「GALAXY Tab S 10.5」レビュー 2.初期設定・基本操作編 #GALAXYアンバサダー

GALAXYアンバサダーの企画で「GALAXY Tab S 10.5」をお借りすることになりました。今回は2回目ということで、初期設定や基本操作などについて見ていきます。

スポンサードリンク

GALAXY Tab Sの初期設定を見てみる

最初は言語の設定から。

wpid-img_20140826_000809.jpg

続いてWi-Fiの設定を行います。反射で色々写っているけど(゚ε゚)キニシナイ!!

wpid-img_20140826_000751.jpg

続いて時刻の設定

wpid-img_20140826_001012.jpg

Dropboxの容量が2年間50GBもサービスしてくれました。これを機にもっとクラウドストレージを活用してみようかな。

wpid-img_20140826_000825.jpg

wpid-img_20140824_214544.jpg

Samsungのアカウント作成を勧められました。一旦スキップしました。必要になったら後で作成してみます。

wpid-img_20140826_000842.jpg

その後、Googleアカウントでログインしてタブレット所有者の登録画面になりました。

wpid-img_20140826_000859.jpg

登録後は設定画面から確認出来ました。

wpid-img_20140824_215510.jpg

GALAXY Tab Sの基本機能を見てみる

ロック画面

ロック画面は鮮やかな壁紙です。GALAXY Tab Sのディスプレイはスーパー有機EL(Super AMOLED)ディスプレイを搭載しており、壁紙がより鮮やかに見えます。

wpid-img_20140824_214328.jpg

ホーム画面

初期のホーム画面です。引っかかりを感じることがなく快適そのものです。

wpid-img_20140824_214036.jpg

左にスワイプするとプリインストールされている「Flipboard」の情報が表示されます。

wpid-img_20140824_214352.jpg

wpid-img_20140824_214407.jpg

ドロワー(アプリ一覧)

アプリ一覧を見てみると、当たり前ですがキャリアのアプリは無くGoogle系のアプリやサムスンのアプリが並んでいます。

wpid-img_20140824_214052.jpg

wpid-img_20140824_214107.jpg

設定画面

設定画面はタブ形式になり分かりやすくなりました。また、検索機能も付いているため一発で移動することが出来るようになっています。

wpid-img_20140824_214202.jpg

通知領域

通知領域はWi-FiやBluetoothなどのボタンがあり、展開すると7個から20個に広がります。

wpid-img_20140824_214126.jpg

wpid-img_20140824_214145.jpg

設定画面で通知領域のカスタマイズも自由自在に行えます。

wpid-img_20140824_214912.jpg

メニューキーがタスクキーへ変更

タスクキーを押すと「最近使用したアプリケーションにすばやく切り替えられるように、メニューキーを履歴キーに変更しました。」という解説が出てきました。Note3やJまでのGALAXY端末を使っていた人にも優しいです。

wpid-img_20140824_214639.jpg

タスクは上スワイプでタスクを消去し、右下のボタンで一括終了も出来ます。

wpid-img_20140824_214651.jpg

RAM・ROM容量

スペック上ではRAM:3GB、ROM:32GBとなっておりますが、実際はこのくらい空いていました。RAMは1.5GB位使われており、アプリを無効化するともう少し空きそうです。ROMは25GB空きとまだまだ余裕があります。

GALAXY S5ではRAMが2GBに削減されており、キャリアのプリインストールアプリ等でRAMが足りなくなることもあるようですが、GALAXY Tab Sは不必要なキャリアのアプリが入っていないため余裕があります。OSのアップデートもキャリアを通さず行えるためアップデートされる確率も高くなります。

wpid-img_20140824_215528.jpg

wpid-img_20140824_214741.jpg

Bluetoothキーボード・マウスでの操作

wpid-img_20140824_011127.jpg

私はGALAXY Tab SにBluetoothキーボードとマウスを繋いで使用しております。

以前Bluetoothマウスをレビューしたときはキーボードとよく干渉しておりました。マウスカーソルが急に止まったり、文字が連続して打たれてしまう不具合があるためノートパソコン風に使うことは難しく思えましたが、このGALAXY Tab Sでは全く問題なしです。

NFCで接続できる小型マウス「ELECOM M-BT10BBBK/N」フォトレビュー | Creator Clip

マウスの挙動もdtabではどのボタンをクリックしてもタップの動作になりました。
dtabはオンスクリーン端末なのでいつもバックキーをクリックして戻っており、カーソル移動が大きく少々面倒だと感じておりました。

オンスクリーンキーではないのでどうやって戻ろうかと思っていたら、GALAXY Tab Sに繋いだ時は左クリックがタップ、右クリックがバックキー、ホイールクリックがホームキーに割り当てられていることに気が付きました。

マウスだけで基本的な操作が行えるようになり、操作性がぐっと上がりました。

OSはAndroid 4.4(Kitkat)を搭載

OSはAndroid4.4(Kitkat)を搭載しており、イースターエッグも二種類出てきました。Kitkatのイースターエッグは遊び心があって好きです。

wpid-img_20140824_214250.jpg

タイルを弾く操作も超ヌルヌル動きます。

wpid-img_20140824_214304.jpg

ベンチマークテスト結果

ベンチマークテストも試してみました。以前ベンチマークテストの不正操作プログラムが発覚したこともあり、信頼性は欠けますが一つの目安として見ておきましょう。

ほとんどのAndroid搭載端末にベンチマークテストの不正操作プログラムが発覚 – GIGAZINE

  • wpid-img_20140824_215619.jpg
  • wpid-img_20140824_215633.jpg
左:AnTuTu Benchmark 35,415
右:Quadrant Standard Edition 19,698

まとめ

細かいところまで作りこまれており、初心者にも優しい設計だと感じました。スペック以上に快適に動作しております。これだけタブレットでサクサク動くなら簡単な作業はタブレットだけで作業が出来そうです。

次回は独自アプリや便利機能についてご紹介したいと思います。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する