Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

格安SIM(MVNO)20回線の通信速度比較 2023年1月版 楽天モバイルの速度低下が回復せず。その他はいつも通りの結果に

格安SIMは月額料金が安い代わりに、大手キャリアと比べて通信速度が遅いと言われています。

ひとことで格安SIMと言っても、様々な事業者が多彩なプランを展開しているため、人によっておすすめできる会社は変わってきます。

筆者は主要な格安SIMを個人で契約し、月に1回実機でスピードテストアプリを使って通信速度を比較しています。手動での計測となるため正確なデータとは言い難いですが、一つの参考までに見てもらえると嬉しいです。

2023年1月は、大手キャリアのオンライン専用ブランドのahamopovo2.0LINEMOを含む合計20回線の通信速度を比較しました。格安SIM選びの参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

測定環境・条件

格安SIMでは測定する環境・条件によって大きく速度が異なります。

測定端末や測定時間が完全に同一ではなく、あくまでも私が測定した環境での結果なので参考程度に見てください。

あえて混雑しやすい時間帯を選んで測定しているので「混雑時にどれだけ通信速度を保てているか」を見てもらえると、MVNOの信頼度や通信速度の安定感がより分かってくると思います。

測定条件
測定場所 沖縄県 那覇市周辺
測定時間帯 8時~9時、12時~13時、19時~20時
測定方法 Speedtest.netで速度を3回測定。平均値を値とする。 5GMarkで完全テスト(Full Test)を1度行い、動画やウェブサイト閲覧の制限を確認する。
測定端末 AQUOS sense 3 basic SHV48×19台
測定回線
  • ahamo
  • povo2.0
  • UQ mobile
  • LINEMO
  • 楽天モバイル
  • ワイモバイル
  • IIJmio(Dプラン/Aプラン)
  • mineo(Dプラン/Aプラン/Sプラン)
  • NUROモバイル(Dプラン/Aプラン/Sプラン)
  • b-mobile S 190PadSIM
  • OCNモバイルONE
  • Linksmate
  • エキサイトモバイル
  • BIGLOBE(Dプラン/Aプラン)

格安SIMは混雑時に速度が落ちやすくなりますが、大手キャリアは自社の通信設備を使ってサービス展開をしているので速度が落ちにくいのが特徴です。

どれだけ速度に違いがあるか注目しつつ、結果をチェックしてみて下さい。

計測アプリは「Speedtest.net」と「5GMark」を使用

測定に使用するアプリは「Speedtest.net」と「5GMark」の2種類を使用します。

Speedtest.netは、多くの利用者がいるメジャーな測定アプリですが、このアプリのみ速度が出て体感だと遅い会社が出てきました。

そこで、YouTube動画の再生やウェブサイトの読み込み速度を数値化してくれる5GMarkというアプリも一緒に計測しています。

完全テスト(Full Test)は通信量が多いため、朝・昼・晩それぞれ1回ずつの測定にしています。

前回からの変更点

特になし

前回の測定結果はこちら。

過去の測定アーカイブはこちら。

朝8時~9時での測定結果

下り速度 8時~9時台
UQ mobile
176.64Mbps
povo2.0
175.45Mbps
mineo Aプラン
109.01Mbps
IIJmio Aプラン
88.86Mbps
NUROモバイル Aプラン
84.41Mbps
エキサイトモバイル
70.38Mbps
mineo Dプラン
63.36Mbps
mineo Sプラン
57.31Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
52.24Mbps
ahamo
48.73Mbps
OCNモバイルONE
48.25Mbps
IIJmio Dプラン
41.21Mbps
NUROモバイル Sプラン
38.52Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
38.29Mbps
NUROモバイル Dプラン
37.7Mbps
LinksMate
34.4Mbps
LINEMO
33.5Mbps
ワイモバイル
30.24Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
16.19Mbps
楽天モバイル
7.86Mbps

上り速度 8時~9時台
NUROモバイル Aプラン
93.56Mbps
mineo Dプラン
22.67Mbps
mineo Sプラン
21.93Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
21Mbps
ワイモバイル
20.76Mbps
ahamo
18.41Mbps
LINEMO
17.29Mbps
NUROモバイル Sプラン
16.61Mbps
NUROモバイル Dプラン
14.62Mbps
OCNモバイルONE
14.03Mbps
エキサイトモバイル
11.72Mbps
LinksMate
11.52Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
11.04Mbps
mineo Aプラン
10.61Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
10.52Mbps
povo2.0
8.91Mbps
IIJmio Dプラン
8.31Mbps
IIJmio Aプラン
8.02Mbps
UQ mobile
7.42Mbps
楽天モバイル
3.73Mbps

