Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

gooのスマホ最新作「g08」を発表。縦長のディスプレイ、デュアルレンズカメラ搭載のミドルレンジモデル

NTTレゾナントではgooのスマホ最新作「gooのスマホ g08(グーマルハチ)」を発表しました。Wikoから発売中のスマートフォン「View Prime」がベースとなっています。

18:9の5.7インチHD+(1440×720)液晶、Snapdragon 430、4GB RAM/64GB ROM、1600万画素背面カメラ、2000万画素+800万画素の前面デュアルカメラなどトレンドを取り入れたミドルスペックモデルです。

gooSimsellerでは通常セットですると27,864円(税込)のところ、らくらくセットだと期間限定で7,344円(税込)+SIM代金で購入可能。さらに先着908名限定のクーポンを適用すると、最大5,000円相当分お得に購入可能です。

スポンサードリンク

gooのスマホ g08のスペック・デザイン

gooのスマホ g08のスペックはこちら。公式サイトのスペックを参照しています。

本体カラーチェリー・レッド ディープ・ブリーン ブラック ゴールド
本体サイズ約152.3×72.8×8.3mm
重量約162g
ディスプレイ5.7インチ HD+(1,440×720)282ppi IPS液晶
OSAndroid 7.1 Nougat
CPU(Soc)Qualcomm ® Snapdragon™430 オクタコア(1.4GHz x4, 1.1GHz x4)
メモリ(RAM)4GB
内蔵ストレージ(ROM)64GB
外部ストレージmicro SDXC 最大128GB
アウトカメラ1,600万画素 F2.0 自動シーン検出
インカメラ2,000万+800万画素(ワイド&セルフィー・フラッシュ)
バッテリー容量3,000mAh
SIMスロットnano SIM×2 (DSDS対応)
ネットワーク■LTE: FDD: B1(2100) / B3(1800) / B5(800) / B7(2600) / B8(900) / B18(800) / B19(800) / B20(800) / B26(800) / B28B(700) TDD: B38(2600) / B41(2500)
■W-CDMA: B1(2100) / B2(1900) / B5(800) / B6(800) / B8(900)
■GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
センサー
  • A-GPS/GPS
  • Gセンサー(加速度)
  • 近接センサー
  • 環境光センサー
  • 電子コンパス
  • ジャイロスコープ
同梱物
  • 保証書
  • クイックスタートガイド
  • 保護フィルム(簡易版)
  • TPUケース
  • USBコード(Type-B)
  • ACアダプタ
  • SIMピン
  • Safetybook
  • イヤホン

メタルボディの上質な仕上がりに

本体カラーはチェリー・レッド、ディープ・ブリーン、ブラック、ゴールドの4色。背面にはデュアルレンズカメラと指紋認証センサーを搭載しています。

チェリー・レッド
ディープ・ブリーン
ブラック
ゴールド

どのカラーも落ち着いた色味で、老若男女問わず持てそうなカラーリングです。個人的にはゴールドのカラーが気品があってカッコイイと思いました。

画面比率が18:9になり縦長ディスプレイに

一般的な縦横比16:9の画面比率に比べるとディスプレイが縦長になり、5.2インチ相当の横幅に5.7インチを詰め込んでいるトレンドを意識したデザイン。

解像度はHD+と少々粗さが目立つものの、縦長液晶でウェブサイトの閲覧やSNSなどの利用がしやすい設計です。

インカメラは超広角、アウトカメラも画質が向上

インカメラには2,000万画素+800万画素のデュアルレンズを搭載し、広角120度の超広角レンズにより大人数のセルフィーや旅行中の風景を撮影するのに向いています。オートHDR機能に対応しており、明暗差の激しいところでも綺麗に仕上がります。

セルフィー用のフラッシュを内蔵しており、薄暗いシーンでも明るく撮影できます。

背面カメラも1,600万画素にスペックアップ。5層構造のF2.0レンズとハイクオリティセンサー搭載で、目で見たままの鮮明な画像で記録することができるとのこと。自動シーン検出により細やかなディテールを自動で再現できます。

背景ボカシ機能により被写体に視線が行くような味のある写真が撮れるらしい。

基本性能が向上し、エントリーモデルからミドルレンジへ

基本性能も向上しており、4GBのRAMや64GBの内蔵ストレージ、Snapdragon 430搭載など値段を考えたらかなり良い製品だと思います。まだ実物を触れていないので性能だけの評価とはなりますが…。

