楽天モバイルの格安スマホ「Huawei honor 6 Plus」フォトレビュー

格安スマホアンバサダーで手に入れた楽天モバイルの格安スマホ「honor 6 Plus」をレビューします。既に多くの方が開封の儀を済ませてますけどテンション上がってます。

楽天モバイルとhonor6 Plusを1年間無料で使える #格安スマホアンバサダー に当選しました。

2015.08.01

鮮やかなパッケージに豪華な付属品

  • 3
  • 5

パッケージは鮮やかなブルーが特徴の小洒落た箱に入っています。光を反射させると「HONOR」の文字が浮かび上がります。裏面には注意事項やロゴマークなどが印字されていました。

  • 4
  • 6

側面には開封確認シールが貼られていて、シールを剥がすと透かし文字が出てきます。

7

箱を開けると本体とご対面。某リンゴ製端末と似たような造りです。

  • 8
  • 9

本体は後ほど見ていきましょう。本体の下には笑顔に見える取っ手部分が付いています。こういった小さな心遣いがあると開封する楽しみがあっていいですね。

中には充電器とmicro USBケーブルが入っていました。以前購入したAnkerのモバイルバッテリーに入っているタイプと同じような見た目です。

  • IMG_20150728_085940
  • IMG_20150728_085954

この下には前後の保護フィルムやSIMピン、保証書とクイックスタートガイドなどが付属していました。格安スマホと聞くとコストカットのために付属品が少ないこともありますが、honor 6 Plusは買ってからすぐに使うことが出来るようにアクセサリーがひと通り用意されています。

大画面ながら狭額縁設計で持ちやすい本体

10

それでは本体をじっくり見ていきましょう。格安スマホアンバサダーでは通常の契約と同じようにゴールド・ホワイト・ブラックの3色から選べます。私は落ち着いた配色が好きなのでゴールドを選択しました。

5.5インチの大画面ですが、ベゼル幅2.8mmと狭額縁設計で無理なく片手で持てるファブレット端末です。

狭額縁のスマートフォンはisai VL LGV31やAQUOS SERIE SHL25も所持しておりますが、2機種とも3辺狭額縁で上部も細く作られています。honor 6 Plusは左右のみ。そのためYシャツのポケットに入れると頭が飛び出ます。

この点はファブレット端末なのでシカたないですね。

wpid-img_20150801_194511 (1)

先ほどの写真を見るとベゼルが数値以上に細く見えますが、実際はベゼル部分が黒いだけでした。どうせなら上下左右のベゼルの太さを統一したほうが良かったのでは…と思いました。

6層構造バックパネルにはスターダスト模様のテクスチャ

17

6層構造のバックパネルには、光の当たり具合によって見え方が変化するスターダスト模様で洗練されたデザイン。他社の格安スマホとは頭ひとつ抜けた高級感があります。

  • 15-e1438421627110
  • 16

模様が見えにくいので上部にズームアップ。全面上部には受話口とインカメラ、近接センサーが付いています。この近接センサーは付属している純正フリップカバーで活躍してくれます。

裏面には目玉機能のダブルレンズカメラ。カメラモジュールが2つ付いている機種といえばIS12SHやEVO 3Dなどを思い出します。他社の機種はカメラ同士を離して配置されていますが、honor 6 Plusでは800万画素のレンズを横に並べて配置しています。

ダイヤモンド切削加工のメタルフレーム

storage-emulated-0-SilentCameraSoft-1438422482316

側面はダイヤモンド切削加工されたメタルフレームを使っています。XPERIA Z4やGalaxy S6はキラキラしたフレームですが、こちらはつや消しの落ち着いたタイプです。野暮ったく見えがちなファブレット端末を引き締めるデザインです。

  • IMG_20150728_085921
  • IMG_20150728_085751

ちょっと変わっているのがmicro SDスロット。ココがnano SIMカードスロットと兼用になっていて、micro SIMとnano SIMの2枚挿入できます。公式回答だとnano SIMは使えないとのことでしたが、他の参加者のブログで検証した結果だとどうやら普通に使えるみたいです。

自分が契約しているnano SIMはiPhone専用のプラン(Xiパケホーダイ for iPhone)のため、他の機種で利用することは出来ません。もしnano SIMが使える機会があれば実験してみたいと思います。

  • storage-emulated-0-SilentCameraSoft-1438422390700
  • storage-emulated-0-SilentCameraSoft-1438422368731

上部やサイドのデザインがiPhoneとXPERIAを足して2で割ったようなデザインで、ネット上では賛否両論ですが自分は悪くないデザインかなと思います。傷つきやすそうなのでケースは必須です。

まとめ

写真で見るよりも質感が高く所有欲を満たしてくれる一台です。格安スマホにありがちな安っぽい感じ、おもちゃっぽさが払拭されました。ハイスペックモデルのライバル「Zenfone2」と比較しても圧倒的にこちらの方が上だと思います。

完璧に思えるデザインですが、強いて言えばストラップホールがないのが唯一の欠点です。ファブレット端末は片手で握るには大きいので、他の端末では落下防止ストラップを取り付けて使っています。

海外端末では割とよくあることなのですが、せっかく日本向けに販売するのであればストラップホールを取り付けて欲しかったです。

次回は購入特典として付いてくるケースをレビューする予定です。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する