Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

Youtuberはなぜ嫌われるのか

最近のYoutubeでは有名なYoutuber(ユーチューバー)を目指して動画をアップしている人が増えてきております。そんなYoutuberが何故嫌われているのかを自分なりに考えてみました。

スポンサードリンク

嫌われるワケ

見たくもないのにあらゆる場所に出てくる

一番はこれじゃないでしょうか。Google Adsenseの広告やYoutubeトップページのオススメ動画など、あらゆるサイトでその顔が出てきています。最近ではテレビ番組やCMなどにも出演し、活動の規模を広げております。

しかし、見たくもないのにこう何度も出てくると正直ウザいと思います。こうしてゴリ押しされると、本来ターゲット層じゃなかった人にまで目に止まってアンチが増えていきます。

サムネイル・顔がウザい

面白く思われようと変顔をしたり、オーバーなリアクションをしたり目立つようにみんな工夫しております。サムネイルにも目立つように派手な装飾を付けていますが、あれが鬱陶しいと思う人が多いようです。

周りにいる信者がウザい

人気者には信者が付き物です。Youtubeのコメント欄を見ていると「◯◯最高!叩いているやつと××はクソだ!」といったコメントが目に止まります。

きっとこういった幼稚なコメントは小中学生が書いているんだと思うのですが、その発言が本人の評価を下げていることに気がついていないようです。

これはYoutubeに限った話ではなく、ネット上のあらゆる場所で起こっています。大の大人がYahoo!ニュースや2chまとめサイトのコメント欄に同じような事を書いている人を見かけますが、恥ずかしいので辞めて欲しいです。

有名Youtuberの真似ごとをしている

小中学生に多いイメージですが、「◯◯キン」や「◯◯TV」みたいな有名Youtuberの真似をしている人たちが多く存在します。あれは見ているこっちが辛くなってきます。他人のまね事をする没個性のものまねは検索妨害でしか無いです。

企業コラボやアフィリエイトでお金儲けしている

企業コラボやアフィリエイトで楽してお金儲けしているということで叩かれている場合もあるようです。企業コラボもお仕事の一つだと思いますし、アフィリエイトだってこれだけ有名になればやらない理由がないんじゃないかと思ってしまいました。

それでも何かを生み出そうとしている

PAK75_syagekiwotanoshimukodomo20140831500

みんなこぞってクソみたいだと叩いておりますが、自分自身を売りに出して再生数を競っているので、著作権ガン無視のコンテンツを作っている人などは一切叩く権利無いです。何もせずにみんなが嫌いだから叩いてる人も居るのではないでしょうか?

何かを作ろう・みんなに見てもらおうと努力するのはいいことだと思います。自分で動画を撮って編集している労力があるだけ、コンテンツをパクるだけのバイラルメディアのようなものとは大違いです。

一時期こんな記事で話題になりました。

〈確かに面白くなかったです。でも、結論から言えば面白くないからこそ人気があるのかと。 ヒカキンさんのやってることはクラスの人気者程度のレベル。思いつきでなんかやって、たまに面白そうな顔芸もどきをする程度。確かに笑いとしてのレベルは低いです。でも、これでいいんですよ。高いレベルのお笑いなんてものを求めてる人なんて世の中そんなに居ないんですよ、多分〉

引用元:ヒカキンは全然面白くない!あのミュージシャンが話題のYouTuberを酷評! – 芸能 – 最新ニュース一覧 – 楽天WOMAN

たとえあなたがヒカキンさんの動画が面白くないとしても、ヒカキンさんがターゲットにしている10代にアプローチしているのならそれでいいんです。ネコや赤ちゃんの動画であったり、萌えアニメだったり、興味のない分野にわざわざ突っ込んで「つまらない」という必要なんてありません。

今後は見たくない人に動画を見せないようにする工夫が必要だと思います。流石にここまで宣伝されたら「嫌なら見るな!」なんてこと言えませんからね。誰かマックスむらいさんの広告ブロックシステムを作ってください。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する