Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

Android端末のみでWordPressのローカル環境を構築する

タイトルの通りですが、今回は「Android端末のみでWordPressのローカル環境を構築」してみようと思います。

スポンサードリンク

今まで本番サーバーでブログ管理をしていた

元々このブログは、AndroidスマートフォンでWordPressのブログを立ち上げました。

今までPCのようにローカルで作業出来るとは思っていなかったので、ずっと管理画面から本番サーバーのファイルを直接弄っておりました。(もちろんバックアップは取ってますが…。)

それだと間違えて余計なところを触ったり、消してしまったりするとページが真っ白になり、管理画面にさえアクセスできなくなってしまいます。ブログを見てくれる方にも迷惑を掛けてしまうので、出来ればやりたくない。

「やっぱりローカル環境があった方が自由に弄れるし、どうにかしてAndroid端末でWordPressのローカル環境を構築できないかな〜。」と思い、ググってみるとありました。

同じようなことを考える人は居るんですね…。今回はこちらの方法で試してみることにしました。

Androidアプリでテストサーバーを立ち上げる

WordPressにはPHPとMySQLが使えるWEBサーバーが条件となっており、Windowsでは「XMAPP」Macでは「MAMP」などを使ってローカル環境を構築します。

Androidの場合は「KSWEB: server + PHP + MySQL 3.11」というアプリを使用してローカル環境が構築できるようです。

KSWEB: server + PHP + MySQL 3.11
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

このアプリは5日間の無料期間があり、税込429円の有料アプリです。

税込み258円のこちらのアプリもありますが、アップデート後に起動しなくなったというレビューもありちょっと不安…。別の端末で試して後日レビューしてみようと思います。

Bit Web Server (PHP,MySQL,PMA) 2.1.26
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

KSWEB: serverをインストール後にアプリを起動し、表示されたURLにアクセスするとテストサーバーとして機能しておりました。こいつはすげぇ!

wpid-img_20140927_162135.jpg

wpid-img_20140927_163000.jpg

phpMyAdminからデータベースを作成

続いてはphpMyAdminにログインし、WordPressで使用するデータベースを作成します。

phpMyAdmin(ピーエイチピーマイアドミン)はMySQLサーバーをウェブブラウザで管理するためのデータベース接続クライアントツールで、PHPで実装されている。 phpMyAdminを用いることで、SQL文を記述することなく、MySQLのデータベースに対して様々な操作が行える。 また、ユーザが任意のSQL文を記述して実行することもできる。

引用元:phpMyAdmin – Wikipedia

phpMyAdminとはMySQLサーバーにデータベースを作成するときにSQL文というコードを入力しないといけないものを、ブラウザ上で直感的に扱えるようにしたものです。

初期設定では使用できないため「TOOL」から「phpMyAdmin」を選択します。初回はphpMyAdminを使えるようにする設定を自動で行ってくれます。

wpid-img_20140927_171731.jpg

再度「phpMyAdmin」をタップするとブラウザが起動し、ログイン画面に遷移します。

wpid-img_20140927_165833.jpg

ユーザー名に「root」、パスワード名を空欄にして実行を押します。

ログインして上部のタブから「データベース」を選択し、「データベースを作成する」の入力欄にwordpressと入力してWordPressで使用するデータベースを作成します。

wpid-img_20140927_171725.jpg

これでデータベースの作成は完了です。

WordPressをインストール・初期設定

wpid-img_20140927_162553.jpg

続いてはWordPress › 日本語からWordPress本体をダウンロードします。

下記の「Download WordPress 4.0」というボタンを押すとzipファイルのダウンロードが始まります。

wpid-img_20140927_171738.jpg

インストールが完了したらファイラーを起動し、zipファイルを解凍します。

wpid-img_20140927_162652.jpg

解凍したファイル一式を「htdocs」に移動します。
フォルダ階層はデバイスによって異なると思うので、検索などを使用して探してください。

wpid-img_20140927_162822.jpg

wpid-img_20140927_162904.jpg

ファイル一式を移動したら、ブラウザに「localhost:8080/wordpress/」と入力してWordPressの設定画面に遷移します。

ここまで来たら後は指示に従って設定するだけです。最初は言語を選択します。

wpid-img_20140927_163127.jpg

次にデータベース名・ユーザー名・パスワード・データベースのホスト名・テーブル接頭辞を設定します。

wpid-img_20140927_164342.jpg

デフォルトの場合は以下の情報を入力します。

データベース名wordpress
ユーザー名root
パスワード(空欄)
データベースのホスト名localhost
テーブル接頭辞wp_

次の画面でインストールは無事完了しました。というメッセージが表示されておりますが、その上にはPHPの警告文が…。

wpid-img_20140927_164435.jpg

Warning: chmod(): Operation not permitted in /storage/spcard0/htdocs/wordpress/wp-admin/setup-config.php on line 332

何やらパーミッションの問題らしいのですが、ググっても良く分からず…。
分かる方が居たら教えていただきたいです。

とりあえずインストール実行で進んでみます。

何事もなかったように必要事項の入力画面が出てきました。サイト名・ユーザ名・パスワード・メールアドレス・プライバシーの設定をして「WordPressをインストール」を押します。

wpid-img_20140927_165550.jpg

無事に「成功しました!」と表示されました。キャプチャでは隠しておりますが、ユーザー名のみ表示されています。

wpid-img_20140927_170112.jpg

ログインボタンを押すと見慣れたログインフォームが出てきました。先ほど登録したユーザー名とパスワードを入力してログインします。

wpid-img_20140927_170453.jpg

ログインが完了するとWordPressの管理画面が表示されます。ブログも問題なく表示されています。

  • wpid-img_20140927_170728.jpg
  • wpid-img_20140927_170759.jpg

ここまででAndroid端末でWordPressローカル環境の構築は完了です。後は自分の好きなようにカスタマイズしてみましょう。

まとめ

Androidは「やろうと思えば何でも出来る」って改めて感じました。

でもやっぱりPCのほうがずっと作業しやすいので、私のように「Android端末だけでブログを運営したい」と思う人ではない限り面倒くさすぎてやらないと思います。

こういうのは「Androidでもこんなことが出来るんだ!」ということを楽しむのであって、効率の悪さとかは考えないでください()

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する