Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

世界最小クラスの紛失物防止タグ「MAMORIO RE」レビュー。電池交換式・5つセットで長く使えるように

世界最小クラスの紛失物防止タグ「MAMORIO RE」を一足先にメーカー提供いただけたので、少し触ってみた感想を書いていきます。

MAMORIOは「なくすを、なくす」をコンセプトとした小型の紛失防止タグです。
スマホとBluetoothで連携して落とし物を見つけることが出来ます。新モデルでは電池交換に対応し、よりコンパクトに末永く使えるようになりました。

MAMORIO REは5個セットで販売されており、発売記念で定価12,400円のところ、数量限定にて7,980円で販売しています。

スポンサーリンク

従来製品の機能を引き継ぎ、よりコンパクトになった「MAMORIO RE」

ビニールの包みを開けると、温かみのあるクラフト素材に入っています。

これは完全に余談ですが、MAMORIO REの名称の由来は下記の意味が込められているそうです。

REiwa (令和世代のMAMORIOコンセプトを体現する)
REvolution(革命的なユーザー体験の提供)
REplacement(初の電池交換可能モデル)
REctangle(長方形のシンプルなデザインで対象物を選ばない)

引用元:電池交換が可能な第3のMAMORIO、「MAMORIO RE」を7月15日(水)よりWEBサイト限定で販売開始!|MAMORIO株式会社のプレスリリース

箱を開けると、スポンジで挟まれたMAMORIO本体とスタートガイドが出てきました。

装飾がなく主張しないデザイン

見た目はとてもシンプルで、薄くて黒い1枚の板。従来製品は中央にロゴが入っていましたが、よりミニマルで主張しないデザインになっています。

そもそも紛失防止タグというものは、1度設定すれば特に意識するものではないため主張しないデザインは好印象です。

MAMORIOシリーズの知名度が高まったことを背景に、悪意のある人に拾われてMAMORIOを抜き取られてしまうリスクを減らす配慮でもあるようです。

従来のMAMORIOよりも少し大きくなっていますが、 財布などに入れても違和感のないサイズに収まっています。

電池交換に対応したため、中央付近が若干膨らんでいるのが気になりました。

付属のシールを貼り付けて区別できる工夫も。もちろんオリジナルのシールを貼ってもOKです。

電池交換に対応して長く使える

電池交換するときはユーザーマニュアルを参考に、側面の隙間に薄くて硬いカードなどを差し込んで開きます。使用されているボタン電池は「CR2016」という型番のもの。

公式では電池寿命が11ヶ月持つとのことです。従来品は電池切れになると本体交換プログラム「OTAKIAGE」を利用して新しいMAMORIOと交換する必要がありましたが、本製品は自分で電池を交換できて経済的です。

従来品のMAMORIOとの比較

私は財布に「MAMORIO FUDA」を貼り付けて使用しています。こちらは裏面が粘着式になっていて、財布やパソコンなどに貼り付けて使用できるタイプです。

友人から誕生日プレゼントで頂いてから1年近く経ち、そろそろバッテリー切れになりそうなタイミングだったので、MAMORIO REに交換して使ってみます。

MAMORIOシリーズのスペック比較
MAMORIO REMAMORIO FUDAMAMORIO
型番MAMR-001MAMF-001MAM-003
カラーBlackBlack / WhiteCharcoal Black / Navy Blue / Milk Beige / Sakura Pink
みんなで探す
置き忘れ防止通知
カメラで探す××
サイズ36.5×23.0×3.7mm24×36.2×3.4mm35.5×19×3.4mm
重量3.4g3.4g3g
有効距離約30m約60m約60m
電池寿命・交換11ヶ月(電池交換可能)1年間(交換不可)1年間(交換不可)
価格(税込)5個 13,640円
(1個あたり2,728円)
→期間限定で8,778円
(1個あたり1,755円)
3,278円2,728円

通常版のMAMORIOと比べて廉価版の位置づけのため、MAMORIO REのみ有効距離が短くなっています。

MAMORIO REは、期間限定で特別価格で購入できることや、電池交換に対応していることを考えると使えば使うほどお得になります。

5個を3年使用した例だと、2016年モデルのMAMORIOだと35,000円掛かりますが、MAMORIO REなら64%OFFの12,400円で済みます。気になる方はチェックしてみて下さい。

暗闇で光る「MAMORIO NEON」も気になる

この他にも、超高輝度蓄光技術を活用した暗闇で光る「MAMORIO NEON」も発表されています。価格は据え置きで2,728円です。5個も要らない人はこちらのほうが良いかもしれません。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する