Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

ドコモの最新機種(ARROWS NX F-02G)をカケホーダイプランでも安く運用する方法

ドコモは新料金プランを開始して以降、通話が少ないユーザーにとって基本料金が高くなってしまいました。

ドコモの白ロムを購入して、格安SIM(MVNO)で使うとしても、最新機種だとまだまだ高いです。

どうにか機種変更でも安くで使いたい!と調べてみると、ドコモの最新機種でも格安で手に入れられることが判明しました!

スポンサードリンク

ARROWS NX F-02Gとは

wpid-img_20141123_165805.jpg

docomo ARROWS NX F-02G | 製品 | NTTドコモ

ドコモの2014年冬春モデルのARROWS NX F-02Gは、5.2インチでありながらWQHD(2560×1440)ディスプレイを搭載し、画素密度564ppiという超高解像度ディスプレイのスマートフォンです。

約2年前のスマートフォンで搭載されていたHD(1280×720)ディスプレイの4倍、ここ最近主流のFHD(1920×1080)ディスプレイの1.8倍も解像度が高い液晶です。

ARROWSシリーズといえば「全部入りハイスペック」が特徴です。

wpid-img_20141123_165857.jpg

wpid-img_20141123_170026.jpg

OSAndroid 4.4 Kitkat
ディスプレイ5.2インチ WQHD(2560×1440)564ppi
CPU2.3GHz クアッドコア
RAM/ROM3GB/32GB
バッテリー3,500mAh(内蔵電池)
本体サイズ約144(縦)×74(横)×9.4(厚み)mm
重量166g
SIMカードnano SIM

最近のARROWSは評判がよく、以前の黒歴史機種を出していた頃の富士通とは大きく変わっておりました。

動作・電池持ち・発熱なども普通か平均以上なので特に心配する必要はなさそうです。

ただしディスプレイの解像度を上げているので、どれかが犠牲になる可能性もあります。気になる方は人柱を待ったほうが良さそうです…。

本体価格が高い

これだけ機能を詰め込んだら当然ですが、本体代金が93,312円(3,888円×24回)とかなり高額です。これにちょっと足すとパソコンが買えてしまいます。

月々サポートは新規/MNP/機種変更どちらも変わらず-37,584円(-1,566円×24回)で、実質負担金が55,728円(2,322円×24回)になっております。

これまでは新規やMNPが優遇されており、月々サポートが多く付いていることが多くありました。今では割引額が下がってしまったことで2年間の実質負担額が5万円を超えるようになりました。

カケホーダイプラン強制

カケホーダイ&パケあえる : よくあるご質問 | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモの旧プランの申込受付が2014年8月31日に終了し、Xiスマートフォンは新料金プランしか選択できなくなりました。

既に旧プランで使用している人はそのまま継続できますが、機種変更するときに新料金プランを選択しないと月々サポートが消滅してしまうという罠があるので、ほぼ強制的に選択せざる負えない状況です。

新料金プランは通話定額が基本料金に含まれているため、料金が高くなっております。パケット定額のプランが選べるものの、どれも旧プランの7GBより容量が少ない、もしくは金額が高くつくようになりました。

期間限定のキャンペーンで大幅割引

ここからが本題です。今ドコモでは期間限定でキャンペーンをしており、対象者は大幅な値引きを受けられます。

「Xiデビュースマホ割」と「U25スマホ&タブ割」または「ありがとう10年スマホ割」のどちらかを組み合わせることで、F-02Gを実質0円で手に入れることが出来ます。

実質0円なので、2年以内に機種変更・解約をすると残りの本体代金が発生してしまうので注意が必要です。

Xiデビュースマホ割

キャンペーン・イベント情報 : Xiデビュースマホ割 | NTTドコモ

直近にドコモショップで購入した機種が「FOMAスマートフォン」「iモードケータイ」「らくらくホン」「キッズケータイ」の回線で、かつ対象機種を購入した場合「月々サポート」が増額されます。

この割引額がF-02Gのみ45,360円(1,890円×24回)の割引となっており、他機種の10,368円(432円×24回)と比べて割引額が大きく設定されております。

キャンペーン期間は2014年11月30日(日)まで。

U25スマホ&タブ割

キャンペーン・イベント情報 : U25スマホ&タブ割 | NTTドコモ

25歳以下で対象機種を購入すると「月々サポート」が最大10,368円(432円×24回)増額されます。

キャンペーン期間は2015年1月12日(月)まで。

ありがとう10年スマホ割

キャンペーン・イベント情報 : ありがとう10年スマホ割 | NTTドコモ

ドコモの契約年数10年超えで対象機種を購入すると「月々サポート」が最大10,368円増額されます。

キャンペーン期間は2014年11月30日(日)まで。

今使用しているのがXiスマートフォンの場合

※追記:FOMAに機種変更後に3か月以上経過していないと割引が適用されないため、Xi回線からでは不可能らしいです。申し訳ございません。

この施策はFOMAからの機種変更を前提としているため、一度FOMAの機種へ機種変更する必要があります。

ドコモショップへ行けばキッズケータイや売れ残っているFOMAのスマートフォンがあると思うので、一度XiからFOMAへ機種変更をします。

FOMAとXiを切り替えるたびに契約事務手数料が3,240円(オンラインショップなら2,160円)が発生するので、Xi→FOMA→Xiと往復すると2倍掛かります。

