Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

【レビュー】FS030Wの純正クレードルを購入。バッテリーレスで運用しやすくなった!

FUJI WifiでレンタルしているWi-Fiルーター「FS030W」をメインのネット回線として利用しています。

以前使っていた304ZTと比べてバッテリー持ちが良かったり、バッテリーを抜いてmicroUSBポートから給電して使う「バッテリーレス運用」ができるところが気に入っています。

そんなFS030Wをさらに使いやすくするため、純正クレードル(CRDFS030W)をビックカメラ.comで購入してみました。

正直なところ「この品質でこの価格は高いな…」と思いつつも、実際に使ってみると便利なアイテムだったのでご紹介します。

富士ソフト FS030W専用クレードル CRDFS030W

富士ソフト FS030W専用クレードル CRDFS030W

4,610円(10/27 17:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

■メリット
  • クレードルに挿すだけで充電できる
  • Wi-Fi非対応のPCでも有線接続できる
  • ギガビットイーサネット端子で接続できる
  • バッテリーレスで起動できる
■デメリット
  • 値段が高い(4,169円)
  • プラスチック製で質感が安っぽい
  • 本体との接続するUSBコネクタが弱く故障しやすい

スポンサーリンク

FS030Wは電源供給があればバッテリーを外しても起動できる

Wi-Fiルーターを長時間充電しているとバッテリーに負荷が掛かります。固定回線のようにクレードルで充電しっぱなしの状態で使っていると、バッテリーが膨張する恐れがあるためオススメしません。

FS030Wは電源供給されていればバッテリーなしでも起動できます。自宅の利用が多く、Wi-Fiルーターを固定回線代わりに使う場合はクレードルがあったほうが何かと便利です。

私がメインで使っているデスクトップPC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」は、最小構成で購入すると無線LANで接続することは出来ません。

クレードルがなくてもmicroUSBを繋げば有線接続することは可能ですが、バッテリーレス運用する場合、PCの電源を落としたときに電源供給が無くなり、Wi-Fiルーターの電源も切れてしまいます。

これが地味にストレスだったので、バッテリーレスでも電力供給を繋ぎっぱなしにできるようにクレードルを購入した次第です。

FS030Wを固定回線代わりに使うなら買っておきたいクレードル

箱はクレードルのにぴったりのサイズでコンパクト。クッション材に包まれてクレードル本体が入っていました。この他にも取扱説明書や保証書が入っていました。

クレードルの中心にFS030Wと接続するmicroUSB端子(オス)が付いています。この端子がなかなか曲者で、真っ直ぐ本体を挿さないと充電されなかったり接続が切れてしまいます。

正面には電源ランプと接続ランプが付いています。接続中は接続ランプが緑色に点滅します。

背面にはmicroUSBケーブルとギガビットイーサネット端子が付いています。

底面にはゴム足が付いていて滑りにくくなっています。

使い方はクレードルにFS030W本体を挿し込んで起動するだけ。平置きするよりも見た目がスッキリしました。

初期不良に当たり接続できなくなる→サポートで交換してもらう

購入して1週間ほどでネットに接続できなくなりました。LANケーブルを別の製品に変えたり、Wi-Fiルーターの設定を見直しても繋がりません。

同じクレードル購入者によると、接続が不安定で何度か抜き差ししないと繋がらない時があるとのこと。何度も接続端子の位置を調整しても駄目でした。

面倒でしたが、サポートに連絡して交換してもらうことにしました。

Q 修理をしたい場合はどうすればよいですか?
「故障・修理について」の内容をご確認の上、
富士ソフト モバイル端末サポートセンター(TEL:050-3786-1789)までお問合わせください。

修理受付の場合は、端末の機種名やIMEIを確認させていただきますので、事前にご確認をお願いします。
また、端末修理の場合は、以下を故障受付窓口にお送りいただく必要があります。

  • ※故障端末
  • ※ACアダプタ、USBケーブル(充電に関する故障の場合)
  • ※クレードル(クレードルに関する故障の場合)
  • ※保証書
  • ※販売店発行の納品書

引用元:FS030WのFAQ 修理をしたい場合はどうすればよいですか?

公式サイトのFAQを読んで、モバイル端末サポートセンター(TEL:050-3786-1789)まで問い合わせします。電話による症状の確認や、購入日・購入場所などを確認されました。

その後、実際に製品を送ってクレードルを検査してもらいます。配送料は送り主負担になるため、私はレターパックプラスに入れて発送しました。

発送してから検査後に故障が認められると、修理した製品が送られてきました。初期不良ということで無料で対応してもらいました。

修理後のクレードルは当たり前ですがちゃんと使えました。現時点では接続できないトラブルは再発していません。ちゃんと使えて良かった。

まとめ

FS030Wのクレードルは各社Wi-Fiレンタルサービスでは販売しておらず、Amazonなどのネット通販でしか購入できません。4,000円近くするので購入を躊躇していましたが、いざ買ってみると非常に便利でした。

有線接続することで無線よりも接続が安定していて、通信速度も気持ち速くなったように感じました。FS030Wをもっと便利に使いたい方は検討してみてください。

富士ソフト FS030W専用クレードル CRDFS030W

富士ソフト FS030W専用クレードル CRDFS030W

4,610円(10/27 17:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

私がメインで使っているFUIJ Wifiについてはこちら。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する