5GMark結果 8時~9時台
UQ mobile
77,750
IIJmio Aプラン
39,631
エキサイトモバイル
37,295
povo2.0
34,275
ahamo
32,326
OCNモバイルONE
31,172
b-mobile S 190iPadSIM
30,912
IIJmio Dプラン
22,077
ワイモバイル
21,341
NUROモバイル Aプラン
20,407
NUROモバイル Sプラン
19,882
mineo Dプラン
19,244
mineo Sプラン
19,158
NUROモバイル Dプラン
18,474
楽天モバイル
16,196
mineo Aプラン
13,060
LINEMO
9,262
BIGLOBEモバイル Aプラン
6,002
BIGLOBEモバイル Dプラン
5,211
LinksMate
628

朝の通勤ラッシュの時間帯では、au回線がトップ5を独占しています。筆者の住んでいる沖縄ではauが圧倒的に強いため、あまり参考にならないかもしれません。

ドコモ回線ではエキサイトモバイルとmineo Dプラン、ソフトバンク回線ではmineo Sプランとb-mobileが速かったです。

どの会社も全体的に速度が出ていて、読み込み時間が長いと感じることは少ないです。あまり混雑していないときだと格安SIMでも普通に使えます。

昼12時~13時の測定結果

下り速度 12時~13時台
UQ mobile
169.78Mbps
povo2.0
87.27Mbps
ahamo
45.62Mbps
ワイモバイル
42.56Mbps
LinksMate
38.27Mbps
OCNモバイルONE
32.7Mbps
LINEMO
32.64Mbps
楽天モバイル
28.6Mbps
mineo Sプラン
12.27Mbps
IIJmio Dプラン
4.69Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
2.59Mbps
NUROモバイル Sプラン
2.21Mbps
IIJmio Aプラン
2.05Mbps
mineo Aプラン
1.96Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
1.76Mbps
mineo Dプラン
1.73Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
1.32Mbps
NUROモバイル Dプラン
0.86Mbps
NUROモバイル Aプラン
0.72Mbps
エキサイトモバイル
0.36Mbps

上り速度 12時~13時台
LINEMO
19.24Mbps
NUROモバイル Sプラン
18.78Mbps
楽天モバイル
18.67Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
17.41Mbps
mineo Sプラン
15.66Mbps
mineo Dプラン
15.65Mbps
OCNモバイルONE
13.69Mbps
NUROモバイル Dプラン
13.56Mbps
ワイモバイル
12.58Mbps
LinksMate
11.57Mbps
povo2.0
10.03Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
9.17Mbps
ahamo
9.07Mbps
IIJmio Aプラン
8.85Mbps
mineo Aプラン
8.84Mbps
UQ mobile
8.17Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
6.85Mbps
IIJmio Dプラン
6.57Mbps
NUROモバイル Aプラン
6.06Mbps
エキサイトモバイル
1.1Mbps

5GMark結果 12時~13時台
UQ mobile
46,932
ahamo
28,297
ワイモバイル
26,162
povo2.0
21,456
OCNモバイルONE
15,264
LINEMO
13,046
NUROモバイル Sプラン
6,146
mineo Sプラン
5,298
楽天モバイル
4,864
NUROモバイル Dプラン
2,644
IIJmio Dプラン
2,264
NUROモバイル Aプラン
1,632
mineo Aプラン
1,215
LinksMate
1,138
b-mobile S 190iPadSIM
1,089
IIJmio Aプラン
810
mineo Dプラン
789
BIGLOBEモバイル Dプラン
511
エキサイトモバイル
376
BIGLOBEモバイル Aプラン
257

お昼のランチタイムはスマホの利用者が多くなり、格安SIMの通信速度が遅くなりやすい時間帯です。下り1Mbpsを切っていると、体感でもかなり遅いと感じると思います。

この時間帯の速度を比較することで、混雑時でも安定して使える会社を見分けることができます。

こういった混雑時では、大手キャリアのサブブランドやオンライン専用ブランドが強いです。一般的な格安SIMでは大手キャリアの回線を利用者間で分け合っていますが、大手キャリアがサービスを提供していれば安定感は段違いです。

夜19時~20時の測定結果

下り速度 19時~20時台
UQ mobile
188.4Mbps
povo2.0
184.03Mbps
IIJmio Aプラン
79.52Mbps
ワイモバイル
56.39Mbps
OCNモバイルONE
53.68Mbps
ahamo
48.41Mbps
LinksMate
47.64Mbps
LINEMO
40.09Mbps
NUROモバイル Sプラン
38.3Mbps
NUROモバイル Dプラン
36.46Mbps
IIJmio Dプラン
33.74Mbps
NUROモバイル Aプラン
32.71Mbps
mineo Aプラン
32.16Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
30.6Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
6.63Mbps
楽天モバイル
5.6Mbps
mineo Dプラン
4.7Mbps
mineo Sプラン
4.66Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
3.16Mbps
エキサイトモバイル
1.49Mbps

上り速度 19時~20時台
mineo Sプラン
28.24Mbps
NUROモバイル Sプラン
27.72Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
24.04Mbps
ワイモバイル
20.61Mbps
ahamo
16.4Mbps
LINEMO
16.26Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
15.62Mbps
NUROモバイル Dプラン
14.88Mbps
mineo Dプラン
14.08Mbps
LinksMate
13.05Mbps
mineo Aプラン
11.1Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
10.84Mbps
OCNモバイルONE
10.52Mbps
NUROモバイル Aプラン
10.16Mbps
IIJmio Dプラン
9.1Mbps
povo2.0
8.92Mbps
楽天モバイル
8.84Mbps
UQ mobile
8.79Mbps
IIJmio Aプラン
8.49Mbps
エキサイトモバイル
3.92Mbps

5GMark結果 19時~20時台
OCNモバイルONE
31,958
povo2.0
30,772
UQ mobile
23,467
LINEMO
20,513
BIGLOBEモバイル Dプラン
18,898
ワイモバイル
18,537
LinksMate
17,219
ahamo
13,908
NUROモバイル Sプラン
13,592
楽天モバイル
13,488
IIJmio Dプラン
8,910
NUROモバイル Aプラン
5,507
b-mobile S 190iPadSIM
4,646
IIJmio Aプラン
4,482
mineo Sプラン
4,189
mineo Aプラン
3,298
NUROモバイル Dプラン
3,258
mineo Dプラン
2,503
BIGLOBEモバイル Aプラン
817
エキサイトモバイル
760

朝・昼・晩の平均速度

1日の統計速度がこちら。ほぼ昼の結果次第な感じはありますが、ほぼほぼ体感速度に近い順位になっています。

下り速度 総合
UQ mobile
178.27Mbps
povo2.0
148.92Mbps
IIJmio Aプラン
56.81Mbps
mineo Aプラン
47.71Mbps
ahamo
47.59Mbps
OCNモバイルONE
44.88Mbps
ワイモバイル
43.06Mbps
LinksMate
40.1Mbps
NUROモバイル Aプラン
39.28Mbps
LINEMO
35.41Mbps
IIJmio Dプラン
26.55Mbps
NUROモバイル Sプラン
26.34Mbps
NUROモバイル Dプラン
25.01Mbps
mineo Sプラン
24.75Mbps
エキサイトモバイル
24.08Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
23.83Mbps
mineo Dプラン
23.27Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
18.91Mbps
楽天モバイル
14.02Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
8.19Mbps

上り速度 総合
NUROモバイル Aプラン
36.6Mbps
mineo Sプラン
21.94Mbps
NUROモバイル Sプラン
21.04Mbps
b-mobile S 190iPadSIM
20.82Mbps
ワイモバイル
17.98Mbps
LINEMO
17.6Mbps
mineo Dプラン
17.47Mbps
ahamo
14.63Mbps
NUROモバイル Dプラン
14.35Mbps
OCNモバイルONE
12.75Mbps
LinksMate
12.05Mbps
BIGLOBEモバイル Dプラン
11Mbps
楽天モバイル
10.41Mbps
BIGLOBEモバイル Aプラン
10.35Mbps
mineo Aプラン
10.19Mbps
povo2.0
9.29Mbps
IIJmio Aプラン
8.45Mbps
UQ mobile
8.12Mbps
IIJmio Dプラン
7.99Mbps
エキサイトモバイル
5.58Mbps

5Gmark結果 総合
UQ mobile
49,383
povo2.0
28,834
OCNモバイルONE
26,131
ahamo
24,844
ワイモバイル
22,013
IIJmio Aプラン
14,974
LINEMO
14,274
NUROモバイル Sプラン
13,207
エキサイトモバイル
12,810
b-mobile S 190iPadSIM
12,216
楽天モバイル
11,516
IIJmio Dプラン
11,084
mineo Sプラン
9,548
NUROモバイル Aプラン
9,182
BIGLOBEモバイル Dプラン
8,207
NUROモバイル Dプラン
8,125
mineo Dプラン
7,512
LinksMate
6,328
mineo Aプラン
5,858
BIGLOBEモバイル Aプラン
2,359

測定結果を踏まえた感想と今月のオススメSIM

混雑時の通信速度を重視する方は、3キャリアのオンライン専用ブランド、またはサブブランドを選んでおいたほうが無難です。

サービス開始当初こそ速くても、ユーザー数が増えるにつれて遅くなる会社をいくつも見てきました。速度重視で格安SIMを選ぶなら下記の会社がおすすめです。

■大手キャリアのオンライン専用ブランド
■大手キャリアのサブブランド
■オススメのドコモ系格安SIM

ahamo

ahamo
ping 下り 上り
朝1回目 88ms 46.61Mbps 19.89Mbps
朝2回目 88ms 51.87Mbps 15.43Mbps
朝3回目 87ms 47.71Mbps 19.91Mbps
昼1回目 88ms 44.91Mbps 5.73Mbps
昼2回目 77ms 46.47Mbps 9.8Mbps
昼3回目 79ms 45.48Mbps 11.69Mbps
夜1回目 86ms 53.1Mbps 15.81Mbps
夜2回目 87ms 47.94Mbps 14.54Mbps
夜3回目 87ms 44.19Mbps 18.84Mbps

