Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

【東京・銀座】「ザ・スクエアホテル銀座」宿泊レポート:お手頃価格で泊まれる大浴場付きのデザイナーズホテル

2022年12月に東京旅行へ行ったときに「ザ・スクエアホテル銀座」に宿泊しました。

全国旅行支援を使って泊まったため、宿泊費は土曜日で2名1室 9,588円(朝食付き)と比較的安く泊まれました。

ザ・スクエアホテル銀座は、観光で訪れた人と地域の人々がおなじ空間と時間を共有できる「街のスクエア」をコンセプトとしたデザイナーズホテル。

1階にはカフェ・バーを併設し、ジム(要予約)や大浴場もある素敵なホテルだったのでご紹介します。

スポンサーリンク

ザ・スクエアホテル銀座のアクセス

ザ・スクエアホテル銀座は、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 11番出口より徒歩1分の場所にある好立地なホテルです。

東銀座なので銀座駅からやや歩くものの、周辺には飲食店や飲み屋、コンビニやカフェなど何でもあります。

専用の駐車場はありません。周辺のコインパーキングに止めるか、地下鉄などを使って来たほうがいいと思います。

ザ・スクエアホテル銀座
モダンスタイルの大浴場とカフェ&バーBUNDOZA併設☆地下鉄「銀座一丁目」11番出口より徒歩1分♪
7,200円~
楽天トラベルで予約する
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-6
最寄り駅 ■「銀座一丁目」駅11番出口(7:00~22:00)徒歩1分■「東銀座」駅A2出口徒歩5分■「有楽町」駅京橋口徒歩8分
電話番号 03-3544-6811
評価 4.2

ザ・スクエアホテル銀座の外観

ホテルの入り口は大きなガラス張りになっていて、右手には「BUNDOZA」というカフェ・バーが併設されています。

見るからにオシャレな空間で「ここほんとにホテル?」と疑ってしまうほど。

ホテルに入った瞬間からオシャレな空間が広がっていました。

大きな絵画が飾られていたり、シックで落ち着いたカラーでまとめられたインテリアが並び、こんな場所に私が居ていいのか不安になります。

奥に進むとフロントが見えてきました。チェックインは15時から、チェックアウトは翌日11時までです。

事前にオンラインチェックインをしていたので、手続き無しでスムーズに入れるはずがうまくいかず…。結局、通常通りの手続きが必要に。

チェックインは奥にある端末で自分で行う形式でしたが、コロナの体調チェックのためのシートを記入したり、女性用の大浴場へ入るキーは対面で渡されました。

荷物を預ける場合はフロント横のスペースに置いておきます。

フロント横には、アメニティの入った棚が置いています。

■フロントのアメニティ
  • 歯ブラシ
  • 剃刀
  • ヘアブラシ
  • コットン
  • 綿棒
  • スキンケアセット(クレンジング、洗顔、化粧水、乳液)

