Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

デザイン性に優れた”立てて使える”ガジェットポーチ「ユウボク東京 デイズポーチ」レビュー

外出先でパソコン作業をするときに一緒に持っていくガジェットポーチ。

充電器やモバイルバッテリー、ケーブルなどをひとまとめにしてカバンの中を整理して収納できる便利アイテムです。

今までにも様々な製品を試してきましたが、デザインの良さと機能性の高さが両立したモノはなかなか見つかりません。

オシャレなデザインだとポケットの数やサイズが小さく、機能性を重視すると野暮ったいデザインが多く悩んでいました。

そんな中で見つけたのがユウボク東京のデイズポーチです。

よくあるガジェットポーチと思いきや、縦置きで自立できて狭いデスクでも中身が取り出しやすいと評判の製品です。デザイン性にも優れていて、ポケットの数やサイズもちょうど良さそう。

このデイズポーチが気になったのでメーカーに声をかけたところ、製品サンプルをご提供頂けたので早速レビューしていきます!

ユウボク東京 デイズポーチ (ブラック)

ユウボク東京 デイズポーチ (ブラック)

4,378円(10/26 08:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

ユウボク東京とは

今回紹介するデイズポーチは、フリーランスやノマドワーカー向けの製品を取り扱う「ユウボク東京」から登場したガジェットポーチです。

多様で柔軟な働き⽅を応援し、その⼈らしさを”そっと魅せる”ブランドでありたい

引用元:当ブランド紹介 | ユウボク東京(合同会社ユウボク)

をコンセプトにしたデザイン性・機能性に優れた製品を販売しています。

デイズポーチはクラウドファンディングサイト「Makuake」にて、シリーズ累計約1,800名から支援されて製品化されました。現在やユウボク東京 公式ショップをはじめ、Amazon楽天市場など通販サイトで購入できます。

■メリット
  • シンプルで洗練されたデザイン
  • 開口部が大きく中身が一覧できるがま口型
  • チャックの開閉がスムーズで開けやすい
  • 自立して卓上のスペースを取らない
■デメリット
  • ガジェットポーチにしては価格が高い
  • がま口を開けたまま固定できない※
  • たくさん物を詰め込むのには向いていない
  • Makuakeで先行販売中の「マグネットクリップ」使用で解消可能

デイズポーチの外観・特徴

それでは外観から見ていきましょう。

上下で分かれたツートンカラーとが特徴的で、表には「YOUBOKU TOKYO」のロゴがあるのみのミニマルなデザインです。

カラーバリエーションは6種類。落ち着いたカラーとポップなカラーからお好みの色が選べます。

  • アッシュブルー×ワインレッド
  • モードブラック(在庫限りで終了)
  • ブラック←NEW!
  • グレー×モスグリーン
  • ネイビー×グレー
  • ブルー×ターコイズ
  • ブラック×ブラウン

どれにしようか迷いましたが、持ち物を黒系統で合わせているので、今回は新色のブラックをご提供いただきました。

製品仕様は下記の通り。

サイズ縦約17cm × 横約19cm × 厚み約8.5cm
重量約170g(アッシュブルー・ワインレッドのみ約200g)
※縫製品のため、個体により若干の相違があります。
ポケット数大小合わせて9つ
材質PE(ポリエステル繊維)
口金のワイヤーフレーム入り
開閉仕様ダブルファスナー

サイズ・重量

サイズは縦約17㎝×横約19㎝×厚み約8.5㎝と、縦横のサイズがガジェットポーチとしては比較的コンパクトです。ノマドワーカーの声を聞いて最適なサイズを研究したんだとか。

重量は約170g(アッシュブルー・ワインレッドのみ約200g)と若干重いのが気になりました。丈夫な厚みのある生地を使っているため、耐久性とのトレードオフかもしれません。

狭いスペースでも使いやすい立てて置ける設計

この製品の最大の特徴は、底面がフラットな形状になっているため、中身が入っていなくてもしっかり自立してくれること。

天面に付いたダブルファスナーには、指を引っ掛けて開けられる持ち手が付いています。チャックの動きもスムーズで開け閉めがしやすかったです。

ガジェットポーチということもあり、止水ジッパーになっていて水分が入りにくいのも嬉しい設計。中に電子機器を入れることを想定したものだからこそ安心感が違います。

中身が整理しやすい大小合わせて9つのポケット

メインの収納スペースには、大小6つのポケットがあります。がま口をガバっと開けると中身が一覧できるのが使いやすいです。

側面にはチャック付きのポケットがあり、SDカードや小物類を収納するのに便利です。

外側には前面に2つ、背面に1つのポケットが付いています。名刺を入れたり予備のクレジットカードなどを入れたり使い方はあなた次第です。

実際に使ってみた

実際に私が普段持ち運ぶものを中に詰めてみました。

マチが広いのでマウスやモバイルバッテリーなど、厚みのある物もすっぽり収まります。小さめのポケットにはミニ三脚やケーブル類がちょうどよく収まりました。

パソコン作業中はスマホを外側のポケットに立てて入れています。狭いデスクだとスペースが限られてくるので、立てて入れられる形状がとても使いやすかったです。

中身を全て取り出すとこれだけの物が入っていました。見た目がコンパクトな割に結構たくさん入ります。

卓上に置いて使ってもバックパックに収納しても嵩張らず、必要なものがちゃんと入る丁度いいサイズだと思いました。

まとめ

デザイン性・機能性に優れたガジェットポーチ「ユウボク東京 デイズポーチ」をご紹介しました。

見た目はそこまで大きくないのに、外出先で使いたいアイテムが一通り収まるのは驚きでした。

収納力だけではなく取り出しやすいことがポイントで、狭いデスクでも使い勝手のいい製品は唯一無二だと思います。

普段からガジェットやカメラアクセサリーを持ち歩く人にオススメです。見た目と収納力を両立したガジェットポーチをお探しの方はぜひ使ってみてください。

ユウボク東京 デイズポーチ (ブラック)

ユウボク東京 デイズポーチ (ブラック)

4,378円(10/26 08:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する