ahamoはドコモのオンライン専用ブランド。月間20GBのデータ容量と5分通話定額がセットになったプランです。

基本的にドコモと同じ回線が利用できるので、MVNO回線と比べて多少割高でも利用する価値はあると思います。ドコモ回線の格安プランの中では通信速度が速く、お昼のランチタイムでも快適にネットを楽しめます。

ahamoの料金プラン
月額料金 2,970円 ※1
データ容量 20GB
制限時通信速度 最大1Mbps
通話定額 ※2
  • 5分通話定額:基本プラン込み
  • かけ放題オプション:月額1,100円
特徴
  • ドコモのオンライン専用ブランド
  • 4G/5G通信、eSIMに対応
  • 通信速度が速い
  • 速度制限時も最大1Mbpsで使える
  • 5分かけ放題に標準対応。追加で24時間かけ放題も選べる
  • ahamo大盛りの追加で100GBまで利用可能
  • スマホのセット購入もできる
  • 海外ローミングが追加料金なしで使える。※3
  • dカード、dカード GOLDでの支払いなら最大5GBのパケット増量あり
  • 新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料すべて無料
  • ※価格は全て税込表示
  • ※1:機種代金が別途かかります。
  • ※2:SMS、他社接続サービスなどへの発信は、別途料金がかかります。詳細はこちら
  • ※3:15日を超えて海外で利用される場合は速度制限がかかります。国内利用と合わせての容量上限です。詳細はこちら

ahamo大盛りの登場により、大容量プランを使いたい人にもオススメです。今なら2022年12月まで実質無料でオプションが利用できます。

有償で修理や対人サポートが受けられるので、格安SIM初心者にとって使いやすいのも嬉しいポイント。外部サイトでは、ahamoのプラン詳細、メリットとデメリットについて解説しています。

povo2.0

povo2.0
ping 下り 上り
朝1回目 74ms 181.72Mbps 10.81Mbps
朝2回目 88ms 179.78Mbps 9.14Mbps
朝3回目 77ms 164.86Mbps 6.79Mbps
昼1回目 80ms 82.95Mbps 9.84Mbps
昼2回目 88ms 95.22Mbps 10.1Mbps
昼3回目 79ms 83.65Mbps 10.15Mbps
夜1回目 82ms 182.51Mbps 9.7Mbps
夜2回目 78ms 188.86Mbps 9.34Mbps
夜3回目 79ms 180.73Mbps 7.72Mbps

povo2.0はKDDIが提供するオンライン専用ブランド。基本料金が0円で利用でき、データ容量や通話定額などのオプションを必要な分だけ”トッピング”していくのが特徴です。

データ容量が足りなくなる都度チャージするのが面倒ではあるものの、本当に必要なものだけ追加できる仕組みはありそうでなかったプランです。

povo2.0の料金プラン
料金
  • 基本料金:0円(ベースプラン)※1
  • データ追加1GB(7日間):390円/回
  • データ追加3GB(30日間):990円/回
  • データ追加20GB(30日間):2,700円/回
  • データ追加60GB(90日間):6,490円/回
  • データ追加150GB(180日間):12,980円/回
  • データ使い放題(24時間)※2:330円/回
データ容量 0MB~150GB ※3
制限時通信速度 最大128Kbps
通話定額
  • 5分通話定額:月額550円
  • かけ放題オプション:月額1,650円 ※4
特徴
  • auのオンライン専用ブランド
  • 基本料金0円のオールトッピングプラン 使用期限の決まったデータ容量を購入して使う
  • 4G/5G通信、eSIMに対応
  • 通信速度が速い
  • 低速通信時は最大128Kbps
  • 5分かけ放題と24時間かけ放題が選べる
  • 24時間データ使い放題が1回220円で使える
  • 新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料すべて無料
  • ※価格は全て税込表示
  • ※1:180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止、契約解除となることがあります。
  • ※2:データ使い放題 (24時間) は、ネットワークの混雑時や動画・クラウドゲームなどの利用時に通信速度を制限する場合があります。
  • ※3:トッピングによるデータ容量の追加などがない場合、通信速度は送受信最大128kbpsとなります。
  • ※4:通話トッピングは、0570 (ナビダイヤル)・衛星船舶電話など、かけ放題の対象外となる通話があります。

24時間データ使い放題のオプションを追加すれば、容量無制限のWi-Fiルーターとしても使用できます。通話定額を付けて通話用として利用したり、緊急時のサブ回線としてもオススメ。

さらに今なら、期間限定トッピングで「データ追加3GB/90日間(1,280円/回)」と「データ使い放題7DAYS(1,800円/回)」を提供しています。少しの容量を長く使いたい人、冬の帰省などでデータ消費が増える方にオススメです。

