有線LANにも対応した3ポートのUSB3.0対応ハブ「Aukey CB-H15」レビュー

スマートフォン向けアクセサリーを販売しているAukey様よりお手頃価格の自撮り棒「HD-P7」に引き続き、有線LANにも対応した3ポートのUSB3.0対応ハブ「Aukey CB-H15」をご提供頂けたのでレビューします。

USBを繋ぐだけですぐに使えるUSB3.0対応ハブ

IMG_20160114_210505

パッケージは見慣れた段ボールのパッケージ。日本製だとあれこれ特徴を書いているものが多いですが、これくらいシンプルも写真でなんとなく分かります。

IMG_20160114_210559

USBハブ本体、説明書、保証書、CDドライバが付属しています。24ヶ月の保証が付いているので故障した時は修理が可能です。

IMG_20160114_210834

説明書は日本語には対応していませんが、USBケーブルを挿すだけで使えるので説明不要です。CDドライバも必要ありませんでした。Windows XP / Vista / 7 / 8, Mac OS 10.2 以降/ Linux / Android 4.0に対応しています。

IMG_20160114_210635

本体はプラスチック製で軽量で持ち運び安いサイズです。コレ以外にもMac製品に合いそうなアルミボディのタイプもあります。約30cmのケーブルは太くて丈夫そうですが、少しケーブルが硬いので持ち運びにはあまり向かないかも。

プラスチック製でもサラサラとした落ち着きのある物なので安っぽい感じはしません。

IMG_20160114_210654

3つ全てのポートがUSB3.0に対応しているので、大容量のファイルも高速でやり取りが行えます。バスパワー駆動なので余計なケーブルが増えることもありません。

IMG_20160114_210711

側面にはLANポートを搭載。薄型のノートパソコンではLANポートが省かれていることが増えてきているので、宿泊先などで有線LANしか使えない時に持っていると便利です。

IMG_20160114_210724

サイズ感が伝わりにくいので手で持ってみた。手のひらにすっぽりと収まるサイズです。

DSC_0258

USB接続したポートは青色のLEDが光ります。普段からデスクトップを使っているのでそこまで恩恵は多くないですが、いずれノートPCを手に入れた際はガシガシ使っていこうと思います。

価格は2,099円(執筆当時)とUSB3.0と有線LAN対応にしては安いです。無線LANは便利だけど、やっぱり有線接続の方が安定して使いやすい。ノートパソコンでUSBポートが足りない方、有線LANで大容量のデータをやり取りしたい方にオススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする