Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

au系MVNO会社の「UQ mobile」は噂通り速度が速いイチオシの格安SIM!

数多くある格安SIMの中でも通信速度が速く、安定していると噂の「UQ mobile」が到着したので実際に試してみました。

スポンサードリンク

UQ mobileは数少ないau系のMVNO会社

格安SIMは接続料が他社より安いドコモの回線を利用する企業が多く、au回線を利用したMVNOは「mineo」と「UQ mobile」の2社しかありません。

UQ mobileのプランは高速通信が3GB使える「データ高速」プランと、500Kbpsで通信量無制限の「データ無制限」プランの2種類から選べ、今回は前者を契約しています。

wpid-img_20150628_213653

同梱物はSIMカード、説明書、LINE電話のコールのクレジット番号が特典として付属していました。元々LINE電話を使っていないので必要ないですけどね。

wpid-img_20150627_033611

SIMカードはnanoSIMを選択しました。今年の2月からnanoSIMに対応しています。MVNO専用のSIMカードとなっており、台紙に斜めの線が引かれています。

設定方法

wpid-img_20150627_034218

早速SIMカードを端末に挿して使ってみましょう。挿入したら電源を入れてAPNの設定を行います。既に設定されている項目は変更する必要はないです。

iOSの場合は手動でAPNの設定が出来ないため、iOS端末の設定方法からプロファイルをダウンロードして下さい。

UQ mobileのAPN設定
APN名、アクセスポイント名UQ mobile
APN、APN設定uqmobile.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名uq@uqmobile.jp
Password、パスワードuq
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプCHAP
APNプロトコルIPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプdefault, mms, supl, hipri, dun

実際に速度を測ってみた

朝、昼、夜の混雑する時間帯にスピードテストをしてみました。測定条件は以下のとおり。

測定条件
測定場所沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯8時~9時、12時~13時、19時~20時
測定方法Speedtest.netで3回測定。平均値を値とする。

朝 8時~9時

wpid-jointpics_20150626_205429

1回目2回目3回目
ping74ms68ms72ms
下り13.52Mbps8.21Mbps10.75Mbps
上り7.47Mbps6.56Mbps6.97Mbps

昼 12時~13時

wpid-jointpics_20150626_205534

1回目2回目3回目
ping72ms77ms71ms
下り9.07Mbps20.55Mbps26.10Mbps
上り5.80Mbps6.48Mbps5.73Mbps

夜 19時~20時

wpid-jointpics_20150626_205347

1回目2回目3回目
ping97ms130ms68ms
下り16.65Mbps27.24Mbps23.07Mbps
上り4.02Mbps4.78Mbps8.71Mbps

測定した結果、安定して速度が出ているようでした。MVNOは混雑時に測定すると1Mbpsを切る会社も多いですが、UQ mobileは格安SIMでも本家au並の速度が出ていました。MVNOのデメリットに「通信速度に大きくばらつきがある」とご紹介していましたが、この回線は非常に安定していました。

まとめ

丸一日UQ mobile回線のみで利用してみて、特に不便な思いをすることなく使用出来ました。この回線が3GB当たり1,058円(税込)から使えるのは驚きです。(執筆当時の情報)

値下げ合戦を繰り返しているMVNO業界ですが、今後は安さだけではなく通信品質でも勝負していって欲しいところです…。UQ mobileはまだそこまでユーザーが多くないと思うので、人気があるIIJやOCN mobile Oneなどよりも空いているんだと思います。

もうしばらく使ってみて3日1GB制限などについても検証していきたいと思います。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する