Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

「HTC U11 HTV33」外観レビュー。光輝く背面デザインに惚れ込む #HTCサポーター

HTCサポーターズクラブで開催されたHTC U11 モニターキャンペーンにて、7月14日発売予定の「HTC U11(エイチティーシー ユーイレブン) HTV33」をお借りしています。これから返却までの3週間じっくり使ってみてレビューしていきたいと思います。

今回は外観やデザインについて写真多めでレビューしていきたいと思います。購入を検討している方は是非チェックして下さい!

スポンサードリンク

シンプルな包装と充実した付属品

お弁当箱のような正方形の箱に入って届きました。中央に「HTC U11」と書かれたのみのシンプルな外観です。過去に見てきたHTC製品と違ってスタイリッシュになりましたね。

蓋をパカっと開くと本体や付属品がお目見え。HTC U11本体、クリアケース、ACアダプター、USB Type-Cケーブル、Type-C 3.5mmイヤホンジャック変換コネクタ、Type-C接続イヤホン、SIMピンが付属しています。

  • ※製品版ではACアダプターとUSB Type-Cケーブルは入っていないようです。お詫びして訂正いたします。

HTC U11はiPhone 7/7 Plus同様にイヤホンジャックが無いため、別途変換コネクタが必要です。変換コネクタやハイレゾ対応イヤホンも付いてきていますが、今はAukeyのBluetoothヘッドセットを使っているので問題なし。普段から有線イヤホンを使っている方は少々面倒かも。

HTCロゴ入りのオリジナルSIMピンも付属しています。

また、今回はau版に合わせたau VoLTE対応SIMまで一緒にお借り出来ました。回線まで提供して頂けるなんて太っ腹ですね! ただし、1人で大量に使いすぎないように警告されています。

滑らかな曲線を描く本体

本体正面のデザインは真っ黒なベゼルに縁がラウンドしたフォルム。正面から見たデザインはiPhoneに似ています。

HTC U11は5.5インチの大画面を搭載していますが、繋ぎ目のない滑らかなフォルムによりしっかりと握れる

正面上部には受話口やインカメラと照度センサー、正面下部にタッチ式のナビゲーションボタンを配置しています。ホームボタンは指紋認証センサーと兼用になっており、タッチするだけで画面が点灯するので便利。

側面はマットな質感

側面には握って操作する「エッジセンス」用のセンサーが配置され、右側面には電源ボタンや音量ボタンが上部についています。

側面から背面にかけて緩やかにカーブしたデザインにより、薄く握りやすいデザインを実現しています。

電源ボタンのみボタンにギザギザが付いているため、指の感触だけでボタンを見分ける事ができる工夫がされており、手探りでも押し間違えが少ないです。

側面上部にはSIMスロット。

付属のSIMピンで取り出してみると、microSDカードと兼用になっていました。

側面下部にはUSB Type-Cポートやスピーカー、マイクが配置されています。

鏡面仕上げが美しい背面デザイン

最大の特徴でもある「リキッド・サーフェイスガラス」は、見る角度や光の当たり方によって表情を変えていきます。

特にブルーのカラーは反射が特に目立つので好みが分かれそうです。写真でみると濃い紺色のように見えますが、実物は深みのある青でクールな印象です。

水が流れるようなイメージでデザインしたとのことで、HTCの無骨でゴツゴツしたデザインの印象から大きく雰囲気が変わったように思えます。

上部にアウトカメラやHTCロゴ。ロゴカラーは本体色に合わせて主張しすぎないのも嬉しい。

カメラレンズは僅かに出っ張りがありますが、本体がガタつくこともないため特に気になりません。

au版のみキャリアロゴが小さく配置しています。ソフトバンクに至ってはキャリアロゴすら配置しない潔さ。この艶々な質感伝わりますかね?

プラスチック製の付属ケースを付けると背面にドットパターンが出てきます。側面はエッジセンスのためか四隅のみ保護されるタイプでした。

Galaxy S8と比較してみる

同じ青系統のGalaxy S8と比較してみると、背面の反射加工やドットパターンの有無など処理が大きく異なっています。

カメラはどちらも僅かに出っ張りがあり、ロゴの配置なども似ています。

重ねてみると本体サイズの違いが見えてきます。若干横に大きいHTC 11と比べるとGalaxy S8の細さが目立ちます。

背面デザインに一目惚れしたHTC U11を使い倒してみます

まだ届いてから数日しか使っていませんが、フラグシップモデルに恥じない質感や動作であらゆる事を快適に楽しめます。特に背面デザインは賛否両論あるかと思いますが、自分は目立つカラーは嫌いじゃないので好みでした。

デザインに目新しさはないものの、側面から背面への滑らかさは触っていて気持ちがいいのと、側面のマットな質感のお陰でエッジセンスを試すときも滑りにくく使いやすいです。

これからガッツリ便利機能やカメラを使ってみて、その魅力を存分に引き出していくつもりなので、試して欲しい機能などがあれば別途リクエストしてください!

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する