Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

FUJI Wifiを半年以上使った感想。固定回線の代わりになる唯一無二のモバイルWi-Fiルーター

昨年12月にレビューしたFUJI WifiというモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスを覚えているでしょうか。

そこから半年以上が経過してプランやサービス内容に様々な変化が起きているので、改めてプランをまとめてその魅力を紹介したくなったのでこの記事を書いています。

今回はFUJI Wifiというサービスがどんなサービスなのか、そしてどれだけ使えるのかを再検証してみることに。すでに持っている人もまだ持っていない方、WiMAX2+ルーターなど他社を利用している方もぜひ拡散してください。

スポンサーリンク

FUJI Wifiって何?

FUJI Wifiとは株式会社レグルスが提供しているソフトバンク回線を利用したモバイルWi-Fiルーターのレンタルサービスのことです。2016年秋頃から口コミで話題を呼び、新規受付を一時停止・再開を繰り返している状態になりました。

FUJI Wifiの特徴
  • 高品質なソフトバンク回線が使える
  • データ容量に対して料金が安い
  • 最低利用期間・解約金なし
  • 届いたその日から使える

現在でも想像を上回るほど注文が殺到しており、法人・個人事業主とレグルス会員のみに限定されています。個人契約の場合は「レグルス会員」というサービスに登録することで申し込みが可能となっています。

なぜこのような形式になっているかは不明ですが、きっと大人の事情があるのでしょう…。

最近では人気のYouTuberの瀬戸弘司さんがオススメしたことで爆発的に知名度がアップしました。かなり長い動画ですが、他社のモバイルWi-Fiルーターとの違いや山間部による繋がりやすさや通信速度を紹介しています。



データ容量別に選べる料金プラン

FUJI Wifiの料金プランは、月間通信量無制限の「いつも快適プラン」と、月間200GB~25GBまで高速通信が使える「200ギガプラン」「100ギガプラン」「50ギガプラン」「25ギガプラン」の5種類。

通常プラン

4G/LTEいつも快適プラン6,480円
200ギガプラン5,184円
100ギガプラン4,104円
50ギガプラン3,348円
25ギガプラン2,700円
WiMAX2+ with au4G/LTEプラン3,218円

ソフトバンク本家が提供しているギガモンスター(20GB)は6,480円で提供していることを考えると、明らかにサービスとして破綻していることは間違いないです。どうやって経営成り立っているんだ…と心配になります。

ルーターを紛失や盗難、水没した時に保証する「安心サポート」もこの料金の中に入っています。初期組は契約が任意でしたが、現在は標準で組み込まれているようですね。

また、2019年2月から「初回お試しプラン」が登場しました。税込540円でWi-Fiルーターを7日間レンタルしてお試しできるプランです。

おまとめプラン

おまとめプランは数ヶ月分の料金をまとめて支払うことで、1ヶ月当たりの料金がお得になるプランです。長期契約を前提とする場合はこちらがオススメ。

いつも快適プラン
一括支払い金額月額実質料金
通常価格6,480円
3ヶ月18,468円6,156円
6ヶ月35,640円5,940円
9ヶ月51,516円5,724円
13ヶ月69,919円5,378円

200ギガプラン
一括支払い金額月額実質料金
通常価格5,184円
3ヶ月15,228円5,076円
6ヶ月29,808円4,968円
9ヶ月43,740円4,860円
13ヶ月60,091円4,622円

100ギガプラン
一括支払い金額月額実質料金
通常価格4,104円
3ヶ月11,988円3,996円
6ヶ月23,328円3,888円
9ヶ月34,020円3,780円
13ヶ月46,051円3,542円

50ギガプラン
一括支払い金額月額実質料金
通常価格3,348円
3ヶ月9,720円3,240円
6ヶ月18,792円3,132円
9ヶ月27,216円3,024円
13ヶ月37,627円2,894円

25ギガプラン
一括支払い金額月額実質料金
通常価格2,700円
3ヶ月7,776円2,592円
6ヶ月15,228円2,538円
9ヶ月22,356円2,484円
13ヶ月30,607円2,354円

  • ※価格はすべて税込表記

速度制限について

通信会社(ソフトバンク)がヘビーユーザーだと判断した場合は制限が掛かります。

現在はまだ利用者が少ないのでソフトバンク側も黙っていますが、あまりにも利用者が増えた場合はサービス継続は難しくなってくると思います。

どちらのプランにも直近3日間の制限などは設けられていませんが、結局はソフトバンクの裁量次第で制限が掛かるみたいです。WiMAX2+などとは違って制限値が不明瞭な点が不安要素です。

今のところ制限に掛かったような速度低下を感じることは少なく、よほど極端な使い方をしない限りはまず問題ないレベルかと思います。現状だといつも快適プランで300GB前後まで利用すると制限がかかるようです。

もし制限がかかってしまった場合でも、いつも快適プランであれば毎月19日(次回支払日より起算して7日前)から代替機の請求を行うことができます。

「4G/LTEいつも快適プラン」につきまして

平素はFUJI Wifiをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。

「4G/LTEいつも快適プラン」の月間データ使用量につきまして、回線元からの指導があり
通信品質及びネットワーク利用の公平性を保ち、できる限り多くのお客様の利便性を高めるため
従来より規制の強化が行われるとのことです。
※回線元の判断により異常な通信量のヘビーユーザーとみなされた場合、速度制限が発生いたします。
※弊社営業日・営業時間によっては、当該のお客様へ事前連絡を差し上げる前に速度制限が発生する場合もございます。

利用規約に準じ、「4G/LTEいつも快適プラン」をご利用のお客様で速度制限が発生した場合、
毎月19日(次回支払日より起算して7日前)から代替機の請求を行うことができます。
※ご希望のお客様は事前に弊社までご連絡をいただけますようお願い申し上げます。
※お客様よりお送りいただいた端末の着荷が確認でき次第、弊社より代替機をお送りいたします。
※代替機の送料・返送料はお客様負担となります。

今後とも、お客様にご満足いただけるサービスの維持と提供に努めて参りますので、
何卒、ご理解ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

引用元:「4G/LTEいつも快適プラン」につきまして | FUJI Wifi @ biz

FUJI Wifiの特徴

料金がお得なこと以外にもFUJI Wifiのメリットはたくさんあります。ここでは使ってみて分かった特徴をご紹介します。

安定した通信速度で使い放題を実現

MVNOなどのいわゆる格安SIMではドコモやauの回線を間借りしたものであり、混雑状況によって速度が大きく差が付いてしまいますが、ソフトバンク回線そのままを利用できるので安定感が違います。

ソフトバンク回線だから制限がきついだとか速度が遅いというイメージがあると思います。実際私もめちゃくちゃ疑っていましたが、周りからの評判も良く人柱覚悟で申し込んでみたら想像以上に快適でした。

この後スピードテストを試してみますが、格安SIMの使い放題プランとは圧倒的な速度の差を感じるほど快適さが段違いです。これを使うともう他のモバイル回線には戻れないくらい重宝しています。

レンタルされるルーターはランダムで届く

利用するWi-Fiルーターは在庫からランダムで届きます。私はサービス開始初期から利用しているため、304ZTが貸与されています。端末はレグルスの在庫状況によって選別されるため、自分でどちらにするか選べない点にはご注意下さい。

解約時には貸与されたWi-Fiルーターを返却する必要がある点もご注意下さい。返却の手間がかかるのと送料が自己負担というところがマイナスポイントです。

最低利用期間・解約金は一切なし!

モバイルWi-Fiルーターでよくある2年縛りや解約金。FUJI Wifiではレンタルなので最低利用期間や解約金を一切掛からずいつでも解約可能です。

WiMAX2+ルーターでよくある高額キャッシュバック!とかタブレットをプレゼント!とかはありませんが、純粋に回線だけ使いたい目的なら断然FUJI Wifiのほうがオススメできます。

通信速度を計測してみた

「通信速度が速い」とはいうものの、一体どれぐらい速いのか具体的な数字が欲しい方に向けて、通信速度をスピードテストアプリを使って計測してみました。測定条件は以下の通り。

測定条件
測定場所沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯平日8時~9時台、12時~13時台、19時~20時台
測定機種docomo Galaxy S8 SC-02J + FUJI Wifi 304ZT
測定方法4GmarkでSPEEDTESTを3回測定。平均値を値とする。
FULLTESTを1回実施してスコアを記録。

動画視聴などでスピードテストの結果と差が出てしまう回線もあるため、4gMarkというアプリを使用して測定しています。

このアプリはYouTube動画の読み込みやWebサイトにアクセスして、読み込み完了までの時間を測定することができます。これにより通信速度に差が出る回線が分かります。

朝8時~9時台の測定結果

朝の測定では通勤・通学のタイミングで測定していますが、下り40Mbps程度出ているためかなり快調です。動画視聴を行いつつファイルのダウンロードやアプリのアップデートなどを同時に行っても、動画が途切れることはありません。

ping下り上り
1回目97ms42.7Mbps19.0Mbps
2回目75ms39.9Mbps25.6Mbps
3回目84ms39.2Mbps24.1Mbps
FULLTEST32,706

昼12時~13時台の測定結果

格安SIMが軒並み遅くなる時間帯でもFUJI Wifiは絶好調です。キャリア回線と比較しても遜色ないレベルの安定した通信品質を見せつけてくれました。

ping下り上り
1回目89ms43.0Mbps22.9Mbps
2回目81ms32.8Mbps11.0Mbps
3回目86ms33.8Mbps13.5Mbps
FULLTEST27,301

夜19時~20時台の測定結果

帰宅後にYouTubeなどを見る方が多い時間帯では、他の時間よりも僅かに落ちていますが速度に不満はありません。遅いと感じることがないのでつい使いすぎてしまいます。

ping下り上り
1回目82ms32.7Mbps9.7Mbps
2回目86ms36.3Mbps10.5Mbps
3回目93ms22.1Mbps11.3Mbps
FULLTEST17,649

定期的にスピードテストで速度を測定していますが、契約してから半年以上下り10Mbpsを下回ったことがないため速度が遅くて悩まされることが解消されました。

光回線並とまではいかないものの、実用的な速度で無制限が実現できているのは驚きました。

最高速度だけを見るとWiMAX2+などが速いですが、あちらは直近3日間10GB制限があるため、使いすぎると翌日18時~深夜2時まで1Mbps程度に制限されます。

現在のFUJI Wifiの使い方

現在のFUJI Wifiの使い方を日常的にツイートしているのでご紹介します。結構ガンガン使っているつもりですが、制限らしい制限も掛かっていないため月平均50GB~100GB弱程度まで使用しています。

我が家では固定回線の代わりに利用していますが、価格・通信速度・容量ともに何一つ不自由なく利用できています。

バッテリーもずっと付けっぱなしで12時間近く持ちますし、足りなくなったらモバイルバッテリーでどこでも充電できます。スリープモードを活用するなど工夫は必要です。

FUJI Wifiのデメリット

隙が無いサービスのようにも見えるFUJI Wifiですが、デメリットが一切ないこともなく正直微妙だなと思う点もいくつかあります。

料金の支払いが前払い制

月額料金を前払いする仕組みのため、7月頭に契約すると7月分を最初に支払い、25日に翌月分の請求が来ます。もし解約したい場合、解約の14日前(当月の12日)までに連絡が必要です。

利用料金の日割りなどもないため、なるべく月初で申し込んでおいたほうがお得です。契約するタイミングによっては、ほとんど使っていないのに満額請求される可能性があります。

契約当初より徐々に値上げしている

私が無制限のプランを申し込んだ当初は3,218円+安心サポート込みで3,542円でしたが、現在は4,838円と約5,000円弱ほどに値上がりしています。

とはいえこれまでの価格が安すぎただけなんでしょうが、格安だった頃と比べると徐々に上がっているなとは感じます。

支払い方法がクレジットカードのみ

何らかの都合によってクレジットカードを持っていない方は残念ながらFUJI Wifiを契約できません。口座振替を希望する方は他社の格安SIMを利用することをオススメします。

