Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

「CIO SMARTCOBY Pro 30W」レビュー:カードサイズで最大30W出力に対応した10,000mAhの決定版モバイルバッテリー

クラウドファンディングのMakuakeにて支援額 約2,190万円 支援者数5,000人を達成した注目のモバイルバッテリー「CIO SMARTCOBY Pro 30W」をメーカーよりご提供頂きました。

本製品の特徴は、カードサイズの超小型設計で10,000mAhの大容量、かつ最大30Wの高出力に対応しているところ。小型軽量でパワフルなモバイルバッテリーを探している人にオススメの製品です。

バッテリー残量を1%刻みでデジタル表示できたり、スマホとバッテリー本体を数珠つなぎで充電できる「パススルー充電」にも対応しています。


スポンサーリンク

CIO SMARTCOBY Pro 30Wの特徴・スペック

CIO SMARTCOBY Pro 30Wは、電気自動車に使用される信頼性の高い高密度のバッテリーセルを採用したことで、コンパクトで高出力を実現したモバイルバッテリーです。

USB PD/QuickCharge/PPSの急速充電規格に対応し、MacBook AirやiPad Pro 11インチを最速で充電可能です。本体の充電も最大20Wに対応しており、約2.2時間でバッテリーが空の状態から満充電にできます。

CIO SMARTCOBY Pro 30Wのスペック
製品名 SMARTCOBYPRO-30W
入力 USB-C(入力) 5V=3A / 9V=2.22A / 12V=1.5A(PD3.0)
出力 USB-C(出力) 5V=3A / 9V=3A / 12V=2.5A(PD3.0) / 3.3-6V=3A / 3.3-11V=2.7A(PPS/QC4+)
USB-A(出力) 4.5-5V=5A / 9V=3A / 12V=2.5A(QC3.0/SCP/S-VOOC)
パススルー充電 対応
バッテリー容量 10,000mAh
サイクル回数 約500回
保護機能 過充電保護 / 短絡防止 / 温度保護 / 過電圧保護 / 過放電保護 / 過電流保護
バッテリー材質 リチウムイオン
製品サイズ 約77×56×26mm
重量 約183g
カラー ブラック
付属品 本体 / 取扱説明書(日本語) / 充電ケーブル(Type-c to Type-c)PD対応 約0.5m

CIO SMARTCOBY Pro 30Wの外観・デザイン

パッケージは容量や出力などが分かりやすく、実物が小窓で見えるデザイン。裏面には製品の特徴と製品仕様が印字されています。

内容物はバッテリー本体、USB-C to Cケーブル、取扱説明書、会社説明とSNSの案内が書かれた紙が入っていました。

付属のUSB-C to Cケーブルの長さは0.5mです。USB-AポートやLightning端子を使う場合は、別途用意する必要があります。

説明書は日本語に対応しています。イラスト付きで分かりやすく解説されていました。

バッテリー本体のサイズは約77×56×26mm。手のひらにすっぽり収まるコンパクトなサイズ感。表面はマットな質感で指紋汚れがつきにくく、スベスベの肌触りが良いモバイルバッテリーです。

本体重量は公称値約183g、実測値だと172gと少し軽くなっています。

側面上部には製品仕様が印字されています。

USB-C(USB PD/最大30W出力・最大20W入力)
USB-A(QuickCharge3.0/PPS/最大30W出力)

側面左にはUSB-Cポート、右にUSB-Aポートを搭載しています。どちらも1ポート接続で最大30Wまでの出力に対応します。2ポート同時使用時は2ポート合計18Wに制限されます。

CIO SMARTCOBY Pro 30Wの機能・使い勝手

CIO SMARTCOBY Pro 30Wを実際にしばらく使ってみた良いところ、イマイチなところをまとめると以下の通り。

■メリット
  • バッテリー残量表示が1%刻みで分かりやすい
  • スマホを充電しながらバッテリーを給電できる「パススルー充電」が便利
  • 最大30W出力対応でモバイルノートPCも充電できる
  • 10,000mAhの大容量なのに圧倒的に小型軽量
■デメリット
  • 2台同時に接続した場合は急速充電に非対応
  • パススルー充電時は急速充電に非対応
  • 表面にホコリや皮脂汚れが付きやすい

バッテリー残量表示が1%刻みで分かりやすい

側面下部にはロゴとバッテリー残量を表示するディスプレイを内蔵。ボタンを押すだけで残量が1%刻みで表示してくれるのは便利です。

バッテリー残量が%表示できることで充電するタイミングが掴みやすく、充電完了までの目安時間も分かりやすいです。

スマホを充電しながらバッテリーを給電できる「パススルー充電」が便利

パススルー充電とは、USB-Cでモバイルバッテリー本体を充電しつつ、USB-Aでスマホなどを一緒に充電できる機能のこと。

先に接続したデバイスが充電されて、その後にモバイルバッテリーを充電してくれます。

パススルー充電時は急速充電に非対応のためご注意ください。

CIO SMARTCOBY Pro 30Wを使って充電してみた

WindowsノートPCのLG Gram 17Z90Nを充電してみたところ、公称値通り最大30W付近で充電が行われました。充電が満タンに近づくと12W前後で推移しており、緊急時の予備電源としても活躍してくれそうです。

AndroidスマホのRedmi Note 10 Proを充電したところ、16W~18W前後の出力を推移しています。

USB-Aポートは、QuickChargeに対応していれば最大30Wまで出力できますが、非対応端末の場合は5~10W前後になりました。

USB-CとAポートを同時に使って2台同時充電を試してみます。2台同時に接続すると最大出力が5V/2A程度に制限されるためご注意ください。

まとめ:コンパクトで使い勝手のいいモバイルバッテリー

CIO SMARTCOBY Pro 30W」をレビューしました。10,000mAhのモデルの中ではサイズも比較的コンパクトで、高出力30Wにも対応した大注目のモバイルバッテリーです。

容量や出力がもっと欲しい方は、最大60W出力対応の「SMARTCOBY 20,000mAh」、もう少しスリムな形状がいい場合は8,000mAhの「SMARTCOBY 8000mAh」などもラインナップされています。

利用するシーンや用途に合わせて選んでみてください。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する