混雑しやすい時間帯でも通信速度が速く安定しています。ドコモやソフトバンク回線と比べてアップロード速度はそこそこなので、大容量のファイルを取り扱う人は要注意です。

外部サイトでは、プランの特徴やメリット・デメリットについて詳しくレビューしています。

LINEMO

LINEMO
ping 下り 上り
朝1回目 66ms 38.56Mbps 18.6Mbps
朝2回目 66ms 35.18Mbps 18.51Mbps
朝3回目 77ms 26.77Mbps 14.75Mbps
昼1回目 70ms 26.83Mbps 18.35Mbps
昼2回目 79ms 47.25Mbps 24.51Mbps
昼3回目 72ms 23.83Mbps 14.85Mbps
夜1回目 71ms 39.01Mbps 24.42Mbps
夜2回目 71ms 40.94Mbps 12.78Mbps
夜3回目 72ms 40.31Mbps 11.59Mbps

LINEMOはソフトバンク回線のオンライン専用ブランド。

LINEのデータ容量がゼロになる「LINEギガフリー」をはじめ、LINEでデータ容量や料金を照会できます。Yahooプレミアム会員特典などが不要な人は、シンプルな料金プランのLINEMOのほうが使いやすいと思います。

LINEMOの料金プラン
ミニプラン スマホプラン
月額料金 990円 2,728円
データ容量 3GB 20GB
制限時通信速度 最大300Kbps 最大1Mbps
通話定額
  • 通話準定額(5分/回):月額550円(LINEMO契約から1年無料)
  • 通話定額:月額1,650円(LINEMO契約から1年間1,100円)
特徴
  • ※価格は全て税込表示

大容量の「スマホプラン(20GB)」のほかに、データ容量がそこまで必要ない人向けの「ミニプラン(3GB)」から選べます。今なら「ミニプラン」の新規契約・他社からのりかえで8ヶ月実質無料で使えます。

気になる通信速度も本家と遜色がなく、下りも上りも安定した速度を長期間維持しています。外部サイトでは、プランの特徴やメリット・デメリットについて詳しくレビューしているので、是非チェックしてみてください。

UQ mobile

UQ mobile
ping 下り 上り
朝1回目 54ms 183.82Mbps 9.82Mbps
朝2回目 54ms 175.87Mbps 5.32Mbps
朝3回目 58ms 170.23Mbps 7.11Mbps
昼1回目 55ms 181.72Mbps 8.23Mbps
昼2回目 79ms 144.35Mbps 7.22Mbps
昼3回目 81ms 183.26Mbps 9.06Mbps
夜1回目 79ms 189.29Mbps 10.56Mbps
夜2回目 87ms 187.65Mbps 6.46Mbps
夜3回目 87ms 188.25Mbps 9.34Mbps

UQ mobileはauのサブブランドで、混雑しやすいお昼の時間帯でも通信速度が安定しています。通信速度を重視する方にはイチオシの回線です。

2021年9月2日(木)に開始した「くりこしプラン +5G」はシンプルで分かりやすく、auの高品質な回線が使えるお得なプランです。

UQ mobileの料金プラン
くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
月額料金 1,628円 2,728円 3,828円
データ容量 3GB 15GB 25GB
制限時通信速度 最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話定額 ※1
  • 通話パック(60分/月)※2:月額550円
  • 通話放題ライト ※3:月額880円
  • 通話放題 ※4:月額1,980円
通話放題ライト、通話放題は「電話きほんパック(V)(440円/月)」が無料(別途申し込みが必要)
特徴
  • 4G/5G通信、eSIMに対応
  • 通信速度が速い
  • 速度制限時も最大1Mbpsで使える( くりこしプランS+5Gは最大300Kbps)
  • 通話定額が3種類(60分/月、10分/1回、時間無制限)から選べる
  • データ容量の翌月繰り越しに対応
  • 全国のauショップ/au Styleでも申し込み可能
  • 有料のサポートサービス(安心サポートパック/故障紛失サポート/使い方サポート)が使える
  • ※価格は全て税込表示
  • ※1:0570 (ナビダイヤル)への特番通話などは対象外です。
  • ※2:国内通話料(税込22円/30秒)の月間累計額から税込最大2,640円/月を減額します。一部対象外の通話があります。
  • ※3:1回の通話が10分を超えた場合、10分超過分につき税込22円/30秒の通話料が別途かかります。
  • ※4:不正な長時間通話と判断した際、通話を切断する場合があります。

ほぼ同じ条件のワイモバイルと比較しても料金が安く、筆者の環境だと通信速度もUQ mobileのほうが圧倒的に速いです。スマホ代を安くしたいけど、通信の快適さも妥協したくない人にオススメです。

外部サイトでは、プランの特徴やメリット・デメリットについて詳しくレビューしています。

楽天モバイル

楽天モバイル
ping 下り 上り
朝1回目 140ms 7.42Mbps 4.55Mbps
朝2回目 131ms 10.11Mbps 1.67Mbps
朝3回目 138ms 6.05Mbps 4.96Mbps
昼1回目 136ms 17.4Mbps 20.9Mbps
昼2回目 65ms 30.8Mbps 18.3Mbps
昼3回目 59ms 37.6Mbps 16.81Mbps
夜1回目 144ms 7.28Mbps 7.12Mbps
夜2回目 135ms 5.53Mbps 11.76Mbps
夜3回目 100ms 3.98Mbps 7.63Mbps

