SoftBank回線のMVNO「ギガザウルス 20G TypeS」が先行予約受付中。2ヶ月連続で20GB超過すると強制解約+手数料16,200円

ジャパンモバイル株式会社は、同社の格安SIMサービス「J-mobile」の新プラン「ギガザウルス 20G TypeS」を発表しました。

スポンサードリンク

ギガザウルス 20G TypeSの特徴

ギガザウルス 20G TypeSの特徴をまとめるとこんな感じ。

  • SoftBank回線を利用した格安SIM
  • Wi-Fiルーター「ZTE MF920S」もセットで購入可能(一括・分割)
  • 月間通信量は20GBまで(超過後も速度制限なし)
  • ただし2ヶ月連続で超過すると強制解約
  • 強制解約されると手数料が発生
  • 端末分割購入時は利用月数に応じて違約⾦が発生
  • データSIMなのに12ヶ月の最低利用期間
ギガザウルス 20G TypeS 料金
契約事務手数料 8,640円→1月末までの契約で4,320円
月額料金 5,378円→1月末までの契約で4,298円
月間通信容量 20GBまで(超過後も速度制限無し)
セット端末(任意) ZTE MF920S
一括18,900円、分割540円×36回(合計19,440円)
最低利用期間 12ヶ月
解約金 ■SIM単体または端末一括購入時
16,200円
■端末分割購入時
12ヶ月以内:35,640円、13~24ヶ月:12,960円、25~37ヶ月:6,480円
強制解約⼿数料 16,200円

  • ※価格は全て税込表記

1月末までの契約で「ギガザウルス デビューキャンペーン」が適用されて契約事務手数料と月額料金が割引されます。契約事務手数料が通常8,640円って高すぎるのでは…。

通信量無制限!ただし2ヶ月連続で20GBを超過すると強制解約に

高速通信量は月間20GBまでとされているものの、容量超過時でも速度制限に掛かりません。ただし、月間20GBを2ヶ月以上超過してしまうと強制解約+16,200円の強制解約⼿数料が発生します。強制解約となる場合は事前に警告メールが届く仕組み。

データSIMでも12ヶ月間の最低利用期間あり

WiMAX2+的な位置づけなのか、データSIMのみ申し込みでも12ヶ月間の縛りが付いています。最低利用期間中に解約すると解約金16,200円が発生します。

Wi-Fiルーターをセットで分割契約した場合、最低利⽤期間は37ヶ月になり解約金が利用期間に応じて変動します。(12ヶ月以内:35,640円、13~24ヶ月:12,960円、25~37ヶ月:6,480円)

ギガザウルスは誰向けのプランなのか

正直言って何もかも高いしどこに魅力があるのかさっぱり分かりません。単に違反金ビジネスがしたいだけなのか、ソフトバンク回線の回線利用料が他社より高いためか(去年4月に1,166,697円まで値下げされたものの)、落とし穴が多すぎて誰にもオススメできません。

同じSoftBank回線を使用したFUJI Wifiのほうがよっぽど優秀ですね。SoftBank回線は他社の格安SIMと比べてもキャリアの安定した速度が利用できるので、今後SoftBank回線のMVNOが増えてくれるのは歓迎していますが…。

総務省さんはこういったサービスを真っ先に規制すべきだと思うんですけどね。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する