Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

mineoのプレミアムコースってどうなの? Dプランの通信速度を通常コースと比較してみた

格安SIM(MVNO)はお昼の通信速度が遅くて辛いです。特に品質の悪い会社を使っているとネットワークエラーが多発してろくに通信できないケースも多々あります。

そんなお悩みのあなたにオススメしたいのが、mineoが昨年末に募集していた「プレミアムコース」です。加入者を限定し、専用帯域を設けることでお昼の混雑時でも快適に利用できるとのこと。

昨年末にDプラン30名、Aプラン50名の合計80名限定で募集しており、応募してみたら見事に当選。
数ヶ月使用してみた感想や実際の通信速度などをまとめました。

スポンサードリンク

加入者を限定し専用帯域で混雑を防ぐ「プレミアムコース」

mineoのプレミアムコースは、一般ユーザーとは異なる専用帯域を設けて常に快適な通信環境が使える特別プラン。昼休みや通勤時などアクセスが集中する時間帯でも混雑時もスムーズに通信ができるようになります。

mineoは格安SIMの中でもそこそこの通信速度が出ていますが、お昼のランチタイムや帰宅ラッシュの時間帯は混雑しやすく通信速度が遅くなっていました。mineoに限らず格安SIM全般のデメリットになります。

そんな問題を解消するために生まれたのが「プレミアムコース」です。帯域を別に設けて加入者を限定することで、混雑を防ぎ快適に通信できるようになります。

プレミアムコースの料金プラン

プレミアムコースでは通常料金に864円(税込)が追加されます。申し込み対象は6GB以上(6GB、10GB、20GB、30GB)限定となります。
私は3GBプランのシングルタイプ(データ通信専用)を使用していたため、当選後にプレミアムコースの6GBに変更して2018年1月から継続して使用しています。

Aプラン プレミアムコース価格
シングル(データ)デュアル(音声通
6GB1,706円→2,570円2,365円→3,229円
10GB2,722円→3,586円3,380円→4,244円
20GB4,298円→5,162円4,957円→5,821円
30GB6,372円→7,236円7,031円→7,895円

Dプラン プレミアムコース価格
シングル(データ)デュアル(音声)
6GB1,706円→2,570円2,462円→3,326円
10GB2,722円→3,586円3,478円→4,342円
20GB4,298円→5,162円5,054円→5,918円
30GB6,372円→7,236円7,128円→7,992円

通信速度を計測してみた

それでは実際に通信速度を計測してみました。測定環境は以下の通り。

測定場所沖縄県那覇市周辺
測定回線・端末mineo Dプラン(プレミアムコース)
→HUAWEI P10 lite
mineo Dプラン(通常コース)
→HUAWEI P10 lite
mineo Aプラン(通常コース)
→HTC 10 HTV32
測定時間帯朝8時~9時、昼12時~13時、夜18時~19時の混雑時に測定
測定アプリspeedtest.netで3回ずつ計測
4GMarkでフルテストを1回計測

測定アプリはお馴染みのspeedtest.netを使用。
スピードテストと体感速度に差が出ているかチェックするために、朝・昼・晩の1回ずつ4Gmarkのフルテストを実施しています。

当サイトでは毎月1回、格安SIM(MVNO)の通信速度を計測しています。他社との通信速度を比較した結果はこちらをチェックしてみて下さい。

昼と夜の速度に大きな差が

平日の朝・昼・夜に3回ずつ測定した結果がこちら。

mineo Dプラン(プレミアム)の通信速度
ping下り上り4GMark
朝:1回目78ms30.7Mbps6.22Mbps12,986
朝:2回目88ms27.64Mbps5.87Mbps
朝:3回目86ms23.6Mbps5.96Mbps
朝:平均84ms27.31Mbps6.02Mbps12,986
昼:1回目87ms17.06Mbps5.62Mbps13,526
昼:2回目78ms17Mbps5.18Mbps
昼:3回目87ms19.74Mbps4.09Mbps
昼:平均84ms17.93Mbps4.96Mbps13,526
夜:1回目77ms16.05Mbps10.25Mbps11,342
夜:2回目68ms18.02Mbps10.11Mbps
夜:3回目80ms18.99Mbps10.05Mbps
夜:平均75ms17.69Mbps10.14Mbps11,342
1日平均81ms20.98Mbps7.04Mbps12,618

