Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

「Dudios Zeus Plus」レビュー。3,000円未満で重低音が楽しめるBluetoothイヤホン

Bluetoothイヤホンを多数取り扱うDudios様より「Dudios Zeus Plus」をご提供いただいたのでご紹介します。Dudiosというブランドは、以前からお世話になっている「SoundPeats(サウンドピーツ)」の新ブランドとして誕生しました。

SoundPeatsはAmazonでコスパの良いBluetoothイヤホンを多数取り扱う有名メーカーです。本製品も148件のレビューのうち★4.7とかなり評価が高いです。以前レビューしたSoundPEATS Q34によく似た作りで、低音重視の迫力のある音を楽しめます。

Zeus Plusは、Apt-Xコーデック対応、IPX6の防滴仕様の高コスパなBluetoothイヤホンです。高級感のあるボディや低音に迫力がある音質など、価格以上に満足度の高い製品に仕上がっています。3,000円未満で使いやすいイヤホンを探している方にオススメ。

カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3種類。この手のイヤホンには珍しい明るいカラーもあるので、女性の方にもオススメできます。

スポンサードリンク

商品仕様・メリットとデメリット

Bluetooth 規格Bluetooth 4.1
プロファイルHSP, HFP, A2DP, AVRCP
チップセットCSR8645
オーディオコーデックAptX
最大通信距離10m
バッテリーリチウムイオンポリマー 3.7V/55mAh
連続再生時間約7時間 (ボリューム60%時 8時間)
充電時間1~2 時間
重量15g

■メリット
  • Apt-Xコーデックに対応し、ワイヤレスでも高音質・低遅延。
  • 通話用ノイズキャンセリングに対応
  • IPX6の防滴仕様で利用シーンを選ばず使える
  • 1回約2時間の充電で8時間連続再生が可能
  • アルミ削り出しのハウジングで高級感がある
  • イヤホンの重量はわずか15gの軽量ボディ
  • サイズ別のイヤーフックなど付属品が充実している
  • イヤーフックのつけ心地が良くズレにくい
  • ハウジング同士がマグネットで固定できる
  • 12ヶ月の製品保証が付いている
■デメリット
  • ハウジング部分が大きく耳から飛び出る
  • ボタンが小さく手探りだと操作しづらい
  • 気密性が高く、外で歩きながら使うと周囲の音が聞こえにくくなる
  • AAC非対応

パッケージと内容物をチェック

パッケージはブラックと差し色のレッドが高級感を演出。背面には各パーツや特徴を紹介しています。

箱をスライドして開けると商品が出現…と思いきや、何やら紙とカードらしきものが入っています。

どうやらメーカーに連絡すると充電ケースがもらえるみたいです。どんなものか良く分かりませんが、一応連絡してみました。

もう一枚の紙はクイックスタートガイドのようでした。

取扱説明書は日本語に対応しています。
日本語の翻訳も機械翻訳のようにおかしなものではありません。

箱の下には専用ケースが入っており、その他のアクセサリーは下の隙間に入っています。専用ケースは編み込み風のデザインでオシャレな感じ。ハードケースなので潰れたり破れたりする心配もありません。

付属品は専用ケース、イヤホン本体、カナビラ、イヤーフック、イヤーピース、ケーブルクリップ、ケーブル留めバックル、クイックスタートガイド、説明書、特典カードでした。

専用ケースの中にイヤホンと充電用microUSBケーブルが入っています。

箱の底にはサイズ別のイヤーフックやイヤーピース、ケーブルクリップとケーブル留めバックル、カナビラなどが透明の袋に入っていました。

イヤーフックとイヤーピースは柔らかめのシリコン製タイプでした。初期で付いてるサイズ違いで3セット付属しています。

ケーブルクリップやケーブル留めバックルも小さくて紛失しやすいので、それぞれ2つずつ予備が入っているのが嬉しいですね。

付属のバックルを専用ケースに付けるとカバンの横にぶら下げて持ち運び可能。充電ケーブルとイヤホンをコンパクトに携帯できます。

イヤホン外観、特徴をチェック

Zeus Plusは手のひらに収まるほどコンパクトなサイズ。

ケーブルを広げると首元に回して掛けるのにちょうどいい長さ。

ハウジング部分にマグネットを内蔵しており、ハウジング同士を近づけるとパチっとくっつきます。胸元にネックレスのように持ち運べるのでブラブラせず邪魔になりません。

ハウジング部分はアルミ製。3,000円未満で購入できるイヤホンにしては高級感のある作りです。

コントローラーはR側にぶら下がっており、各ボタンは小さめに作られています。防滴仕様のためかボタンの押し心地はやや固く、手探りで押すときは操作性があまり良くないように感じました。

コントローラーの背面には認証情報などが記載。もちろん技適マークも付いてますよ。

コントローラーの側面にはmicroUSBポートを搭載。ゴム製のキャップはしっかりと押さえないと隙間が空いてしまいます。防滴仕様のためにも開け閉めするときは要注意。

実際に使ってみた

以前購入したHUAWEI P20 liteとBluetoothで接続してAmazon Musicを聴いてみました。

P20 Proに接続したときはApt-Xコーデックのマークが表示されました。一度ペアリングするとBluetoothをオンにするだけですぐに接続できます。

音質について詳しく評価できる耳を持っていないため、他のイヤホンとの比較検証は難しいです。

利用している人の多いEarPodsと比べると、かなり低音に寄せたチューニングになっています。ズンズン響く迫力のあるサウンドを楽しめるので、ワンランク上のイヤホンを買ったような音の良さを実感しました。高音についてはドンシャリ気味で好みが分かれそう。

イヤホンを付けたままスマホで通話してみましたが、ノイズキャンセリングが聴いているのか通話も特に問題なく使えました。

イヤーピースの装着性はソフトで耳に優しくフィットしてくれます。イヤーフックのおかげで軽く頭を動かす程度では全然ズレません。

ハウジング部分が3.5cmと長めに作られているため、イヤホンを付けていると耳から飛び出ているのが目立ちます。人によってはこの見た目の悪さが気になると思います。

右耳側にコントローラーがあるため、右耳側に負荷が掛かっているように感じました。ケーブルの長さもいつの間にか右側が長くなってしまいます。

再生ボタン2回押しでSiri(iOS)またはGoogleアシスタント(Android)が起動します。スマホを取り出さなくても各種操作や天気などのチェックが行えて便利でした。

バッテリー持ちについてはこの手のイヤホンにしては長時間持ってくれます。公称値8時間とありますが、実際に使ってみても同程度~それ以上持っている印象です。

動画の遅延(レイテンシ)についてはどうしても多少なり発生します。
これはBluetoothイヤホンの宿命のため、この製品が悪いというわけではないですが、音ゲーなどのタイミングがシビアなものには向かないです。

まとめ

Zeus Plusはイヤホンの質感、装着感、バッテリー持ち、防滴仕様など求める機能については申し分ないレベルでした。商品の値段以上に総合的な満足度は高いです。

ケーブルの長さも短めで絡みにくく、ハウジング部分をくっつけて胸元で下げておけて便利です。サイズ違いのイヤーピースやフックを含めて使いやすいようにメーカーのこだわりを感じました。
全体的にしっかりとした作りで高級感があり、使いやすさが抜群に良かったのが好印象。

Bluetoothイヤホン激戦区の3,000円未満の中でも特にコスパに優れた製品です。更に今なら5%OFFクーポンを適用して2,850円で購入可能です!
安価に買えるBluetoothイヤホンをお探しの方はぜひチェックしてみて下さい。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する