Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

発売から半年経過しているけど「FREETEL SAMURAI 雅」を今さら開封レビューしてみるよ

発売から既に半年が経過している大人気SIMフリースマートフォン「FREETEL SAMURAI 雅」を欲しい欲しいといいながら先延ばしにしすぎて、ようやく購入することが出来たので今更ながら開封レビューをしたいと思います。

スポンサードリンク

ラクマを使って中古美品を13,000円で購入

  • Screenshot_20160424-092815
  • Screenshot_20160424-092346

定期的にチェックしている楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」で中古美品の出品がされていたので無意識にポチッていました。寝起きだったので寝ぼけていたのでしょうか(?)

楽天ポイントもいつの間にか8,667ポイントまで貯まっていたので、実質4,333円で購入したことになります。ラクマが気になる方は登録時に招待コード「4QSLltw0」を入力すると登録時に100ポイントが手に入ります。良かったらぜひ登録して下さい。

話題がそれました。購入して届いた直後にAmazonのタイムセールで新品が14,280円に値下げされたときは、「あれ?こっち購入したほうがよかったかも?」と思いましたが、楽天でそんなに買い物しないのでポイントの有効活用が出来ました。

【18%OFF】FREETEL SAMURAI 雅がAmazonでタイムセール。通常価格17,570円が14,280円に値下げ

2016.05.03

和風テイストな世界観がカッコイイ

IMG_20160429_093044

もう何度も言われているでしょうがFREETEL製品は端末の箱がカッコイイです。他端末にはない和風テイストがデジタル製品にアナログ感を出していて独特の世界観が出ています。

  • IMG_20160429_093155
  • IMG_20160429_093224

側面にはFREETELのロゴとSAMURAIのロゴ。

IMG_20160429_093335

箱を開けると半透明の袋に包まれた本体が出てきました。

DSC_0291

中古品とのことですが殆ど使用していなかったようで、新品同様ぴかぴかです。

DSC_0292

スクエアなボディーとエッジの面取り加工はiPhone 5sのゴールドを彷彿とさせます。iPhone SEの半分以下で買える端末ですが、安っぽさはまるで感じられません。

DSC_0293

右側面には電源ボタンと音量ボタンが並んでいます。カチッとしたクリック感あるボタンで押しやすいです。

IMG_0018

裏側。実物を見るまでは裏蓋がペラペラのプラスチック製で安っぽいと思っていたのですが、さり気ないラメとスピン加工が写真で見るよりも綺麗に加工されていて、ZenFoneシリーズのメタリックなスピン加工とはまた違った良さがありました。

IMG_0056

IMG_0022

カメラ部分も出っ張りがなくちゃんと本体に収まっています。本体を薄くしすぎるあまり、カメラ部分だけ飛び出しているのはダサいと思います。

IMG_0026

FREETELのロゴが目立ちます。これだけ大きく目立つ色で表示されると好みが分かれそうです。

IMG_0031

IMG_0035

側面上下にはイヤホンジャックやmicroUSBコネクタ、スピーカーなどが付いています。iPhoneと同じく白ラインが付いているのが惜しいですが、電波を入りやすくするなど理由があってこんな風になっているのでシカたないですね。

IMG_0037

IMG_0038

本体のキズの状態はこんな感じ。角にピントが合わずぼやけていますが、こんな小さなキズだったら許容範囲内です。

おまけで付いてきたケース

IMG_0047

購入したときに一緒に付いてきたケース。どうやらAmazonで販売されているこれと同じみたいです。手帳型のケースはあまり使わないのですが、結構しっかりと作られています。

IMG_0040

IMG_0042

IMG_0049

ボタンや端子類の干渉なども無くくり抜きもバッチリです。

IMG_0050

IMG_0042

カバーを開けるとこんな感じ。カバー部分はTPU素材みたいで本体をがっちりガードしてくれそうです。

IMG_0045

IMG_0047

FREETEL 雅のスペック

サイズ約142mm x 72mm x 8.2mm
重量約150g
OSAndroid 5.1 Lollipop
ディスプレイ5.0インチ HD(1,280×720)IPSディスプレイ
CPUMediaTek MT6735 クアッドコア 1.3GHz
RAM2GB
ROM32GB
アウトカメラ1300万画素
インカメラ500万画素
バッテリー2,200mAh(取り外し可)
SIMカードmicro SIM × 2(LTE対応)

5.0インチ HD IPSディスプレイにクアッドコアCPU、RAM2GBなどのこの価格帯でよくあるスペックにROM 32GBや1,300万画素のカメラなどを搭載しています。他社の同価格帯で販売されているSIMフリー端末よりも少し性能が良いくらい。

CPUがQualcomm SnapdragonではなくMediaTekなのが残念ですが、3Dゲームなどをガッツリしない限り動作がガクガクになるようなことはなかったので値段以上に使えます。

購入するなら値下がりしてきた今がチャンス

前回のタイムセールで15,000円以下に値下げしていたので、気になっていた方は今がチャンスです。デュアルSIM端末で複数の格安SIMを切り替えて使用する目的で購入しましたが、普段使いであればデザイン・スペックともに満足のいく製品です。

次回は中身を詳しく見ていきます。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する