img_20141108_190040.jpg

上記のブルー/ライトグレーとほぼ同じですが、アクセントカラーがブルーからオレンジに変更されております。

ブルー/ダークグレー

wpid-img_20141108_160118.jpg

wpid-img_20141108_160138.jpg

こちらは黒配色のキーボード。結構このデザインで使用している人が多い気がします。

マテリアルデザイン(ライト)

wpid-img_20141108_160107.jpg

wpid-img_20141108_160142.jpg

今回のアップデートで追加されたテーマのライトバージョン。キーボードの境目を無くし、究極までフラットにさせたキーボードです。iOS7以降のキーボードのような感じですね。今回からこちらのテーマを使用しています。

マテリアルデザイン(ダーク)

wpid-img_20141108_160124.jpg

wpid-img_20141108_160147.jpg

こちらも今回のアップデートで追加されたキーボード。ダークテーマもカッコいいですね!

まとめ

今回の大型アップデートで今までのGoogle日本語入力が更に使いやすくなりました。まだアップデートしていないという方は今すぐアップデートしたほうがいいですよ!

iOS8でもサードパーティ製のキーボードが使えるようになったので、是非ともiOSでもGoogle日本語入力が使えるようになるといいですね。そうしたらもっとiPhoneが使いやすくなるのに…。

Google 日本語入力
カテゴリ: 仕事効率化
Google Playで詳細を見る

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する