しっかりとした作りでお手頃価格の自撮り棒「Aukey HD-P7」レビュー

モバイルバッテリーやBluetoothスピーカーなどを販売しているAukey様より自撮り棒 HD-P7をご提供いただけたのでレビューしてみたいと思います。

スポンサードリンク

しっかりとした作りの自撮り棒

IMG_20160114_211052

自撮り棒と言ったらみんなで写真を撮っているイメージ画像がパッケージになっていることが多いですが、モバイルバッテリーなどと同じ簡易包装のダンボールに入っています。

IMG_20160114_211216

自撮り棒本体、説明書と保証書、落下防止用ストラップが同梱。

IMG_20160114_211248

自撮り棒本体は軽量ながらしっかりとした作りです。持ち手の部分はゴムっぽい質感で滑りにくく握りやすいサイズでした。

コンパクトな伸縮式で6段階で伸びるタイプです。自撮り棒と言ったらもっと大きなイメージがありましたが、この商品は鞄の中に入れても邪魔になりません。

設定不要で分かりやすい有線接続

IMG_20160114_211302

スマートフォンと横から伸びているイヤホン端子で接続します。

自撮り棒はBluetooth接続のタイプが多いですが、Bluetoothのペアリングって意外と面倒くさいんですよね。無線接続だと自撮り棒の充電も必要になってきます。

これなら電源はスマホから取ってくるので、機械が不慣れな方でも使いたいときにサッと取り出してすぐに使えるのは嬉しいです。

IMG_20160114_213023

Aukeyのロゴにボタンが付いており、しっかりとしたクリック感があります。

dsc_0256.jpg

最大まで伸ばすとこれくらい伸びます。棒を伸ばしてもしなったりすることがなく快適に利用できました。

IMG_20160114_211346

スマートフォンを挟み込む部分はゴムで出来ているので、本体を傷つける心配もありません。角度は最大270度まで調整可能です。

以前持っていた自撮り棒は、角度調整する度にネジを緩めてから再びキツく止める方法だったので面倒くさかったのですが、これはカチカチと段階式で変えられるので楽ちんです。


こんな風にカチカチと音が鳴ります。ちょっとうるさいので静かなところで使うと目立ちそうです。

IMG_20160114_212810

この製品だけのことではないですが、本体を横にして挟み込む想定で作られているので、機種によってはサイドキーと干渉してしまうこともあるので注意が必要です。

dsc_0257.jpg

Xperia Z3だと電源ボタンが挟み込む部分で押されてしまうので、干渉しないSHL25で試してみることに。

シャッターボタンは音量キーの上として判定されるようで、機種やアプリによってはきちんと撮影できない物もありました。先ほど試したSHL25でも音量キーでシャッターを切れなかったので、Nexus5で試したらいけました。

音量キーがズームになっていた場合は、設定で変更してみて下さい。

img_20160228_220150.jpg

自撮り棒を一番短く持った時がこんな感じ。インカメラの画質はお察し下さい。

img_20160228_220209.jpg

そして自撮り棒を最大まで伸ばして撮影したときがこちら。布団を畳まずに撮影したことがバレました。自撮りだけではなく、高いところの撮影にも使えます。

価格も1,000円以下とお手軽に買える値段なので、旅行用などに1本持っておくと素敵な写真が撮れると思います。

場所によっては自撮り棒の使用が禁止されているので、マナーを守って正しく使いましょう。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する