Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

コンパクトで打ちやすいBluetoothキーボード「ELECOM 9nove TK-FBP069BK」フォトレビュー

先日誕生日プレゼントとして頂いたBluetoothキーボード「 ELECOM 9nove TK-FBP069BK」を早速レビューしていきたいと思います。

スポンサードリンク

いざ、開封の儀

  • wpid-img_20140807_181850.jpg
  • wpid-img_20140807_181913.jpg

鮮やかな青が印象的な箱は結構しっかりとしています。タブレットスタンド内蔵を売りにした商品を売り文句にしています。

  • wpid-img_20140807_175654.jpg
  • wpid-img_20140807_175726.jpg

裏面はこのように説明書きが書かれています。

wpid-img_20140807_175800.jpg

箱から出すと今度はダンボールの箱が出てきました。こういう箱を開けるのが楽しいことを分かってますね。

wpid-img_20140807_180657.jpg

開けるとビニールで包まれたキーボード本体が現れます。

コンパクトで薄くて軽いモバイル向きのキーボード

wpid-img_20140806_233049.jpg

第一印象は「思ったよりコンパクト」だと思いました。モバイル向けのキーボードなので気軽に持ち運べるサイズなのは嬉しいところ。

wpid-img_20140807_181543.jpg

キーボードの下側はMacのワイヤレスキーボードくらいの薄さで(写真だと分かりづらいですね><)キーのストロークも似ていてパチパチといった音がします。
キーを押した感じは軽いのにしっかりと反発してくれて、リズミカルにタイピングすることができます。

wpid-img_20140807_181141.jpg

wpid-img_20140807_181212.jpg

ポケモンキーボードと比較してみました。上がポケモンキーボードで下がTK-FBP069BKです。

wpid-img_20140807_181410.jpg

キーボードのベゼルが狭いためF1〜F12キーや変換・無変換キーなどがあってもポケモンキーボードよりも小さいです。一部キーは小さくなっているものの、よく使うキーはノートパソコン並みの大きさがありとても快適にタイピングを行えます。

wpid-img_20140807_181349.jpg

あえて残念なところを上げるならShiftキーの位置が↑キーの左側にあって特殊な配置になっていることです。慣れれば問題ないと思いますが、方向キーとよく押し間違えてしまいます…。

wpid-img_20140807_180822.jpg

キーボードの裏面はこのようになっております。上から下にかけて薄くなっております。

wpid-img_20140807_180942.jpg

左側には電源のON/OFFとペアリングキーが付いていました。小さくて少々押しづらいので指先で押す感じです。

wpid-img_20140807_180851.jpg

右側に電池を入れるところがあります。このキーボードの重さは電池抜きで約197g、単4電池2本を入れても約220gとすごく軽いです。
あれだけ軽いと言われているポケモンキーボードでさえ単3電池込みで約260gです。スタンドが付いているのにこの薄さ・軽さは驚きです。

キーボード本体に付いているスタンドが便利!

wpid-img_20140807_181024.jpg

キーボードの裏面にはスタンドが付いており、使いたいときにサッと取り出してすぐにキーボードを使うことができて便利です。

スタンドの使い方を紹介している動画があったのでご紹介いたします。※転載に問題があればお手数ですがご連絡ください。

wpid-img_20140807_181052.jpg

キーボード裏に付いているスタンドを起こしてセットします。角度は3段階まで調整できますが、ちょっと角度が急なので高さが低いテーブルなどでは画面が見づらいかもしれません。

wpid-140457233507201.jpg.jpeg

ポケモンキーボードにもスタンドは付いておりましたが、10インチのタブレットを置くと画面がぐらついて倒れやすく後ろに支えを置いて使用しておりました。

このキーボードのスタンドはしっかりとタブレットを支えてくれます。無理するとすぐに壊してしまいそうなので今も補助的に後ろに支えは使用しています。

キーボードの印字通りに打てない時は

もしもキーボードの印字通りに打てない時は、ELECOMが提供しているELECOM Keyboard layoutをインストールすると正常に動作します。

ただし一部アプリはこのアプリを使用しても配列がおかしいことがあったので、アップデートで改善されることを願います。

ELECOM Keyboard layout 1.2
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

ELECOM|ELECOM Keyboard layout

さらにFn+Tabキーを押すたびにWindowsモードとAndroidモードに切り替わり、AndroidモードではWindowsキーがホームキーに、無変換キーが検索キー、変換キーがバックキーになりました。
適当に押していたらF11キーがタスクキーになっていることも分かりました。

商品仕様

接続方式Bluetooth®無線方式
インターフェイスBluetooth®
対応機種Bluetooth®HIDプロファイルに対応したWindows PC/Android OS搭載機、PlayStation(R)
対応OSWindows 8~8.1、Windows 7(SP1)、Windows Vista(SP2)、Windows XP(SP3)/Android OS 4.1以降/PlayStation(R)3 システムソフトウェア バーション4.53以降
通信方式GFSK方式
電波周波数2.4GHz
電波到達距離磁性体(鉄の机など)の上で使用する場合:3m、非磁性体(木の机など)の上で使用する場合:10m ※ELECOMテスト値
キータイプパンタグラフ
キー配列86キー(日本語配列)
キーピッチ17.5mm
キーストローク2.0mm
ホットキー数6キー
電源(キーボード本体)単4形アルカリ乾電池、単4形マンガン乾電池、単4形ニッケル水素2次電池のいずれか2本
想定電池使用期間アルカリ乾電池使用時の目安 約4カ月 ※ELECOMテスト値
外形寸法(キーボード本体)幅 259.5mm×奥行 102.5mm×高さ 21.0mm(置き台除く)
質量(キーボード本体)約197g(電池除く)
付属品ユーザーズマニュアル×1、動作確認用単4形アルカリ乾電池×2
保証期間6カ月
対応プロファイルHID(Human Interface Device)
その他適合規格:Bluetooth 3.0 Class2

まとめ

気になるお値段はAmazonで¥3,999でした。高額なプレゼントを送って頂き本当にありがとうございました。これでモブログの更新が捗ります!

コンパクトで打ちやすいキーボードが欲しい方に是非試して欲しいキーボードです。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する