Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

2022年に購入したガジェット・カメラ用品まとめ。欲望に忠実に散財を繰り返す日々でした

毎年恒例となった2022年に購入したガジェットやカメラ用品を振り返ります。

今年は欲望に忠実に欲しい物を買い漁り、ブログを書かずに終わっている商品もたくさんありました。来年こそは節約して貯金しないと…。

スポンサーリンク

FUJIFILM XF35mm F1.4 R:Xマウントで人気の神レンズ

ブログで紹介できていないレンズ「XF35mm F1.4 R」を今年2月に買ってました。

XF35mm F1.4 Rは、富士フイルムのXマウントで一番人気の神レンズと呼ばれる単焦点レンズです。35mm換算53mmの標準域で柔らかい描写や美しいボケで定評があります。

このレンズでポートレートを撮るとなんとも言えない優しい雰囲気になります。全群繰り出し方式のため、フォーカスを合わせるたびにジーコジーコ鳴るのはご愛嬌。

同じ画角の「XC35mm F2」も持っていますが、そちらはシャープな描写で似て非なるものでした。今のところ売却はせずどちらも併用して使っています。

FUJIFILM XF60mm F2.4 R macro:軽量コンパクトな中望遠マクロレンズ

FUJIFILMのXマウント初期からある中望遠マクロレンズを購入しました。購入は2021年末ですがレビューしたのが今年なので許して。

神レンズと名高い「XF35mm F1.4 R」と併用しており、中望遠特有の圧縮効果や柔らかいボケがポートレートにも最適です。(あまりポートレートを撮る機会はない)

中望遠の中では軽量コンパクトで取り回しやすく、0.5倍のハーフマクロで近接撮影も美しく撮影できます。マクロ域だとピントが合いにくいのが玉にキズ。

DJI Action 2:バッテリー着脱式のアクションカム

DJIから出た分離式のアクションカメラ「DJI Action 2」を購入しました。

バッテリーやアクセサリーをマグネットで固定するコンセプト自体は面白いですが、本体の発熱がすごくて長時間撮影には向いていません。今買うとしたら発熱しにくい「DJI Action 3」のほうがいいと思います。

旅行やお出かけで数回持ち出したものの、個人的にはジンバル付きカメラの「DJI Pocket 2」のほうが扱いやすいと感じてしまいました。

Xperia 5 III(A103SO):ソフトバンクで2年間24円でレンタル

今年2月にXperia 5 III(A103SO)を契約しました。今までは本体を一括購入してきましたが、今回は新トクするサポートを使って「2年間24円」という契約で申し込みました。

ワイモバイルからの番号移行を使って申し込んだので、契約事務手数料が0円、契約から1年間は3,080円の割引が効いてお得に乗り換えできました。

端末自体のレビューは書きそびれましたが、Snapdragon 888の発熱が想像以上に酷かったです。パフォーマンスを長時間維持できず動作がもっさりしてしまうため、早めにGalaxy Z Fold4に買い替えました。

Velbon ドリーポッド DP-83S:キャスター付きの万能な一脚

物撮りがもっと便利になるキャスター付き一脚「Velbon ドリーポッド DP-83S」を購入しました。以前から人気商品で存在走っていましたが、価格が高くてなかなか手が出せずにいました。

値上げ前に2万円台で購入したのですが、現在は4万円台とかまで跳ね上がってますね…。実際に使ってみると高さの調整や位置の移動がものすごく楽になって便利でしたが、価格が高いので万人にはおすすめできません。

日頃から物撮りを頻繁に行うブロガーやYouTuberの方には、ものすごく助かるアイテムであることは間違いありません。

RICOH GR3x:APS-Cセンサー搭載の単焦点コンデジ

コンパクトでAPS-Cセンサーを搭載した「RICOH GR3x」を購入しました。

ミラーレスを持ち運ぶほどでもないけど、スマホで撮るには味気ないときに持っていく使い方でしたが、撮影のハードルを極限まで下げてくれる理想のスナップシューターでした。

片手で扱えるコンパクトなサイズと重量、片手操作に特化した操作性、タッチパネルの動作など撮ることに集中できる作りはとても良かったです。飲み会などのテーブルフォトでもさっと撮影できて便利でした。

バッテリー持ちが悪かったり、ディスプレイ固定式でファインダー非搭載など割り切った仕様のため、万人におすすめできるカメラではありません。

SIGMA 18-50mm F2.8 DC DN:コンパクトでF2.8通しズームレンズ

SIGMAの軽量コンパクトなF2.8通しの万能ズームレンズを予約購入しました。予約開始日にすぐポチったのに、沖縄という物理的距離から発売日よりも後に届いたのは未だに納得がいかないですが、製品自体はとても満足しています。

今まで持っていたXマウントの中でも「寄れる」「F値が低い」「軽量コンパクト」「安い」が揃ったレンズで、普段はこのレンズをつけっぱなしで運用しています。

弱点はレンズ内手ぶれ補正が付いていないことですが、私が使っているX-S10に5軸手ブレ補正があるので問題ありません。

18-50mm F2.8 DC DN 富士フィルムXマウント用

18-50mm F2.8 DC DN 富士フィルムXマウント用

60,000円(02/06 09:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

Galaxy Z Fold4:弱点を克服した全部入りフォルダブルスマホ

サムスンの折りたたみスマホ「Galaxy Z Fold4」を購入しました。正直最初は買うつもりなかったのですが、中古品が相場よりも安く売っていたのが悪いんです。

実際に使ってみてスマホの使い方が一気に変わりました。閉じた状態は普通のスマホとして使えて、開くと7.6インチのミニタブレットとして使い分けできるのが便利すぎます。特に旅行中に動画を観たり、地図で調べ物をするときに重宝しました。

詳しくはレビュー記事を見てほしいんですが、新品で25万というぶっ飛んだ価格と、スマホ1.5台分の厚み・重量を許容できるかで評価が分かれる一台です。

Galaxy Z Fold4 5G | 256GB Phantom Black SIMフリー [並行輸入品]

Galaxy Z Fold4 5G | 256GB Phantom Black SIMフリー [並行輸入品]

164,000円(02/06 23:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ

こうして記事にして振り返るといかに散財してきたか分かります…。計算したら恐ろしくなってきた(今更すぎる)

購入してもレビューしていない商品がいくつかあり、せっかく買ったのに旬を逃してしまったのが後悔しています。来年こそはちゃんとアウトプットして、要らないものは売っていく所存です。

今年も一年お世話になりました。来年もクリエイタークリップをよろしくお願いします。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する