Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

HTC U11 HTV33のカメラ性能チェック。ありのままをシャープに映し出す高画質なカメラ #HTCサポーター

HTCサポーターズクラブ様よりお借りしているHTC U11を触り始めて、早くも1週間以上が経過しています。一通り機能を触った中で特にオススメしたいのがカメラの画質です。

これまで数々のスマートフォンのカメラで撮影してきましたが、カメラの画質に関してはトップクラスと言えるほど癖のないシャープな写真が撮れると感じました。今回はHTC U11の作例を元に画質の良さを実感してもらえたら嬉しいです。

外観のレビューはこちらをチェック!

スポンサードリンク

HTC U11 HTV33のカメラUIをチェック

スクリーンショットが撮影できない仕様なのでiPhoneで直撮りです…。

HTC U11の標準カメラアプリは余計な設定項目が表示されず、シャッターボタンやプレビュー、写真と動画の切り換えにライトや設定切換アイコンが並びます。

左の三本線をフリックするとカメラのモード切替になります。パノラマ撮影やプロモード、スローモーション撮影、自分撮り機能など必要最低限な機能が揃っています。

設定項目も少なめで解像度や縦横比率、音声シャッターなどの機能が搭載されています。

HTC U11の目玉機能「エッジセンス」を利用すると、本体を握るだけでカメラを起動→撮影までを1秒程度で完了します。これだけ動かすとブレそうで心配になりましたが問題無かったです。

力加減も設定で調整ができるので、中々シャッターが切れない時は変更してみて下さい。

ありのままを映し出すシャープな画質

それでは実際にHTC U11で撮影した写真を見てみましょう。ブログ用にリサイズやトリミングを行っているので、元画像が見たい方は以下のリンクからご確認下さい。

基本的に設定は全てオートで撮影し、補足がある場所はプロモードやHDRをオンにして撮影しています。

風景・花・動物

公園に行ったときに撮影した野良猫。這いつくばりながら撮影したため、今にも動き出しそうな迫力が出ています。毛の一本一本まで細かくシャープに描写されています。

天気のいい日に近所のビーチへ行って青い空と海を撮影。と思ったら雲行きが怪しくなっていたため、若干景気が暗く見えます。遠くの部分は黒く潰れてしまったのが惜しいです。

別の日に山の上で沖縄の絶景ビーチを撮影。エメラルドグリーンの海を色鮮やかに描写してくれました。無加工でもこれだけきれいな写真が撮れるならSNSのアップも手軽に出来そうですね。

山の隆起やゴツゴツとした岩の質感もうまく再現できています。拡大してみてもディティールが潰れること無くくっきりと見やすいです。

逆光や夜景など撮影が難しいシーンでも問題なし

逆光のシーンではHDR機能をオンにして撮影してみました。HTC U11ではHDRが必要だと判断すると勝手にオンにしてくれるので便利です。

実際の目で見ると黒く潰れそうなシーンでもしっかり自然の色味を表現しています。

近くに咲いていた花も小さな被写体をしっかりフォーカスされていてうまくボケ感が出ているのではないでしょうか。無理やり作った不自然なボケではなく柔らかいボケ具合で、自然と被写体に目が行くいい写真が撮れたと思います。

沖縄の国際通りのネオンを夜間に撮影。特に夜間モードなどは無くても自然と明るさを保とうとしてくれるので、暗すぎたり白飛びしすぎることもありません。

街頭がなく薄暗い場所や、周辺と明るさに差があるときはプロモードでシャッタースピードなどを弄るとこんな感じの写真も撮影できます。

普通ならスマホカメラで夜景を撮ると、手持ちではブレやすかったりノイズが乗っかって残念な写真になりやすいですが、HTC U11ではコンデジ並とはいかなくてもスマホカメラでは軍を抜いた画質ではないでしょうか。

シズル感やピント合わせが最強

お待ちかねの飯テロシーンでは、特にご飯に特化したモードが無くてもシャッターを押すだけで的確な色味でシャープに描写されるのがお気に入りです。Galaxy S8でも登場した飯写真が複数あるため、こちらと合わせて比較してみてください。

カプリチョーザのトマトとにんにくのスパゲティ。赤色がキツイ色になりやすいですが、ホワイトバランスが崩れることなく美味しそうに撮れています。

ステーキも肉の焼ける瞬間をくっきりと映し出していて破壊力バツグンの写真に仕上がりました。

海鮮丼のみずみずしさが眩しい…。スーパーで半額で手に入れたなんて言えないくらい美味そうです。

暖色系の照明でも色かぶりせず見たまんまの色を再現してくれています。

薄暗い居酒屋やバーでのシーンは撮影の難しい場所でもブレずに撮影できています。フォーカスしたい物をタップした瞬間にピントが合うのでシャッターシーンも逃しません。

追記:3Dマイクを使った動画撮影

3Dマイクを使った動画撮影にも挑戦してみました。まるでその場に居るような音の良さで携帯で撮った動画と思えないくらい綺麗に撮影できています。

ズームをするとその部分だけ音を拾う機能もあり、他社とうまく差別化を図っている用に思えます。夜間撮影でもノイズが少なく撮れているのも便利に使えそう。

まとめ:オートでバシバシ撮れるオールラウンダーなカメラ

様々なシーンで撮影してきましたが、どのシーンでも目で見た色味に近い自然な描写がされるカメラという印象が強く残りました。

これまでiPhoneがそのポジションだったのですが、iPhoneよりもくっきり細かい部分まで潰れず再現できることで優位性があると思います。特に撮影の難しいシーンで他のスマホとの差がはっきりと分かれると思います。

世間では格安スマホで十分だと言われている傾向がありますが、値段が高いなりにカメラの画質や性能に差が付いていると感じます。普段は格安スマホでも十分満足できますが、この画質を知ってしまうともうスマホには戻れなくなります。

シャッターを押すだけでシャープで綺麗に撮れるカメラを是非店頭で体感してみて下さい。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する