格安SIMでも支払い方法をクレジットカードのみに制限する流れが来ているので、必要であれば素直にクレジットカードを持っておくほうが無難です。

私も過去は持たない主義だったものの、Webから申し込む場合はあったほうが何かと便利です。

申込者数を制限している

FUJI Wifiでは申込者数を絞って募集しており、一定数に達すると新規受け付けを一時中断しています。

既存利用者の立場では有り難い話ですが、これから利用しようと考えている方は申し込みたくても申し込めない状態が続くため、使いたい時に契約できない可能性があります。

過去に個人情報流出をやらかした経緯がある

過去に個人情報の流出をしたことがあり、色々とネットを騒がせたこともあるため個人情報の取り扱いでは不安要素があります。

お詫びとお知らせ 個人情報(氏名・メールアドレス)の流出について

FUJI Wifiにおいて、1月24日のサイトリニューアルに合わせシステムのアップデート入れ替え後、
1月25日AM10時頃、カード決済完了・カード決済エラーのお知らせメールの配信中にシステムエラーが起こり
カード決済エラーが発生したお客様の氏名・メールアドレスが流出する事故が発生しました。
なお、クレジットカード番号や、パスワード、取引実績などの信用情報の流出はありませんでした。
以下、現時点までの調査結果と今後の対策につきましてご報告いたします。

関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけし、深くお詫びを申し上げます。
また、今後、このようなことがないよう、情報管理をさらに徹底してまいります。


1. 流出ルートの原因とFUJI Wifiが保有する個人情報との照合結果について
流出ルートの原因と経緯
1月25日AM10時頃、カード決済完了・カード決済エラーに関するお知らせメールの配信中にシステムエラーが発生し
カード決済エラーが発生したお客様の氏名・メールアドレスが、FUJI Wifiのお客様へ
カード決済完了・カード決済エラーのお知らせメールの送信元アドレスとして記載されてしまう事故が発生。

照合結果
2. 確認された個人情報の内容について
1: 氏名
2:Eメールアドレス(1月25日AM10時までにご登録済みのメールアドレス)
[注]
*クレジットカード番号やパスワード、ID、決済履歴等の信用情報は入っておりませんでした。今回確認した
データは、信用情報が入っているデータベースと別になっております。

3. 現在の対応状況について
1:1月25日13時頃にシステムの不具合部分の修正および改善は完了済み。
2:1月26日AMまでに訂正した内容で決済完了及び決済エラーのお知らせメールを送信済み

4.再発防止策について
1:システムの見直し及びシステムプログラムのチェック機構の徹底
2:システムの定期メンテナンス及びシステムテスト運用時間の見直し

5. お客様への対応について
本件につきまして、お客様へのお詫びのご連絡につきまして
1:情報流出が確認された対象者の皆様にはFUJI Wifiお客様サポートから順次ご連絡いたします。

以上

その他詳細に関するお客様からのお問い合わせ電話番号

FUJI Wifi お客様サポート
TEL:0570-099-213
MAIL:info@fuji-wifi.jp
営業時間:平日10時~18時

引用元:お詫びとお知らせ 個人情報(氏名・メールアドレス)の流出について | FUJI Wifi @ biz

現状で最強のモバイルWi-Fiルーターであることは間違いない

モバイルWi-Fiルーターは過去にWiMAX2+をはじめ様々な種類を試してきましたが、何一つ不自由なく使える物はこれまで存在しませんでした。

料金が高い、制限がキツイ、そもそも繋がりにくい、バッテリー持ちがイマイチなど何かしら不満を抱えながら使ってきたのであまりいい印象が無かったです。

しかし、FUJI Wifiと出会ってからはネットの使い方が激変しました。制限に怯えながら容量を気にして節約しながら使っていたものが、今ではいつの間にか50GB以上当たり前のように使うようになりました。

キャリア回線とほぼ変わらない速度で、外出先でも数ギガ単位のやり取りが行えるのは圧倒的なコスパを誇る回線だと思います。これまで抱えてきた回線の悩みを全て解決するサービスだと感じます。

現状で無制限とは言いませんが、こんなにヘビーに使っても問題ないレベルで安定している回線は今まで出会ったことがありません。もうこれ無しでは生きていけないほどサービスに依存していますね。

サービスが改悪する可能性があるため、本音を言うとあまり広まってほしくないサービスですが、現状最強のモバイルWi-Fiルーターであることは間違いないです。

今後もFUJI Wifiの動向を追ってみて、何か動きがあり次第記事にしてみます。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する