DTI SIMネットつかい放題レビュー。これぞ私が求めていた理想の使い放題プランだっ!!

以前ご紹介したネット使い放題プランを契約して半月間ガッツリ使ってみたのでレビューしたいと思います。

[article include=”10314″ type=”custom”]

使い放題プランのパッケージは通常と同じ

  • DSC_0356
  • DSC_0357

SIMパッケージは以前申し込んだ3GBプランと同じものでしたが、SIMカードはMVNO向けの真っ白なタイプに変更されていました。nanoSIMは見たことあったけどmicroSIMでこの白いのは初めて見ますね。

APN設定は以下より。DTI SIMは分かりやすいから好きです。

DTI SIMのAPN設定
APN名、アクセスポイント名(任意) 任意(DTI SIMなど)
APN、APN設定 dti.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名 dti
Password、パスワード dti
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプ CHAPまたはPAP

測定条件

それではいつものようにスピードテストアプリを使って通信速度を測ってみましょう。

DTI SIMのネットつかい放題プランはぷららモバイルLTEやワイヤレスゲートのように通信速度の上限を設けていません。つかい放題プランなので多少の制限は掛けてくると思いますが果たして…?

格安SIMでは測定する条件によって大きく速度が異なってきます。測定端末や測定時間が完全に同一ではなく、あくまでも私が測定した環境での結果なので参考程度に見てください。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 平日8時~9時台、12時~13時台、19時~20時台
測定機種 FREETEL MIYABI(雅)
測定方法 Speedtest.netで3回測定。平均値を値とする。

朝 8時~9時台の測定結果

1回目 2回目 3回目
ping 71ms 78ms 78ms
下り 10.69Mbps 13.33Mbps 16.38Mbps
上り 7.41Mbps 8.65Mbps 16.08Mbps

朝の時間帯は比較的空いていることが多いですが、DTI SIMでも同様に下りが常時10Mbps超えという結果になりました。過去にLTE使い放題プランを利用したことがある人なら分かると思いますが、空いている時間とはいえここまで速度が出るのは驚きました。

昼 12時~13時台の測定結果

1回目 2回目 3回目
ping 116ms 116ms 118ms
下り 1.13Mbps 1.04Mbps 1.31Mbps
上り 3.33Mbps 4.10Mbps 4.64Mbps

1番混雑する時間帯であるお昼時に測定。朝と比べてガクッと落ちてしまいましたが、下りはギリギリ1Mbpsを切ることはなかったです。上りに関しては3~5Mbps弱とそこそこ使える速度が出ているので健闘しています。

夜 19時~20時台台の測定結果

1回目 2回目 3回目
ping 141ms 143ms 146ms
下り 5.21Mbps 3.16Mbps 6.51Mbps
上り 7.17Mbps 8.51Mbps 5.73Mbps

夜は結構pingが遅くなっていますが通信速度はまずますといったところでしょうか。アップロードが速いのでSNSへの画像投稿などがストレス無く行えるのは嬉しいところ。クラウドストレージをよく利用する方にもオススメです。

動画視聴やなどの制限は?

つかい放題プランを発表した際にDTI公式Twitterではこのように発言していました。

  • Screenshot_2016-06-16-00-02-24
  • Screenshot_2016-06-16-00-03-16 (1)

どれだけ通信したら速度制限に引っかかってしまうのか試すために、YouTube視聴やファイルのアプリのアップデートなどをして1日で3.5GB使用してみました。

Screenshot_2016-06-14-08-48-29

Screenshot_2016-06-14-08-48-292

動画視聴やアプリダウンロードなども制限されることはなかったです。

YouTubeに関しては朝の速度が出る時間帯ではHD画質での視聴が可能でした。ただしお昼時や夕方など混雑してくる時間帯になってくると読み込みが追いつかなくなり、しばらく待ってからバッファを溜めないと再生できないようです。

私の環境下では480Pであれば止まらずに視聴できているので、つかい放題プランに求める条件の「360Pで動画を垂れ流しておく」用途には十分使えそうですね。

前日4GB以上使用すると制限が掛かる?

実際に制限されたNaoki Mukai(@jinguji1)氏によると前日4GBほどで翌日200kbpsに低速化したとのこと。DTI公式Twitterからはこのような回答を頂きました。

常識的な範囲の使い方をしていればまず制限されないというのは具体的にどれくらいなのか?と公式サイトで確認すると以下のように記載されていました。

・ネットつかい放題プランは、通信量が他の利用者の平均利用容量を著しく超えるときは、通信速度が一時的に遅くなることがあります。(制御後の速度は上り下りともに200kbps以下)制御は毎日0:00に解除されます。なお、現在の利用者様の平均利用容量から換算すると、1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象にあたりません。また、DTI SIMサービスの設備上の帯域利用状況によっては、3GB以上ご利用可能な場合もあります。

引用元:ご注意事項| DTI SIM:【dream.jp】

1日もしくは連続する2日の通信総量が1~3GB程度であれば制御対象にあたりません。と書かれているとおり、極端な使い方でなければ十分に使えそうな容量は確保されています。

以前レビューしていたレキオスモバイルも直近制限は3日/5GBだったので緩かったのですが、2016年7月4日 (月) AM0:00~から3日間/3GBに変更されるようなので現状1番マシな制限だと思います。そもそもレキオスモバイルは速度全然出てなかったので半年縛りが過ぎた瞬間に解約しちゃいました。

DTI SIMは1番安定して速度が出ているLTE使い放題だった

使い放題SIMでは3Mbps出ていたら合格ラインだと個人的に思っているので、今まで試した格安SIMの中で1番安定しているかもしれないです。

これだったらモバイルプリンスさんもテザリングでどうにか乗りきれるのではないでしょうか? 動画視聴もそれなりに行えますし速度重視でなければ全然問題ない速度が終日出ています。

今のところはまだユーザー増えていないと思うので、今後増えてきたら他社と同じように徐々に遅くなっていくと思われます。

でも現状ではWiMAX2+と同等に戦えるほどの制限の緩さとドコモの広いネットワークが利用できる点、データSIMであれば最低利用期間がないという隙がない最強のLTE使い放題SIMだと感じました。音声プランではかけ放題プランとセットで申し込むことで、通話が多いユーザーでも毎月の料金を節約することが可能です。

現在DTI SIMは「どっちもおトク!キャンペーン」を行っており、今月末までに申し込むと毎月1,058円引きになります。

DTI SIMキャンペーン価格
音声 SMS データ
1GB 1,296円 810円 648円
3GB 1,609円
→半年間0円
1,069円
→半年間0円
907円
→半年間0円
5GB 2,073円 1,479円 1,317円
ネットつかい放題 3,132円
→半年間2,073円
2,538円
→半年間1,479円
2,376円
→半年間1,317円

  • ※価格は全て税込表示

main

相変わらずランディングページの胡散臭さは健在ですが、プラン自体はいいものなので気になる方は申し込んでみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする