Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

直近3日間当たりの制限が無い「BIGLOBE SIM ライトSプラン(6GB)」を試してみた

格安SIMが流行り始める前から提供してきたBIGLOBE SIMを契約してみました。昔は速度が出ない、安定しないとあまり評判の良くなかった印象でした。その後価格改定やパケットシェアが開始されて、設備増強などにより速度もそこそこ速くなっていると噂が出ているので試してみることにしました。

BIGLOBE LTE・3Gが10月1日より価格改定。パケットシェアSIMや通話定額サービスも開始!

2015.09.08

スポンサードリンク

使い方で選べる料金プラン

音声通話SIMSMS対応SIMデータSIM
音声通話スタートプラン 1GB1,512円
エントリープラン 3GB1,728円1,101円972円
ライトSプラン 6GB2,322円1,695円1,566円
12ギガプラン 12GB3,672円3,045円2,916円

  • ※価格は全て税込表示です。

BIGLOBE SIMでは容量別にプランが分かれていて、音声通話SIMのみ1GBの音声通話スタートプランが用意されています。このプランは1GB 1,512円~と初めて格安SIMを試してみる人にピッタリです。

この中でも特にオススメなのがライトSプラン(6GB)と12ギガプラン(12GB)です。格安SIMでは珍しい6GBと12GBという容量に対して価格が安く、これまでキャリアで7GBの契約をしていた人でも今までどおりガッツリ利用することが出来ます。

個人的に格安SIMと呼べる価格帯は3,000円以内と考えており、これを超えるとWiMAX2+ルーターなどの選択肢が出てくるのであまり安く感じません。BIGLOBEなら12GBプランでもギリギリ3,000円以内なので良心的な価格設定だと感じます。

ライトSプラン・12ギガプランは直近3日間当たりの制限ナシ!

モバイル回線では当たり前のようにある直近3日間の通信量制限ですが、BIGLOBE SIMではライトSプランと12ギガプランの制限が廃止されています。以前このブログでも各社プランの制限をまとめてみたのですが、最近では高速通信時の制限を撤廃している会社も多くなってきています。

格安SIMは高速通信時の3日当たり速度制限が掛からないプランをオススメします!各社プランの制限をまとめてみた

2015.10.24

これがあると動画視聴などをするとすぐに制限に引っかかってしまうので、せっかく大容量のプランを契約しても意味が無いです。欲を言えば全プランで廃止して欲しいところですが、ライトプランのほうがユーザーが多い傾向なので難しいのかもしれませんね。

追加料金不要でWi-Fiスポット「BBモバイルポイント」が利用可能

大手キャリアでは当たり前のように提供されていたWi-Fiスポットですが、格安SIMではこれらを利用することはできません。しかし、BIGLOBE SIMでは全国の空港やマクドナルド、コーヒーショップ、ホテル、商業施設等で開放されている「BBモバイルポイント」が無料で利用可能。

Androidアプリの「オートコネクト」を使えばサービスエリアに入れば自動でWi-FiをONにしてくれるので、都度ON/OFFを切り替える手間も無くパケット通信量を節約できます。

Google play オートコネクト
オートコネクト
制作: BIGLOBE Inc.
評価: 3.1 / 5段階中
価格: 無料 (2015/11/11 時点)

posted by: AndroidHTML v3.1

残念なのが2016年2月1日以降、音声通話スタートプラン、エントリープランは有料になってしまう点。こちらも大容量よりも低容量プランの方が需要ありそうなのに無料じゃなくなってしまうのは残念なところ。

APNの設定

CSfAqoiU8AAHnU-

まずはAPN設定をしていきます。今回はNEC Aterm MR04LNを利用するので初期設定は不要でした。BIGLOBEは老舗のMVNO事業者なので格安スマホには大抵の場合プリセットされているでしょう。

格安SIMに最適なSIMフリーモバイルWi-Fiルーター「NEC Aterm MR04LN」レビュー

2015.09.20
BIGLOBEのAPN設定
APN名、アクセスポイント名(任意)BIGLOBE、ビッグローブなど
APN、APN設定biglobe.jp
ID、ユーザーID、ユーザー名user
Password、パスワード0000
認証タイプ、PPP認証タイプ、暗号タイプCHAPまたはPAP

BIGLOBE公式サイトではAPNの設定方法が動画でも紹介されているので分かりやすかったです。初心者のかたは以下の動画を参考に設定をしておきましょう。

iPhoneのAPN設定方法


AndroidのAPN設定方法


実際の速度を測ってみた

プランの詳細が分かったところで実際に速度を測ってみました。測定環境はこんな感じです。

測定条件
測定場所沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯平日8時~9時台、12時~13時、19時~20時
測定機種NEC Aterm MR04LN / Google Nexus5
測定方法Speedtest.netで3回測定。平均値を値とする。

朝(8時~9時台)

wpid-jointpics_20151108_111147

1回目2回目3回目
ping99ms111ms100ms
下り11.32Mbps12.97Mbps13.12Mbps
上り6.33Mbps5.21Mbps8.68Mbps

通勤ラッシュ時でも下り11Mbps~13Mbpsと中々速度が出ています。他社のSIMを使っているときは5Mbps前後の時も多いので結構速いですね。

お昼(12時~13時)

wpid-jointpics_20151108_111257

1回目2回目3回目
ping93ms118ms107ms
下り6.46Mbps6.04Mbps4.59Mbps
上り1.63Mbps2.90Mbps3.98Mbps

1日の中で1番混雑する時間帯での計測。各社1Mbpsを下回ることも多くストレスが溜まる時ですが、意外にも6Mbps~5Mbps弱くらい出ていました。これには予想外で思っていたよりも実用的な速度出ているんじゃないかと感じました。

夜(19時~20時)

wpid-jointpics_20151108_111343

1回目2回目3回目
ping91ms99ms110ms
下り9.14Mbps7.43Mbps7.41Mbps
上り10.61Mbps9.65bps6.82Mbps

帰宅ラッシュの時間帯では、下りはそこそこですが上りは10Mbpsを超えていたりと好調です。

意外と狙い目かもしれないBIGLOBE SIM

1日を通して極端に速度が落ちるようなことはなく快適に利用できています。ただし、まだ設備増強してからあまり時間が経っていないので、ユーザー数増加につれて次第に落ちていく可能性もあります。

ネットの口コミや評判も大切ですが、やはり自分で試してみてどの程度測度が出るのか、どれ程快適に使えるのかを調べてみないと分からないことも多いですね。

期間限定で最大10,000円のキャッシュバックも行っているので気になる方はチェックしてみてください。

BIGLOBE LTE・3Gが10月1日より価格改定。パケットシェアSIMや通話定額サービスも開始!

2015.09.08
鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する