Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

NifMo、リモートワーク向けの大容量プランを提供開始。50GBプランは12月末まで100GB使える!

ニフティが提供する格安SIM「NifMo」では、リモートワーク向けの30GBプラン、50GBプランを2020年9月1日(火)より提供開始することを発表しました。既存の利用者は8月25日(火)よりプラン変更受付を開始しています。

今回新たに追加された30GBプランと50GBプランは、おうち時間の増加に伴い、大容量プランを光回線が引けない場合の通信手段として推奨しています。

スポンサーリンク

NifMoの新料金プラン(2020年8月25日時点)

NifMoの新料金表(2020年8月25日時点)
音声通話対応SIMSMS対応SIMデータ通信専用SIM
3GB1,760円1,155円990円
7GB2,530円1,925円1,760円
13GB※3,850円3,245円3,080円
30GB※4,730円4,125円3,960円
50GB※6,050円5,445円5,280円

その他通話料など
音声通話料NifMo 半額ダイヤル通話料SMS送信料
国内通話料 22円/30秒10円/30秒送信:3円~33円/通 受信:無料
国際SMS 送信:50円~500円/通(免税) 受信:無料

  • ※価格は全て税込表示
  • ※2019年2月までに適用された「まるっと割」との重畳適用はありません。
  • ※@niftyの接続サービス(@nifty光、@nifty光 プロバイダーコース、@nifty光ライフ with フレッツ、@nifty光 with フレッツ、Bフレッツコース、@nifty auひかり、@nifty コミュファ光、@nifty eo光、@nifty with ドコモ光、ADSL接続サービス、フレッツ・ADSL)を同一IDでご利用中の場合、NifMoの月額料金を税込220円割引します。

50GBプランは12月末まで100GB使える!

50GBプランについては、2020年12月まで「毎月+50GBの無償提供」を行います。これにより、各月100GBまで利用可能です。

ワイモバイルやUQモバイルなどと同じく、容量が無くなり次第「データおかわり1.0GB」を50GB分まで無償でチャージできます。チャージする際に通常価格が表示されますが、9月~12月申し込み分(各月+50GBまで)は請求されません。

「データおかわり0.5GB」は、合計容量に関わらず無償提供の対象外となるためご注意ください。

新料金プランに合わせた変更点

新料金プランに合わせた主な変更点は下記の通り。

  • 「データおかわり」の料金を値下げ
  • 3GBプランの1日の通信量制限を撤廃
  • バースト転送機能を廃止

「データおかわり」の料金を値下げ

また、新料金プランに合わせて高速データ通信量をチャージする「データおかわり」の0.5GBの料金を値下げし、新たにデータおかわり1GBを追加しました。

変更前変更後
データおかわり0.5GB990円385円
データおかわり1GB550円(追加)

  • ※価格は全て税込表示

3GBプランの1日の通信量制限を撤廃、バースト転送機能を廃止

3GBプランで設けていた1日の高速データ通信量制限(1日650MBまで)を9月1日より順次撤廃します。今までずっと言っていた不満がようやく解消されました。

低速通信時でも一定量だけ高速通信が使える「バースト転送機能」については、10月以降順次提供終了します。

詳しいプラン内容については公式サイトよりご確認ください。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する