【パケ死】auで学割2円維持しようとしたら2万円の請求が来た話

3月に一括3,980円で契約したisai VLですが、契約時にフラット契約を2ヶ月お願いされていました。約束通り2ヶ月間はフラット契約を維持し、月末にパケットとLTE NETの解約をオンライン上で行いました。

無事解約も終わり、学割でユニバーサルサービス料の2円だけで維持できるように変更したはずでした。

パケット漏れで2万円の請求が発生

wpid-img_20150502_132043.jpg

ゴールデンウィークを満喫しているなか、突然auから上記のようなSMSが届きました。突然の事態に困惑する僕。何をどうしたら通信してしまうのか理解できませんでした。

auお客さまサポート

パケット通信料を確認をすると本当に2万円になっています。ついこの間ワイモバイルの学割応援団でやらかしたにも関わらず、また同じようなことをやってしまいました。

「LTEフラット」をお申し込みでない場合は「従量プラン」 (国内通信料0.6円/KB、国内通信料上限20,000円/月) となります。

引用元:LTEフラット | 料金・割引:スマートフォン・携帯電話 | au

従量プランは1KB当たり0.6円なので約33MB通信したら2万円の請求が来る計算です。スマートフォンはバックグラウンドで通信するため、従量プランにすると一瞬で上限まで到達してしまいます。「パケ死」とは言っても2万円を上限と設定されているので止まってくれるだけマシだったかもしれません。

まさか2015年にもなってパケ死を経験してしまうとは思っても見ませんでした。完全に情弱ですわ。今からフラット契約に戻しても来月適用からとなってしまうためどうすることも出来ません。

今月の請求額はフラットを外してユニバーサルサービス料金の2円のみになる予定でした。それが突然1万倍の請求が来たらだれでも驚きますよ…。

なぜこのようなことが起きたのか

au契約情報照会   auお客さまサポート

契約状況を確認すると、ちゃんとフラット契約もLTE NETも外れています。この2つを外したらLTE通信できないはず…。

サポートセンターに電話してみると、フラットは4/28に解約されているがLTE NETの解約するタイミングが遅くなってしまい解除されるタイミングが翌月にずれてしまったようです。

契約変更画面をもう一度見てみると、下に以下のような注意書きがありました。

【適用時期の目安とご注意事項】
20時以降にお申し込みいただいた場合は、翌日からの適用になる場合があります。
また、月末日の20時以降にお申し込みいただいた場合は、翌々月からの適用になる場合があります。

引用元:auお客さまサポート

確かに同じことがサイト内で書かれています。

wpid-img_20150502_154930.jpg

自分も注意書きを見ていたので、念には念を入れて機内モード・モバイルデータ通信をOFFにしてWi-Fi接続のみでネットを閲覧していました。

しかし、自分から発信する機会があったため、機内モードのみ解除してモバイル通信は行わずに再び機内モードに切り替えました。もしかしたらこのタイミングで何かしらの通信が発生した可能性があります。

そのような旨をサポートセンターに伝えましたが、「通信した記録が残っている以上、こちらではどうすることも出来ません。申し訳ございませんが、今月は満額お支払いすることになります。」と一点張りでした。

完全にパケット通信をしないようにするにはSIMカードを抜いておく必要がありますが、通話として使うにはどうしてもSIMカードは刺さないといけません。何のためのモバイルデータ通信OFF設定だよ。パケットが漏れるなら意味がないじゃないか!!!

まとめ

2015年にもなってパケ死を経験してしまうことならないように、フラット契約を解約する場合は以下の4点に気をつけて下さい。

  • auお客様サポートでフラット契約を解約するなら月末2日前までに
  • 月末に解約するならauショップへ
  • 間に合わなかったときはSIMカードを外して絶対にパケットをおもらししない
  • APNをダミーのものに変更する

同じような被害に合う人が1人(匹)でも減ることを祈ります。。

※追記:想像以上に反響があって驚いてます…。僕は対応してくれないキャリアがクソだ!と言いたかったのではなく、解約するタイミングによってはこんなことになるよと注意喚起したかっただけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 自転 より:

    rootedしよう!鹿くん!