Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

mineoの500MBプリペイドSIMが付いた「SIM PERFECT BOOK 02」を購入しました。

昨年末に第一弾が発売し、売り切れが続出した話題のSIM本「SIM PERFECT BOOK 02」を購入しました。前回は買い損ねたので今回はAmazonで予約しました。

MVNO初心者にも分かりやすい丁寧な解説

wpid-img_20150703_211710.jpg

本誌はMVNO初心者にも分かるように、初期設定の方法などを1つひとつ丁寧な解説がされていました。当サイトも初心者~中級者を対象としているので、初心者目線に立って書かれた本誌は参考になります。

中でも初心者が躓きやすい初期設定の項目では、スクリーンショットを一枚ずつ並べて操作手順を教えてくれるので、公式ページの操作方法よりも分かりやすく感じました。

wpid-img_20150703_205700.jpg

次項では格安SIMとセットで購入したいオススメのSIMフリー端末を多数掲載しており、おすすめポイントと一緒に紹介されています。

MVNOの公式サイトでは、端末そのものの紹介が詳しく書かれていないこともありますが、SIM PERFECT BOOK 02は性能の良し悪しだけではなく端末の魅力も1つずつ紹介しています。

wpid-img_20150703_205812.jpg

SIMフリー端末の紹介の次は本題の格安SIMの情報。MVNO企業ごとに要点がまとめられているので、自分の使い方に合わせて好みのSIMカードが選択できるのではないでしょうか。

wpid-img_20150703_205901.jpg

MVNO各社の通話プランを表にまとめているのですが、値下げ合戦のMVNO業界ではすぐに情報が古くなってしまいそうですね。確認してみると、割と最近のデータが反映されているみたいですが…。

こういった更新性のあるデータは本よりもWebサイトの方が新しい情報が反映されるので、あくまで参考程度に見ておくほうが良さそうです。

wpid-img_20150703_205925.jpg

格安SIMにまつわる疑問に答える「SIMフリーQ&A」では、格安SIMとは何なのか、格安SIMに移行したらどれくらい安くなるのか…といった内容を豊富なイラストと共に説明されています。

mineoのプリペイドSIMカードが付いたMVNO解説本

この雑誌の目玉はmineoのプリペイドSIMカードが付属しているところ。本誌でMVNOについて学び、付属のSIMカードで実際に試すことができます。SIMカードの容量を使い切った後は月額料金のプランへ移行することができます。プリペイドから移行することで、通常3,240円掛かる契約事務手数料が無料になります。

SIMカードのサイズ nanoSIM
データ量 500MB
利用期限 開通日の翌月末
開通期限 2015年9月末日

mineoはau初のMVNOとして注目を集めた会社で、株式会社ケイ・オプティコムが提供しています。2015年7月から最低利用期間・解約金が廃止されて、もっと気軽にmineoを試せるようになりました。

また、2015年9月よりdocomoのMVNOを提供する予定です。キャリアの壁を越えて容量をシェア出来るようになり、パケットを無駄なく使えるようになります。

設定方法

まずは「mineoプリペイドSIM開通センター」に電話をして開通手続きをします。音声ガイダンスに従い、SIMカード裏面に書いてあるご利用番号とパスコードを入力します。その後、au端末にSIMカードを取り付けてAPNの設定を行います。

mineoのAPN設定
APN名、アクセスポイント名 mineo
APN、APN設定 mineo.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 mineo@k-opti.com
Password、パスワード mineo
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAP
APNプロトコル IPv4v6、IPv4/IPv6
APNタイプ default, mms, supl, hipri, dun

速度を測ってみた

初期設定が終わったところで、実際にスピードテストをしてみました。測定環境は以下の通り。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 8時~9時、12時~13時、19時~20時
測定方法 Speedtest.netで3回測定。平均値を値とする。

朝:8時~9時

wpid-img_20150708_085859.jpg

1回目 2回目 3回目
ping 78ms 97ms 78ms
下り 14.41Mbps 12.89Mbps 24.35Mbps
上り 5.47Mbps 7.84Mbps 6.77Mbps

昼:12時~13時

wpid-img_20150708_124105.jpg

1回目 2回目 3回目
ping 106ms 106ms 112ms
下り 0.84Mbps 0.70Mbps 1.08Mbps
上り 3.73Mbps 5.72Mbps 5.27Mbps

夜:19時~20時

wpid-img_20150705_193944.jpg

1回目 2回目 3回目
ping 74ms 68ms 82ms
下り 20.80Mbps 20.75Mbps 18.26Mbps
上り 8.18Mbps 6.34Mbps 7.30Mbps


朝と夜の速度はUQ mobileと同じくらい速度が出ておりましたが、お昼に測定すると途端に速度が低下しました。1Mbpsを超えることがほぼ無いようなので状態で、3日3GB制限を食らった時のWiMAX 2+や、UQ mobileのデータ無制限プランと同程度の速度くらいです。

前から混雑時は速度が落ちやすいと言われていたmineoですが、まだまだ速度改善はしていないようですね。au系MVNOではUQ mobileの方が使いやすいと思います。混雑時の速度さえ改善されればメインで使える格安SIMになれると思うのですが…。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する