楽天モバイルは、3GBまで1,078円、20GBまで2,178円、20GB超過後も3,278円で使えるプランを提供しています。以前は1GBまで0円のプランを提供していましたが、2022年7月から廃止されています。

楽天モバイルの料金プラン
月額料金 最初の1回線目のみ3ヶ月無料
  • 1GB未満:0円(1人1回線まで)
  • 1GB~3GB未満:1,078円
  • 3GB~20GB未満:2,178円
  • 20GB以上:3,278円
データ容量
  • 楽天回線エリア:月間無制限 ※1
  • パートナーエリア(国内):月間5GB
  • パートナーエリア(海外):月間2GB
制限時通信速度
  • 楽天回線エリア:最大3Mbps
  • パートナーエリア(国内):最大1Mbps
  • パートナーエリア(海外):最大128Kbps
通話定額
  • Rakuten Link:国内通話が24時間0円
  • 10分(標準)通話かけ放題:月額1,100円 ※2
特徴
  • 楽天のMNO回線
  • 4G/5G通信、eSIMに対応
  • データ使用量に応じて料金が4段階に変動していく
  • 楽天回線なら月間データ容量無制限
  • 通信速度がそこそこ速い
  • 速度制限時も最大3Mbps(パートナーエリアは最大1Mbps)で使える
  • Rakuten Link使用で国内通話が24時間0円でかけ放題
  • 新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料すべて無料
  • スーパーポイントアッププログラム +1倍
  • ※価格は全て税込表示
  • ※1:3日間で10GB制限あり。公平なサービス提供のため速度制御の場合あり。
  • ※2:10分(標準)通話かけ放題(オプションサービス)は、10分超過後は30秒20円(税込22円)。本オプションサービスは日割り対象外。一部対象外番号あり。SMSは1日の送信上限あり。

楽天回線エリアなら月間データ容量無制限(1日10GBまで)で使えて、制限後も下り1Mbps~3Mbpsと必要十分な速度が出ています。

私の私の住んでいる環境でも楽天の自社回線を掴むようになりましたが、正直言うとパートナー回線(au)の時のほうが速かったです。

沖縄ではまだまだエリアが狭く、楽天モバイルだけで生活するには圏外になる不安が残ります。サブ回線として1回線契約しておくにはピッタリのプランです。

外部サイトでは、プランの特徴やメリット・デメリットについて詳しくレビューしています。

ワイモバイル

ワイモバイル
ping 下り 上り
朝1回目 67ms 25.7Mbps 25.46Mbps
朝2回目 75ms 35.29Mbps 19.06Mbps
朝3回目 77ms 29.73Mbps 17.75Mbps
昼1回目 73ms 51.24Mbps 12.91Mbps
昼2回目 72ms 42.41Mbps 11.65Mbps
昼3回目 67ms 34.03Mbps 13.19Mbps
夜1回目 79ms 52.79Mbps 13.5Mbps
夜2回目 78ms 61.67Mbps 23.47Mbps
夜3回目 82ms 54.7Mbps 24.85Mbps

ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドとして展開している格安SIM。2021年8月からデータ増量オプションの改定とデータ残量の繰り越しにも対応し、他社に遅れを取っていたデメリットも徐々に解消されつつあります。

ワイモバイルの料金プラン
シンプルS シンプルM シンプルL
月額料金 2,178円 3,278円 4,158円
データ容量 3GB 15GB 25GB
制限時通信速度 最大300Kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話定額
  • だれとでも定額(10分/回):月額770円
  • スーパーだれとでも定額(時間無制限):月額1,870円
データ増量オプション 月額550円(データ増量無料キャンペーン2で加入から1年間無料)
+2GB(合計5GB) +5GB(合計20GB) +5GB(合計30GB)
特徴
  • ソフトバンクのサブブランド
  • 通信速度が速い
  • 速度制限時も最大1Mbpsで使える(シンプルSは最大300Kbps)
  • 10分かけ放題と24時間かけ放題が選べる
  • PayPayやYahoo!関連サービスがお得になる
    • Yahoo!プレミアム特典が無料で付いてくる
    • Enjoyパック(月額550円)でYahoo!ショッピングの500円クーポンとポイント最大12倍特典、パケット550円分をゲットできる
  • LINE MUSICが6ヶ月無料で使える
  • 家族割引サービスで1回線につき1,118円引き(2回線目以降)
  • おうち割 光セットで1回線につき1,118円引き
  • ワイモバ親子割で基本料が適用月から最大13ヵ月間割引(2022年5月31日(火)まで)
  • ※価格は全て税込表示