mineo Dプラン(通常)の通信速度
ping下り上り4GMark
朝:1回目88ms24.66Mbps4.3Mbps9,880
朝:2回目86ms28.5Mbps3.57Mbps
朝:3回目90ms30.28Mbps5.34Mbps
朝:平均88ms27.81Mbps4.4Mbps9,880
昼:1回目105ms0.34Mbps4.46Mbps184
昼:2回目168ms0.28Mbps5.6Mbps
昼:3回目135ms0.94Mbps3.43Mbps
昼:平均136ms0.52Mbps4.5Mbps184
夜:1回目110ms1.25Mbps3.44Mbps1,992
夜:2回目85ms0.88Mbps2.05Mbps
夜:3回目100ms0.65Mbps3.08Mbps
夜:平均98ms0.93Mbps2.86Mbps1,992
1日平均107ms9.75Mbps3.92Mbps4,019

mineo Aプラン(通常)の通信速度
ping下り上り4GMark
朝:1回目78ms14.21Mbps7.57Mbps9,489
朝:2回目79ms13.02Mbps7.69Mbps
朝:3回目79ms14.09Mbps4.61Mbps
朝:平均79ms13.77Mbps6.62Mbps9,489
昼:1回目74ms0.43Mbps4.64Mbps129
昼:2回目78ms0.44Mbps4.66Mbps
昼:3回目80ms0.49Mbps4.61Mbps
昼:平均77ms0.45Mbps4.64Mbps129
夜:1回目131ms3.91Mbps9.17Mbps2,867
夜:2回目132ms3.76Mbps8.88Mbps
夜:3回目138ms4.63Mbps6.41Mbps
夜:平均134ms4.1Mbps8.15Mbps2,867
1日平均97ms6.11Mbps6.47Mbps4,162

朝の通信速度は3回線変わらず快適な速度が出ていますが、昼のランチタイムや夜の帰宅ラッシュでは通常コースの速度が明らかに遅くなっています。

プレミアムコースでは時間帯問わず下り10Mbps以上をキープしており、UQ mobileやワイモバイルなどのサブブランド並の速度が出ていました。

混雑時の速度低下が解消されて快適に!

mineoのプレミアムコースは6GB以上のコースしか申し込めないため、あまりデータ量を消費しない人には向いていません。ある程度動画を観たり、SNSやソーシャルゲームを活用する方にオススメします。

プレミアムコースに加入すると通常プランに864円(税込)が加算されるため、MVNO最大の魅力の「料金の安さ」が損なわれますが、その分デメリットの「混雑時の速度低下」を解消してくれます。

UQ mobileやワイモバイルのようなサブブランドのようにちょっと高いけど快適な回線が使えるなら追加代金も安く感じます。

mineoの魅力は余ったデータ通信量を翌月に繰り越ししたり、家族や友達、mineoユーザー同士でデータ量をシェアして使えることにあります。パケットギフトで毎月友達と相互で送り合うことで、実質無期限にデータ容量を繰り越しできるのも便利です。

  1. 家族でシェア(パケットシェア)
  2. 友達とシェア(パケットギフト)
  3. mineoユーザー同士でシェア(フリータンク)

UQ mobileでは繰り越し(契約プランの基本データ容量が上限)に対応していますが、ワイモバイルでは翌月になると余ったデータ容量が消滅してしまいます。
余ったデータ容量を柔軟に扱える点は、どの会社よりもmineoが1番使い勝手がいいでしょう。

mineoのプレミアムコースは申込者を相当絞っているため、次に募集が掛かるのがいつか、いつになったら当選するのか…と待ちくたびれている方も多いです。
もっと多くの人が加入できるようになれば、人気も出てくると思いますがその分また混雑しそうだなぁ…。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する