エレベーター横には銀座周辺の地図があります。

エレベーターのある場所には大きな絵が描かれていました。

最上位のプレミアツインの部屋に宿泊

今回は10階にある最上位のお部屋「プレミアツイン」に宿泊しました。エレベーターを降りると、階数を示す写真に昔の銀座の風景が写っています。

モノトーンで統一された上品な廊下を渡って、カードキーでお部屋の中に入ります。

1,100mmのベッドが2つ、その横にベッドにもなる大型のソファがあります。お部屋の広さは約26㎡とかなり広々としています。

こんなオシャレな空間で一人暮らししてみたかった…。

広さ 約26㎡
ベッドサイズ 1,100mm×2台
ソファベッド 1,000mm×1台

眺望はなかなか良かったです。大通りに面しているので車の走行音などは聞こえてきますが、想像していたよりは静かでした。

ベッドの寝心地はやや固め。柔らかすぎると腰が痛くなるので個人的には好みでした。

ソファー横に小さめのデスクがあるだけなので、デスクで作業をするよりもゆったり寛ぐ空間です。ここに来たら仕事のことは一旦忘れましょう。

ベッドの向かいに大型のテレビが壁掛けされています。ベッドボードに間接照明があって、めちゃくちゃオシャレです。

それに加えて、YouTube視聴やスマホのミラーリングができる優秀なタイプでした。

枕元にコンセントとUSBポートがあるのが有り難い。寝ながらスマホを弄るのに最適です。

ベッドにはコンセントやUSBポートのほか、照明などを操作できるタブレットが備えつけられています。

客室にあるタブレットから大浴場の混雑具合がわかるので、お風呂に行くタイミングが判断しやすいのが良かったです。

ベッドの逆側にはスーツケースを広げられるスペース。卓上にはコンセントが左右に2つずつ付いています。

冷蔵庫にはミネラルウォーターを完備。その横には電気ケトルとマグカップが置かれていました。

入り口の横には荷物置きや消臭スプレー、ハンガーが掛けられています。

プレミアツインのお部屋はバス・トイレ・洗面台が別になっています。

今回は大浴場を利用しましたが、お風呂場も綺麗だったのでシャワーだけでも十分満足できそう。

シャンプーやコンディショナー、ボディーソープは、ホテルのロゴ入りのものが備え付けられています。

洗面台に置かれているハンドソープはPOLA製。洗面台下の棚にはバスタオルとハンドタオルが2セットずつ置かれています。

お風呂場と洗面台は隣同士ですが、お手洗いだけなぜか入口側にあるため、手を洗うために部屋を横切る必要があります。

大浴場で旅の疲れを癒やす

2階には大浴場も完備。男女別に分かれているので、営業時間内ならいつでも入ることが出来ます。

女湯はチェックイン時に渡されるカードキーが必要になります。

場所 2階
営業時間 15:00-26:00
6:00-10:00
利用料金 無料(宿泊者専用)

洗い場は4席しかなく小さめのお風呂でしたが、深夜に利用したため利用客もそれほど多くなかったです。

お風呂は39~40℃くらいのちょうど良い温度で、つい長風呂してしまいました。

脱衣所にはウォーターサーバーがあったり、ダイソンのドライヤーなど利用者のことをよく考えられています。

同じフロアにコインランドリーも3台完備。

コインを入れたら自動で乾燥までやってくれるタイプで、洗濯後に乾燥機へ移し替えなくていいのが便利です。

その他にも自動販売機と製氷機、電子レンジもありました。近くでお弁当を買って部屋で食べても良さそう。

併設されたカフェ・バーでビュッフェスタイルの朝食をいただく

朝食は併設されたカフェ・バーのスペースでいただきます。

今回は下のカフェ・バーを利用しましたが、お部屋に持っていって食べることもできます。

営業時間は朝7時~10時30分まで。

利用料金は1,815円(未就学児は無料)と銀座価格でしたが、せっかくここまで来たので利用してみることに。

営業時間 朝7時~10時30分
料金 1,815円(未就学児は無料)

朝食の開始時間直後に来てみると、利用客は2~3名だけでした。店員さんに朝食券を渡すとメニュー内容などを案内されました。

パンは3種類。アラジンのトースターがあるので温めてからいただきました。

「新鮮なフルーツを丸ごと愉しめる朝食ビュッフェ」として提供しており、ウェブサイトの写真通りフルーツが丸々どーんと置かれていました。

自分で皮を剥くのが面倒なのか、あまり取られていない様子。

横にはヨーグルトにかけるはちみつが置かれています。国産天然100%のはちみつなんだとか。

パンやサラダ、グラノーラを中心に、ヘルシーで健康に良さそうなメニューが並びます。

ドリンクはコーヒーや紅茶、ジュースなどが選べました。

パンやサラダ、グラノーラ入りのヨーグルト、ゆで玉子、クリームチーズ、バナナを取ってきました。

少食の方ならこの量でも足りると思いますが、朝からガッツリ食べる人には物足りなさを感じるかもしれません。

何度かパンやサラダをおかわりしつつ完食しました。

まとめ

ザ・スクエアホテル銀座は、館内すべてがスタイリッシュでオシャレで快適な空間でした。

都心のホテルなのに、大浴場やフィットネスジムがあり、お部屋の広さや設備も想像以上に良かったです。

価格もビジネスホテルよりやや高いくらいで、一人旅でのんびり過ごすにも最適です。カップルのデートで利用したり、非日常な体験をしたい方にオススメのホテルです。

ザ・スクエアホテル銀座
モダンスタイルの大浴場とカフェ&バーBUNDOZA併設☆地下鉄「銀座一丁目」11番出口より徒歩1分♪
7,200円~
楽天トラベルで予約する
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座2-11-6
最寄り駅 ■「銀座一丁目」駅11番出口(7:00~22:00)徒歩1分■「東銀座」駅A2出口徒歩5分■「有楽町」駅京橋口徒歩8分
電話番号 03-3544-6811
評価 4.2

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する