私が測定している環境では、まだまだ他のMVNO回線より頭一つ抜き出ています。沖縄だと地下街などで一部繋がりにくいことがあるのが惜しいと感じました。

ソフトバンクのオンライン専用ブランド「LINEMO」と比較してみて、どちらが向いているか検討してみて下さい。

外部サイトでレビューを書いているので、こちらも合わせてチェックしてみてください。

IIJmio

IIJmio Dプラン
ping 下り 上り
朝1回目 57ms 35.92Mbps 8.83Mbps
朝2回目 57ms 44.1Mbps 7.84Mbps
朝3回目 58ms 43.62Mbps 8.27Mbps
昼1回目 57ms 5.92Mbps 6.1Mbps
昼2回目 133ms 3.53Mbps 4.88Mbps
昼3回目 137ms 4.62Mbps 8.72Mbps
夜1回目 112ms 29.65Mbps 9.08Mbps
夜2回目 82ms 37.69Mbps 10.08Mbps
夜3回目 80ms 33.89Mbps 8.13Mbps

IIJmio Aプラン
ping 下り 上り
朝1回目 78ms 94.26Mbps 7.68Mbps
朝2回目 87ms 78.76Mbps 7.82Mbps
朝3回目 88ms 93.56Mbps 8.55Mbps
昼1回目 84ms 2.73Mbps 5.39Mbps
昼2回目 147ms 1.22Mbps 10.38Mbps
昼3回目 144ms 2.2Mbps 10.77Mbps
夜1回目 77ms 83.22Mbps 8.88Mbps
夜2回目 78ms 70.93Mbps 8.71Mbps
夜3回目 84ms 84.42Mbps 7.87Mbps

IIJmioは格安SIMが普及する前からある老舗の格安SIMです。

ドコモ回線とau回線から選べるのですが、筆者の環境だと速度はau回線のほうが速いです。お昼の時間帯は速度が遅くなりやすいので、日中にスマホをそこまで利用しない方ならいいと思います。

今ならキャンペーンでお得にギガプランを利用できるので、月額料金を安くしたい方、端末を安く手に入れたい方にはオススメします。

IIJmioの料金プラン
音声 SMS データ(タイプDのみ) eSIM(データ通信・タイプDのみ)
2GB 858円 825円 748円 440円
4GB 1,078円 1,045円 968円 660円
8GB 1,518円 1,485円 1,408円 1,100円
15GB 1,848円 1,815円 1,738円 1,430円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円 1,650円
制限時通信速度 最大200Kbps
通話定額
  • みおふぉんダイアル 通話定額5分+:月額500円
  • みおふぉんダイアル 通話定額10分+:月額700円
  • みおふぉんダイアル かけ放題+:1,400円
特徴
  • フルMVNOならではの安心感(iPhoneの新機種やiOSの新バージョンにいち早く対応)
  • 通信速度はあまり速くない
  • バースト転送」で低速状態でもページ読み込みが速い
  • ドコモ、auのマルチキャリアに対応
  • みおふぉんダイアル」で通話料が半額になる
  • 通話定額オプションが3種類(5分/10分/かけ放題)から選べる
  • 契約者の名義で家族まとめてMNPできる
  • セット販売のSIMフリースマホが充実している
  • ※価格は全て税込表示

音声通話SIMの他社から乗り換え(MNP)限定にはなりますが、端末と回線のセットで通常よりも安くSIMフリースマホを入手できます。乗り換えを検討しているならお得です。

2021年4月に開始した「ギガプラン」は基本料金が安く、1契約につき最大10回線までデータ容量のシェアができる使い勝手の良さそうなサービスです。

国内では数少ないeSIMが利用できる会社なので、iPhoneやAndroidの対応端末をお持ちの方は、2回線目として利用するのもオススメです。

外部サイトではプランの詳細やメリット・デメリットについて詳しく解説しています。よければ一緒にチェックしてみてくささい。

mineo

mineo Dプラン
ping 下り 上り
朝1回目 55ms 59.33Mbps 21.42Mbps
朝2回目 56ms 67.71Mbps 23.52Mbps
朝3回目 57ms 63.05Mbps 23.06Mbps
昼1回目 56ms 1.68Mbps 17.86Mbps
昼2回目 119ms 1.59Mbps 14.09Mbps
昼3回目 118ms 1.93Mbps 14.99Mbps
夜1回目 115ms 4.03Mbps 12.5Mbps
夜2回目 116ms 5.56Mbps 14.97Mbps
夜3回目 117ms 4.51Mbps 14.78Mbps

mineo Aプラン
ping 下り 上り
朝1回目 87ms 100.08Mbps 10.61Mbps
朝2回目 79ms 119.56Mbps 11.02Mbps
朝3回目 79ms 107.38Mbps 10.21Mbps
昼1回目 82ms 2.03Mbps 9.12Mbps
昼2回目 148ms 1.73Mbps 10.6Mbps
昼3回目 154ms 2.13Mbps 6.81Mbps
夜1回目 117ms 37.24Mbps 11.03Mbps
夜2回目 116ms 22.99Mbps 11.17Mbps
夜3回目 123ms 36.24Mbps 11.1Mbps

mineo Sプラン
ping 下り 上り
朝1回目 84ms 61.85Mbps 20.46Mbps
朝2回目 84ms 58.47Mbps 21.15Mbps
朝3回目 85ms 51.62Mbps 24.19Mbps
昼1回目 84ms 16.16Mbps 19.61Mbps
昼2回目 112ms 12.75Mbps 14.82Mbps
昼3回目 106ms 7.9Mbps 12.54Mbps
夜1回目 119ms 5.78Mbps 31.21Mbps
夜2回目 121ms 3.09Mbps 31.69Mbps
夜3回目 116ms 5.12Mbps 21.82Mbps

