名機と名高いソニーのコンデジ「初代RX100」を気がついたら手に入れていた

ブログやライターをやりはじめて早数年。これまでレビューで使用してきた写真はずっとスマホカメラで撮影してきました。そんな私が突然5年前の中古コンデジ「RX100」を手にした理由などを簡単にまとめてみようと思います。

スマホカメラよりもワンランク上の写真が撮りたいという方にオススメのカメラです。

スポンサードリンク

購入の動機

最近のスマホのカメラは画質も向上して綺麗に撮れますが、流石に撮影が難しい条件だと手ブレが酷かったりノイズが目立つ写真になってしまいます。

写真のクオリティを少しでも上げてみようと考え、安価で長く使えそうなコンパクトデジタルカメラを探してみることに。

フォロワーさんに聞いてみると、『2012年に発売されたソニーの高級コンデジ「RX100」が値段も手頃で丁度いいはず!』とアドバイスを頂けました。

約5年前の製品…ということでちょっと気が引けましたが、ネット上で口コミを探してみるとかなり評判が良く名機と名高い製品だと判明。

継機としてM2~M5まで出ていますが、初代から比べると値段が2倍~5倍近く高いのでまずは初代でお試ししてみることに。これが人生初のコンデジデビューです。

購入はとにかく安く済ませたかったのでヤフオクで探してみました。すると値段の安い美品が2万円ちょっとで販売されていたのでポチる。特に入札などもなくそのままあっさり落札できました。

商品の状態はそれなりに使用感あり

商品を落札してから数日、ゆうパックを利用して商品が届きました。

本体以外にも収納ポーチや予備バッテリー、バッテリー充電器なども付いていて充実していました。

購入した商品は最近まで使用していた商品らしく、外観や液晶部分にキズがあるなど状態はそこまで良くなかったです。それでもバッテリー持ちやレンズの状態は特に問題ないレベルなので許容範囲内。

安い理由がそれだけではなく、海外モデルの日本語表記なしでした。表記が英語になるだけで物自体は国内版と何ら性能差はないので、オートで綺麗に撮れたらそれで満足です。

RX100購入に合わせてアクセサリー類も一緒にポチる。落下防止のリングストラップ、グリップ、液晶保護フィルムとFlashAirです。

初代RX100にはWi-Fiを内蔵していないため、スマホとかに写真を転送するのが面倒くさいです。このFlashAirがあればスマホとWi-Fi接続して写真を保存、Googleフォトを利用して写真を同期できるというわけ。

オートでjpg撮って出しでもこの画質

それではRX100で撮った写真を紹介してみます。先ほども言ったように私はカメラの知識ほぼゼロの状態で、モードは全てオートで撮影しています。

光学ズームで寄った写真が楽しめる

スマホでは難しいズームで寄っても画質が荒れないのが1番嬉しい。もう少しアップで撮影したい…というときは高画質で撮影してクロップしてズームできるので便利。

風景画像

特に何も考えずシャッターを切るだけでもそれなりに撮れます。スマホだとノイズが目立ちやすい夜景も高精細に撮れていました。

良い感じに背景がボケる1インチセンサーのレンズ

1インチセンサーと言われても私にはよく分かりませんが、とにかくオートで撮影しても被写体と背景を自動で判別して良い感じのボケを出してくれます。

使いこなせるように少しずつ勉強していきたい

まだズームとシャッターくらいしか触ってないくらいの初心者なので、これからガンガン使ってモードなどをうまく使い分けできたらいいなと思っています。

オートでも十分満足のいく画質で撮れているので、この値段で購入できるカメラとしてはかなり満足度は高いです。知識が乏しいのでカメラ性能などで語ることが出来ませんが、写真を見て判断してもらえたらと…。

スマホカメラよりもう少し背伸びした画質の写真が撮りたい方にはオススメです。物撮り・飯テロ・風景写真にポートレート写真まで万能に活躍してくれる初代RX100のご紹介でした。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する