タイプ別の維持費

使用する方のタイプに応じてプランをシュミレーションしてみました。

まずは普通に使用する人のパターンを見ていきましょう。

【通常使用】カケホーダイ親回線+FOMAから機種変更+25歳以下

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
データSパック(2GB)3,500円
U25応援割▲500円+1GBボーナス
消費税480円
月額使用料6,480円
実質負担金
本体代金3,888円(93,312円)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
U25スマホ&タブ割▲432円(-10,368円)
合計実質0円
維持費
月額使用料6,480円
実質負担金実質0円
合計6,480円

【通常使用】カケホーダイ親回線+FOMAから機種変更+ドコモ10年以上

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
データSパック(2GB)3,500円
消費税520円
月額使用料7,020円
実質負担金
本体代金3,888円(93,312円)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
ありがとう10年スマホ割▲432円(-10,368円)
合計実質0円
維持費
月額使用料6,480円
実質負担金実質0円
合計6,480円

本体代金が実質0円なのでカケホーダイの基本料金のみです。
子回線であれば、データSパックをシェアオプションにすることで、更に安くすることが可能です。

【通常使用】カケホーダイ子回線+FOMAから機種変更+25歳以下

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
シェアオプション500円
U25応援割▲500円+1GBボーナス
消費税480円
月額使用料3,240円
実質負担金
本体代金3,888円(93,312円)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
U25スマホ&タブ割▲432円(-10,368円)
合計実質0円
維持費
月額使用料3,240円
実質負担金実質0円
合計3,240円

【通常使用】カケホーダイ子回線+FOMAから機種変更+ドコモ10年以上

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
シェアオプション500円
消費税280円
月額使用料3,780円
実質負担金
本体代金3,888円(93,312円)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
ありがとう10年スマホ割▲432円(-10,368円)
合計実質0円
維持費
月額使用料3,780円
実質負担金実質0円
合計3,780円

続いては携帯乞食向けの方法として、本体を一括購入後に即売却する方法です。

【端末売却】カケホーダイ親回線+FOMAから機種変更+25歳以下

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
データSパック(2GB)3,500円
U25応援割▲500円+1GBボーナス
消費税480円
月額使用料6,480円
実質負担金
本体代金0円(93,312円一括購入)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
U25スマホ&タブ割▲432円(-10,368円)
合計▲3,888円
維持費
月額使用料6,480円
実質負担金▲3,888円
合計2,600円

【端末売却】カケホーダイ親回線+FOMAから機種変更+ドコモ10年以上

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
データSパック(2GB)3,500円
消費税520円
月額使用料7,020円
実質負担金
本体代金0円(93,312円一括購入)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
ありがとう10年スマホ割▲432円(-10,368円)
合計-3,888円
維持費
月額使用料6,480円
実質負担金▲3,888円
合計2,600円

本体を一括で支払うことで、割引を基本料金に割り当てることが出来ます。

高額な本体代金は端末を売却して相殺することで、一括払いの負担を軽減させます。売却価格は場所と時期によって変動するため、より高額買取してくれるお店を探して負担額を減らしましょう。

子回線であればパケットパックをシェアオプションにすることで、月額使用料が月々サポートを上回り、残った割引額を親回線に回すことが可能です。

【端末売却】カケホーダイ子回線+FOMAから機種変更+25歳以下

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
データSパック(2GB)3,500円
U25応援割▲500円+1GBボーナス
消費税480円
月額使用料6,480円
実質負担金
本体代金0円(93,312円一括購入)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
U25スマホ&タブ割▲432円(-10,368円)
合計▲3,888円
維持費
月額使用料6,480円
実質負担金▲3,888円
合計2,600円

【端末売却】カケホーダイ子回線+FOMAから機種変更+ドコモ10年以上

月額使用料
カケホーダイプラン2,700円
SPモード300円
データSパック(2GB)3,500円
消費税520円
月額使用料7,020円
実質負担金
本体代金0円(93,312円一括購入)
月々サポート▲1,566円(-37,584円)
Xiデビュースマホ割▲1,890円(-45,360円)
ありがとう10年スマホ割▲432円(-10,368円)
合計-3,888円
維持費
月額使用料6,480円
実質負担金▲3,888円
合計2,600円

まとめ

料金プランとキャンペーンの組み合わせ次第では、最新スマートフォンをお得に手に入れることが出来ます。

FOMAを使用していた25歳以下や、10年以上の長期利用者が一番得をするように設定されているため、MNP優遇ばかりしていた時代よりもいい方向に進んでいるのではないでしょうか。(今後MNPも増額する可能性はあるけど)

この方法は月々サポートと買取額が高いiPhoneで行われておりましたが、F-02Gも同様に機種変更なのに月々サポートが高く、買取額も発売直後で高くなっているから行える手法です。

旧プランが選べた頃と比べるとプランや条件が厳しくなっておりますが、まだまだお得にする方法はあるようです。他にもいい情報が見つかれば教えて欲しいです!

※価格はすべて税込表示です。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する