LINEモバイルの通信速度が約2週間弱で回復。混雑時でも安定した速度が出ています

前回の記事で混雑時にLINEモバイルの通信速度が低下しているとご紹介しましたが、あれから約2週間程度で速度が復活していました。

スポンサードリンク

お昼の時間帯でも6Mbps程度出るように

以前と同じ条件で再度通信速度を測定してみました。測定条件は以下の通り。

測定条件
測定場所沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯平日9時~10時台、12時~13時台、19時~20時台
測定機種Huawei P8max
測定方法4Gmarkでクイックテスト(Speed Test)を3回測定。平均値を値とする。
完全テスト(Full Test)でも1度テストし、動画やウェブサイト閲覧の制限を確認する。

格安SIMの中ではスピードテストだけ数値が高いように細工している会社もあるため、4Gmarkというアプリを使って通常のスピードテストとYouTube動画の再生やウェブサイトの読み込み速度を数値化しています。

朝9時~10時台

ping下り上り
1回目72ms15.7Mbps9.9Mbps
2回目73ms14.8Mbps8.2Mbps
3回目73ms15.0Mbps10.3Mbps
フルテスト結果8,901

▼参考:前回の測定結果

ping下り上り
1回目78ms8.0Mbps5.7Mbps
2回目57ms9.8Mbps5.7Mbps
3回目66ms10.7Mbps2.9Mbps
フルテスト結果5,532

昼12時~13時台

ping下り上り
1回目69ms6.6Mbps6.1Mbps
2回目74ms12.2Mbps4.6Mbps
3回目69ms7.3Mbps5.8Mbps
フルテスト結果5,177

▼参考:前回の測定結果

ping下り上り
1回目89ms1.4Mbps3.8Mbps
2回目90ms1.5Mbps6.5Mbps
3回目96ms1.7Mbps4.2Mbps
フルテスト結果1,719

夜19時~20時台

ping下り上り
1回目68ms13.1Mbps6.4Mbps
2回目61ms7.8Mbps6.5Mbps
3回目64ms11.2Mbps6.6Mbps
フルテスト結果6,274

▼参考:前回の測定結果

ping下り上り
1回目95ms1.4Mbps5.4Mbps
2回目79ms1.2Mbps7.1Mbps
3回目95ms1.9Mbps6.2Mbps
フルテスト結果2,769

速度低下してもすぐに回復させようとする姿勢に好感が持てる

LINEモバイルは今一番勢いのある格安SIMで、ウェブ広告やアフィリエイト展開などが凄まじい勢いで進んでいます。そのためユーザー数が急増してきたのでしょう。LINEモバイルはそのまま放置するのではなく素早い対応で元の高速通信を2週間程度で復活させたことに驚きました。

一度速度低下したSIMは復活するまで最低でも1~2ヶ月ほど掛かっていましたが、これまで多数の格安SIMを契約してきたなかで1番スピーディーに対応してくれました。利用者が増えるにつれて遅くなってしまうことは仕方ないことだと思いますが、そこからどのように対応するかによってこの会社の良し悪しが決まってくるものです。

今後の動向を見守りつつ、LINEモバイルの応援は引き続きしていこうと思います。これからも安定して繋がるLINEモバイルであってほしいですね。

LINEモバイルの申し込みはAmazonで販売されているエントリーパッケージを購入してから公式サイト申し込むと、契約事務手数料を免除してくれるため初期費用を3分の1に抑えることが可能です。

今LINEモバイルでコミュニケーションフリープランを契約すると、データ通信量が3GB×3ヶ月分が増量、さらに音声通話プランなら6月・7月の月額料金が無料になるお得なキャンペーンを実施中です。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する