SIMスロットとmicroSDスロットが独立し「真のDSDS」に


2つのSIMとmicroSDを同時に使える

引用元:5.7型HD+液晶や4GBメモリ搭載で6800円から gooの最新スマホ「g08」発売 – ITmedia Mobile

前作「g07」では3キャリアに対応したDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)に対応したことで大きな反響を呼び、今作「g08」では利用者の要望が多かった「nanoSIMカード2枚とmicro SIMの同時使用」が実現しました。

モトローラ製品などでは分離している事が多く、ASUSやHUAWEIなどでは排他構造になっているパターンがほとんど。2枚のSIMを切り替えて使うにはmicroSDカードを諦めないといけなかったので地味に嬉しい変更点です。

発売記念でg08が大幅値引!先着100名はキャンペーン併用可

gooSimsellerではg08の発売を記念したキャンペーンを用意しています。

  • 2018年3月26日までに申込みで通常価格から20,520円引き
  • g08新発売記念割引キャンペーン(先着順908名)
    →最大5,000円相当の本体値引き・gooポイントプレゼント
  • g08 買替(超)アシストキャンペーン(期間限定)
    →iPhone下取りで実質無料、Android下取りで実質半額

先着100名限定でキャンペーンの同時適用が可能。実質1,944円+SIM代金という驚異的な安さで手に入ります。

キャンペーンを適用せず購入した場合

■通常セット(SIMの契約任意)
通常セットは一括27,864円で購入可能。一括購入のみ対応しています。
OCNモバイルONEのSIMカードの契約は任意で、SIMパッケージ代金が含まれた価格となっています。

■らくらくセット(音声通話SIMの契約必須)
らくらくセットでは一括16,800円+SIM代金3,665円=合計20,465円で購入可能。
分割の場合だと20,736円+SIM代金3,665円=24,401円になります。
2018年3月26日までに申込むと、一括価格が7,344円に値下げされます。この期間中に分割購入を申込むことは出来ません。

OCNモバイルONEの音声通話プランの契約が必須で、最低利用期間(6ヶ月)以内に解約すると8,000円(不課税)が発生します。

通常セット一括:27,864円
※SIMパッケージ込み
らくらくセット
(2018年3月26日まで)
一括:7,344円(通常価格から20,520円引き)
※キャンペーン期間中は一括払いのみ
らくらくセット一括:16,800円(通常価格から11,064円引き)
分割:864円×24回=20,736円
+SIM代金 3,665円

SIM代金(初期費用)
初期工事費用
(パッケージ費用)
3,240円
SIMカード手配料425円
合計3,665円

  • ※価格は全て税込表記

g08新発売記念割引キャンペーン(台数限定)

それぞれ先着順908名限定で最大5,000円相当の特典が受けられます。

■通常セット(先着順908名)

  • 以下の条件を満たすと後日5,000円相当のgooポイントをプレゼント。(実質2,104円)
    • gooポイントサイトにエントリー
    • OCNモバイルONEの音声通話SIMを1年以上使用

■らくらくセット(先着順908名)

  • 期間限定価格から更に3,240円引き(一括4,104円)
  • 以下の条件を満たすと後日2,000円相当のgooポイントをプレゼント。(実質2,104円)
    • gooポイントサイトにエントリー
    • OCNモバイルONEの音声通話SIMを1年以上使用

g08 買替(超)アシストキャンペーン(期間限定)

g08買替アシストキャンペーンは、古くなったスマートフォンを下取りに出してお得にg08へ機種変更ができるサービス。
手元にあるiPhoneを下取りに出すと実質無料、Androidスマホを下取りに出すと実質半額で購入可能です。実施期間は2018年2月23日(金) 10:00~2018年3月26日9:59まで。

iPhone買取価格9,504円(実質無料)
Android買取価格4,212円(実質半額)

  • ※価格は全て税込表記

g08購入時に1,080円(先着100名は4,320円)割引が行われ、商品到着後14日以内に買替キットで端末を配送すると下取り額がキャッシュバックされます。

買取端末は古いiPhoneやキャリアスマホでもOK。「今使っている端末が古くなってきたので機種変更したい」と考えている方にはお得なキャンペーンです。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する