Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

インナーイヤー型の格安ワイヤレスイヤホン 「COUMI TWS-834A」レビュー

COUMIの格安ワイヤレスイヤホン「COUMI TWS-834A」をメーカーよりご提供頂いたのでレビューしていきます。

本製品は12.5mm径のダイナミックドライバーを搭載し、IPX7の防水対応の完全ワイヤレスイヤホンです。インナーイヤー型で耳の負担が少なく、軽い付け心地で長時間使用しても痛くなりにくいのが良かったです。


スポンサーリンク

COUMI TWS-834Aのスペック

製品型番 COUMI TWS-834A
通信方式 Bluetooth 5.0
チップ Airoha AB1532
対応コーデック AAC/SBC
連続再生時間 単体で5時間、ケース込みで32時間
防水性能 IPX7
充電時間 約1.5時間
ノイズキャンセリング通話 環境ノイズキャンセリング(ENC)
充電方法 USB Type-C、qiワイヤレス充電
充電ケースサイズ 67.6mm×67.6mm×29.2mm
重量 イヤホン4.8g、充電ケース64g

ざっとスペックを確認していくと、3,000円台のワイヤレスイヤホンにしては必要十分な機能が揃っています。

チップセットはQualcomm製ではなくAiroha製とのこと。左右のイヤホンが独立で接続する「MCSync」に対応し、音飛びや音切れがしにくい設計となっています。

ノイズキャンセリング機能は、通話時に騒がしい環境下でも「自分の声」と「騒音」を判別してクリアに届ける機能。音楽を聴くときに周囲の音を消すノイズキャンセリングではないため注意が必要です。

そのほかIPX7の防水、USB Type-Cとワイヤレス充電に対応しており、連続再生時間も単体で5時間、ケース込みで32時間と長時間使えます。

COUMI TWS-834Aの外観

パッケージは黒を基調とした高級感のある作り。

付属品

箱の中身はイヤホン本体、充電ケース、USB Type-C to Aケーブル、取扱説明書やクイックスタートガイドなどが入っていました。

説明書はところどころ怪しいものの日本語に対応。イラストで図解したクイックスタートガイドが付属しているのは操作が分かりやすくて良かったです。

充電ケース

充電ケースはマットな仕上げで革製のストラップが付いています。

最近の製品と比べるとサイズは少し大きめ。ズボンのポケットに入れると存在感があります。

ケースを開けるとイヤホン本体が出現。購入時は接点部分にシールが貼られているので、剥がしてから使用してください。

イヤホンを取り外した様子。イヤホンを近づけると、マグネットでピタッと吸着して充電が始まります。

ケースの充電は側面のUSB Type-Cポートから。この価格帯では珍しく、ワイヤレス充電にも対応しています。充電パッドの上に載せるだけで充電できて非常に便利。

イヤホン充電中は左右のLEDが点灯し、イヤホンが充電中であることを蓋を閉めていても確認できます。

裏面には製品仕様が印字されています。

イヤホン本体

イヤホン本体はAppleのAirPodsのようなうどん型。AirPodsと比べると持ち手部分が若干短いです。

表面は艶消しブラックでシックなデザイン。ロゴも同色系でまとめられていて、あまり主張しすぎないのがよく分かっています。

手のひらに載せるとこのくらいのサイズ。

COUMI TWS-834Aの使い方

ペアリング方法

ペアリング方法はとても簡単です。使用する機器のBluetooth設定画面から「COUMI TWS-834A」を選択するだけでOK。

Android端末であれば「Fast Pair」でも接続が可能です。Fast Pair対応機器であれば、近づけるだけで自動的にペアリングモードになり、通知をタップするだけでペアリングが完了します。

この機能を使って接続すると、Bluetooth機器とGoogleアカウントが連携されて、他の機器と切り替えがスムーズに行えたり、紛失時に最後に使っていた場所と時間をアプリから探すことができます。

操作方法

イヤホンの側面を軽くタップ・長押しすると、タップした回数に応じた操作が可能です。

通常操作
左(L) 右(R)
1回タップ 音量- 音量+
2回タップ 再生・一時停止
3回タップ 前の曲へ 次の曲へ
1秒間長押し 音声アシスタント(Siri/Google/Alexaなど)

通話操作
左(L) 右(R)
2回タップ 通話/終話
3回タップ 通話切替
1秒間長押し 通話拒否

実際に使ってみた感想

実際に付けてみるとこんな感じ。インナーイヤー型ということもあって、軽い付け心地で耳への負担が少なく感じました。

ただし、耳への引っ掛かりは弱いです。スポーツなどで頭を動かすと簡単に外れそうな感じがします。

肝心の音質についてはTHE普通。低音がちょっと弱いかなと思いますが、価格を考えたら癖のない聴きやすい音だと感じました。

音楽をじっくり聴くというよりも、YouTubeで動画を視聴したり作業しながらBGMとして流しておくような用途に向いています。

専用アプリでイコライザー設定もできる

もし物足りないと感じたら、専用アプリを使って音を自分好みにアレンジすることができます。

聴力テストをして使用する人に合わせた設定にしてくれる機能もあり、なかなか本格的でした。

まとめ:音質にこだわらず、ラフに使うならコスパがいい

COUMI TWS-834Aのメリットとデメリットをまとめると以下の通り。

■メリット
  • 圧迫感のない軽い付け心地
  • 丸みを帯びたシンプルなデザイン
  • 防水性能が高い
  • ワイヤレス充電に対応
  • 「Fast Pair」に対応
  • イヤホン単体で音量調整・曲送り・曲戻しに対応
■デメリット
  • 低音が弱い
  • 頭を激しく動かすとイヤホンが落ちやすい
  • イヤホン単体ではペアリング機器の切り替えができない

3,000円台という価格帯ながら、ワイヤレス充電やIPX7の防水対応、音質もそこそこ聴けるレベルで普通に使えるワイヤレスイヤホンです。

今流行りの周りの騒音を消す「ノイズキャンセリング」、周囲の音を聴きやすくする「外音取り込み機能」などは搭載されていないですが、それらを必要としない人にとってはコスパに優れている製品だと思います。

完全ワイヤレスイヤホンをまだ使ったことがない人や、ある程度良いものを持っていてサブとして使いたいなど用途を絞れば使いみちはありそうです。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する