Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

軽い装着感が心地いいBluetoothイヤホン「soundPEATS Q9」レビュー

Bluetoothイヤホンやヘッドホンを取り扱うsoundPEATS様よりBluetoothイヤホンをご提供いただきました。以前ご紹介したAukeyのBluetoothスポーツイヤホン「EP-B11」と比べてみます。

スポンサードリンク

耳掛け式カナル型イヤホン「soundPEATS Q9」の中身

写真 1

シンプルなダンボール箱に製品の写真が載っています。

写真 3

箱をパカッと開けるとイヤホン本体とご対面。想像していたサイズよりも小さいですね。

写真 2

こちらがイヤホン本体。プラスチックの質感は正直安っぽいですが、シルバーのラインがいいアクセントになっていてデザインは悪く無いと思います。

ケーブルはからみにくいきしめん型で長さは短め。

IMG_20150919_201456

充電は裏側のMicroUSB端子から行います。フル充電すれば約6時間使えるらしいので、たまに充電すれば大丈夫ですね。

付け心地は軽く、耳が痛くなりにくい

私はカナル型イヤホン特有の「耳の圧迫感」がどうも苦手で、ずっとインナーイヤー型のイヤホンを使ってきました。今使っているのがAppleのEarPodsで、付け心地が軽く使いやすいので気に入っています。

IMG_20150919_172911

この商品はカナル型でもイヤーフックが付いているので、装着時の違和感が少なかったです。イヤーフックの部分は思ったより柔軟性があり、耳にぴったりとフィットします。

IMG_20150919_163749

装着時はこんな感じで、前から後ろに向けてフックを掛けてからイヤーパッドを耳の穴に押し込むとうまく装着できます。

右側のボタンで各種操作が可能

写真 3

ボタンは右側の上部に集約しています。(写真見づらくてすみません)

中央のボタンを長押しすると電源のオンオフ切替とペアリング、左右の+-ボタンで音量調整になります。長押しすると早送りと巻き戻しも可能。ボタンは小さくても適度な間隔が空いており、特に押しにくいことはありません。

コントローラーがケーブル側に無いので、走った時にブラブラ揺れて鬱陶しい!なんてこともありません。

Bluetoothでも遅延や音切れは無い

Bluetoothだからと言って途切れることはないし、有線のイヤホンと何ら変わらず使えています。

無線なのでちょっとその場を離れるときにイヤホンを外す手間が省けます。

音質について

音質は可もなく不可も無くといった感じです。EarPodsから乗り換えても特に違和感なく使えて、どちらか一方が極端に強いわけでもないので「ながら聴き」にイイかも。

普段から数万のイヤホンを使っている方からすると物足りなさを感じそうですが、あくまでも値段相応だと思っています。

付属品が充実している

IMG_20150919_161816

イヤホンを取り出すと付属品が入っています。説明書と専用ポーチにサイズ違いのイヤ-ピース、クリップ、長さ調節用バックル、充電用micro USBケーブル…と付属品が沢山入っています。

説明書は英語表記ですが、イラストでも何となく分かるので問題無いでしょう。あと、Amazonの説明に12ヶ月の保証期間があると書かれてました。

長さ調節用バックルでケーブルがぶらぶらしない

IMG_20150919_162720

長さ調節用バックルは説明書のイラストのように、コードに引っ掛けることで長さ調節が出来るようになります。せっかくの無線なのにイヤホン側のケーブルがぶらぶらして邪魔になっていたら意味無いですからね。

ただ、これを付けるとケーブルに跡が残ったりケーブルを引っ張った時に断線するリスクがあるので、気になる方は使わないほうがいいです。

まとめ

スポーツ向けイヤホンということもあり装着時のフィット感を重要視している商品です。耳が痛くなったり使っていると位置がずれてくる…なんてことはなく、安定感のある付け心地でした。

動いてもズレにくいイヤホンを探している方や、私のようにカナル型イヤホンが苦手だった方に一度試して欲しい商品です。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する