Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

【2021年3月時点】ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルの料金プランを比較

大手キャリアのオンライン専用ブランドが2021年3月より開始します。各社のプランが出揃ったところで、どれが一番良さそうなのか料金やサービス内容を表にまとめました。

先に発表したドコモのahamoは月額料金の値下げを行ったり、ソフトバンクのLINEMOは5分通話定額を1年無料にしたり後出しじゃんけんをしています。

スポンサーリンク

ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルのプラン比較表

ahamo povo LINEMO 楽天モバイル
回線 ドコモ au ソフトバンク 楽天/auローミング
契約者 20歳以上の個人 20歳以上の個人 18歳以上の個人 18歳以上~20歳未満:親権者同意でWEB上での申込が可能
18歳未満:店舗での申し込みが可能
月額料金 2,970円 2,728円 2,728円 ▼データ使用量に応じて料金が変動
1GBまで:0円(1回線目)
1GB~3GB:1,078円
3GB~20GB:2,178円
20GB超過後:3,278円
月間高速データ容量 20GB 20GB 20GB 楽天回線:無制限(1日10GBまで)
パートナー回線:5GB
制限時通信速度 最大1Mbps 最大1Mbps 最大1Mbps 楽天回線:最大3Mbps
パートナー回線:最大1Mbps
データ容量チャージ 1GB/550円 1GB/550円
1日無制限/220円
1GB/550円 なし
通話料 30秒/22円 30秒/22円 30秒/22円 30秒/22円
通話定額(5分) 基本料込み 月額550円 月額550円→初年度のみ無料 Rakuten Link使用で無料
通話定額(時間無制限) 月額1,100円 月額1,650円 月額1,650円→初年度のみ月額1,100円 Rakuten Link使用で無料
親回線のSIMロック 解除不要 解除不要 解除が必要 解除不要
5G通信 対応 対応予定(2021年夏から) 対応 対応
eSIM 非対応 対応 対応 対応
テザリング 対応 対応 対応 対応
キャリアメール 非対応 非対応 非対応 非対応
+メッセージ 対応 対応 非対応 非対応
留守番電話サービス 非対応 非対応 非対応 対応
国際ローミング 対応 対応予定(時期未定) 対応 対応
キャリア決済 非対応 対応 対応予定
(2021年4月中旬以降)
対応
端末保証サービス 継続可能 不明 なし あり
家族割 対象外(カウント対象) 対象外(2021年夏までの申込みでカウント対象) なし なし
家族間通話 有料(ドコモ従来プラン→ahamoは無料) 有料 有料 Rakuten Link使用で無料
光回線セット割 対象外(ペア設定は可能) 対象外 対象外 対象外
申込み窓口 専用サイト 専用サイト 専用サイト・LINE 専用サイト・アプリ
契約期間の引き継ぎ 対応 非対応 非対応 なし
特典
  • dカード契約でデータ容量追加(2021年9月提供予定)
    • dカード:+1GB
    • dカード GOLD:+5GB
  • dカード ゴールドの利用額10%還元(2021年3月26日(金)予定)
  • 1日220円の追加料金でデータ使い放題
  • LINEのトーク、音声通話、ビデオ通話がカウントフリー
  • LINEクリエイタースタンプが使い放題(通常は月額240円)
  • 楽天回線なら月間データ容量無制限で使い放題
  • 月間データ使用量1GB未満なら月額料金が無料
  • Rakuten Linkの使用で国内通話が無料
  • 楽天市場のSPUが+1倍

  • ※価格は全て税込表示

ahamo、povo、LINEMO、楽天モバイルの特徴

ahamoの特徴

■メリット
  • 月間20GB+5分通話定額込みで月額2,970円
  • ハイエンドモデルがキャリア版より安く買える
  • 海外82の国々・地域で追加料金なしで利用可能
  • ドコモの家族割カウント対象
    • 従来プラン→ahamoへの通話が無料
    • みんなドコモ割の割引率がアップ
  • dカード契約特典が付いてくる
    • データ増量:dカード+1GB、dカード GOLD+5GB(2021年9月提供予定)
    • dカード ゴールドの利用額10%還元(2021年3月26日(金)予定)
  • 先行エントリーで最大6,000ポイント還元
■デメリット
  • 5分通話定額は強制的に付いてくる
  • 20歳未満は契約できない(家族が契約)
  • 留守番電話サービスが使えない
  • サポートは専用チャットのみ

ahamoのプランは、20GBのデータ容量と通話定額込みで税込2,970円と非常に安い価格で提供します。

他社とは異なり、海外82の国・地域で追加料金無しで利用できます。

さらに、ドコモの家族割引のカウント対象に含まれているため、従来プランからahamoへの通話が無料になったり、みんなドコモ割の割引率がアップします。

また、dカードを持っている人はデータ容量がアップします。dカードゴールドなら+5GBも増量されて、利用額の10%がポイント還元されます。

セット販売の端末も用意されており、少し前のハイエンドモデルがお値打ち価格で購入できます。

人気のiPhone、Galaxy、Xperiaのラインナップもあり、端末とセットで契約したい方におすすめです。

povoの特徴

■メリット
  • 月間20GBで月額2,728円
  • 通話定額は別オプションとして追加可能
  • 1日200円でデータ使い放題が申し込める(テザリングも無制限)
  • かえトクプログラムの割賦残債も継続して利用可能
  • auかんたん決済に対応
  • 各種手数料が一切発生しない
  • eSIMに対応予定(時期未定)
  • 先行エントリーで3,000ポイント還元
■デメリット
  • 端末のセット販売がない
  • サポートは専用チャットのみ
  • 5G対応は2021年夏から対応予定
  • auの契約期間は引き継がれない
  • 家族割プラスのカウントが期間限定(2021年夏まで)

povoのプランは、月間20GBで月額2,728円です。

基本プランでは通話定額なしで、追加のトッピング(オプション)によって5分や時間無制限の通話定額を付けられます。

通話定額以外にも、1日220円で1日データ通信使い放題(テザリングも無制限)が利用できたり、キャリア決済などが利用できるメリットがあります。

現在auやUQモバイルを利用中の方は、かえトクプログラムが継続利用できたり、乗り換えに関する費用が一切発生しないので、気軽にpovoに移行できます。

LINEMOの特徴

■メリット
  • 月間20GBで月額2,728円
  • キャンペーンで通話定額が1年間月額550円引き
    →5分かけ放題は1年無料、時間無制限は月額1,100円に
  • オンライン本人確認「eKYC」に対応
  • eSIMに対応
  • LINEのトーク、音声通話、ビデオ通話がカウントフリー
  • LINEクリエイタースタンプが使い放題(通常は月額240円)
  • LINEから申し込み→最短即日で開通する
  • 先行エントリーで3,000還元
■デメリット
  • 時間帯により速度制御がされる
  • 海外ローミングは追加料金が発生

LINEMOのプランは、povoと同じく月間20GBのデータ容量で月額2,728円。

今ならキャンペーンにより、5分通話定額が1年間無料(時間無制限は月額1,100円)で利用できます。

LINEとの連携に優れており、LINEアプリから申し込みやサポートが受けられたり、LINEの通話・トークなどの主要機能のデータ消費ゼロで利用できるメリットがあります。

さらに、通常240円掛かる「LINEクリエイタースタンプ」が無料で使い放題になる特典も付いてきます。

eSIMの対応やオンライン本人確認(eKYC)に対応し、申込みから本人確認までスムーズに行えて即開通手続きが行えるようになるらしいです。

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT VI)の特徴

■メリット
  • 2021年4月7日(水)まで月額料金0円
  • 1年経過後も1GB未満ならずっと0円
  • Rakuten Linkの使用で国内通話も無料
  • 楽天回線なら月額データ容量無制限で使える
  • 各種手数料が一切発生しない
  • 楽天市場のSPUが+1倍になる
  • キャリア決済で支払額の10%分ポイント還元される
  • 実店舗でサポートが受けられる
■デメリット
  • 楽天回線エリアが狭い&実際に繋がらない
  • auローミングでの通信は月間5GBまで
  • auローミングのエリアが徐々に縮小されている
  • 高速通信オフの状態でも通信量としてカウントされる

楽天モバイルのプランは、データ使用量に応じて4段階で料金が変動します。

キャンペーンにより申し込みから1年間は無料(2021年4月7日(水)まで)になり、1年経過後も1GB未満ならずっと0円で使えます。

1GBを超えると3GBまで1,078円、3GB~20GBまでは税込2,178円、20GB経過後は税込3,278円で使い放題です。

楽天回線エリアなら月間データ容量無制限になり、1日10GBの通信を超えると速度制限に掛かります。

auローミングエリアなら月間5GBまで、超過後は最大1Mbpsで通信が可能です。

初期費用や解約の手数料も0円、国内通話も「Rakuten Link」の使用で0円と大盤振る舞いです。

今申し込むなら初期費用・月額料金ともに0円の楽天モバイルを契約しない理由が見当たりません。

ただし、楽天回線エリアに期待するのはもう少し先になりそうです。

メイン回線をMNPで乗り換えるのではなく、追加で新規契約してサブ回線として利用することをオススメします。

オンライン専用ブランドの注意点

各社に共通している「オンライン専用ブランド」特有の注意点は下記の通り。

■注意点
  • 申し込みやサポートがオンラインのみ
    • ネットに疎い人だと申し込みのハードルが高い
    • スマホが壊れたら修理申し込みなどに時間が掛かる
  • キャリア決済に非対応。加入サービスが強制解約されてしまう
  • キャリアメールが使えない
  • 大手キャリアの割引や特典が使えない
  • データ容量が1つのみ。余ったデータ容量のシェアも出来ない。

申し込みやサポートがオンラインのみ

まず気をつけておきたいのは、オンライン専用ブランドのため店舗での申し込みやサポートが受けられないところ。

サポートが必要な方は、無難に大手キャリアを使っていたほうが安心です。

ネットを普段から使っていて、自分でプラン変更などが行える方であれば、特に問題なく乗り換えできると思います。

キャリアメール・キャリア決済・割引などに非対応

オンライン専用ブランドは、キャリアメールやキャリア決済(auは一部)には対応しておりません。

家族割引や光回線とのセット割も使えなくなります。

これらのサービスを利用している方は、乗り換える前にあらかじめ代替手段を用意しておく必要があります。

プランが1つしか選べない

3社ともに現時点では月間データ容量20GBプランのみ(楽天モバイルは4段階性プラン)しかありません。

普段は自宅もWi-Fiで通信している方はデータ容量が余っていまう可能性があります。

逆に、自宅にWi-Fi環境がなくて月に数十ギガを消費している方は、物足りなさを感じるかもしれません。

まとめ:安くて大容量のオンライン専用ブランドは多くの人にオススメ!

オンライン専用ブランドの「ahamo」「povo」「LINEMO」と、今話題の「楽天モバイル」の4つを比較してみました。

大枠は大体同じでも、細かいサービスや付加価値で微妙に異なる事がわかりました。

人によってお得に感じるポイントが変わってくるため、これらの特徴を見て自分にあったプランを選んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する