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリア対応の格安SIMです。

2021年1月に新料金プラン「マイピタ」を発表し、音声通話付きプラン(デュアルタイプ)の月額料金が大幅に値下げされました。平日お昼にスマホを使わない人向けの「マイそく」など、他社にはないユニークなプランも用意されています。

mineoの料金プラン
デュアルタイプ(音声通話+データ通信) シングルタイプ(データ通信のみ)
1GB 1,298円 880円
5GB 1,518円 1,265円
10GB 1,958円 1,705円
20GB 2,178円 1,925円
制限時通信速度 最大200kbps
通話定額
  • mineoでんわ 10分かけ放題:月額935円
  • 通話定額30:月額924円
  • 通話定額60:月額1,848円
特徴
  • 関西電力グループのオプテージが提供
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • コミュニティサイト「マイネ王」でユーザー同士交流できる
  • mineoユーザー全員でパケットを貯めて使える「フリータンク」に対応
  • 余ったパケットを誰とでも分け合える「パケットギフト」に対応
  • 翌月に繰り越したパケットをグループでシェアできる「パケットシェア」に対応
  • 提携店舗が全国200店舗以上で申し込み・サポートが受けられる
  • 最大1.5Mbpsで使い放題の「パケット放題 Plus(月額385円)」が使える
    • 10GB以上のコースなら月額料金が無料
  • 通信をゆずりあうとデータ容量がもらえる「ゆずるね。」に対応
  • mineoでんわ」で通話料が半額になる
  • セット販売のSIMフリースマホが充実している
  • ※価格は全て税込表示

通信速度はぼちぼちですが、余ったパケットを家族でシェアしたり、mineoユーザー間でやり取りできるのが重宝しています。

独自のコミュニティサイト「マイネ王」では、mineoスタッフやユーザー同士で交流したりすることもでき、アットホームな雰囲気が人気です。

外部サイトでは、プランの特徴やメリット・デメリットについて詳しくレビューしています。

NUROモバイル

NUROモバイル Dプラン
ping 下り 上り
朝1回目 78ms 37.98Mbps 19.46Mbps
朝2回目 80ms 36.87Mbps 8.14Mbps
朝3回目 77ms 38.26Mbps 16.27Mbps
昼1回目 78ms 0.96Mbps 15.31Mbps
昼2回目 114ms 0.62Mbps 14Mbps
昼3回目 117ms 1.01Mbps 11.38Mbps
夜1回目 107ms 39.48Mbps 18.27Mbps
夜2回目 87ms 37.06Mbps 10.78Mbps
夜3回目 91ms 32.84Mbps 15.58Mbps

NUROモバイル Aプラン
ping 下り 上り
朝1回目 31ms 83.04Mbps 93.64Mbps
朝2回目 31ms 83.47Mbps 93.58Mbps
朝3回目 31ms 86.72Mbps 93.47Mbps
昼1回目 31ms 0.73Mbps 4.21Mbps
昼2回目 127ms 0.67Mbps 5.39Mbps
昼3回目 118ms 0.76Mbps 8.59Mbps
夜1回目 95ms 24.11Mbps 10.94Mbps
夜2回目 92ms 37.07Mbps 10.34Mbps
夜3回目 108ms 36.96Mbps 9.2Mbps

NUROモバイル Sプラン
ping 下り 上り
朝1回目 67ms 37.7Mbps 16.16Mbps
朝2回目 64ms 38.48Mbps 16.77Mbps
朝3回目 67ms 39.37Mbps 16.91Mbps
昼1回目 66ms 3.95Mbps 22.26Mbps
昼2回目 90ms 1.37Mbps 22.63Mbps
昼3回目 93ms 1.31Mbps 11.45Mbps
夜1回目 76ms 35.84Mbps 26.19Mbps
夜2回目 73ms 40.2Mbps 27.4Mbps
夜3回目 75ms 38.85Mbps 29.56Mbps

NUROモバイルはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIM。パケットの前借りやパケットギフトなど、データ残量の扱いは柔軟に調整ができるのが特徴です。

NUROモバイルの料金プラン
音声通話付き データ専用+SMS ※1 データ専用
お試しプラン(200MB) - 495円 330円
VSプラン(3GB) 792円 792円 627円
VMプラン(5GB) 1,485円 990円 825円
VLプラン(10GB) 990円 1,485円 1,320円
NEOプラン(20GB) 2,699円 - -
NEOプランLite(20GB) 2,090円 - -
制限時通信速度 お試しプラン:最大32kbps VS/VM/VLプラン:最大200kbps NEOプラン・NEOプランLite:最大最大1Mbps
通話定額
  • 10分かけ放題オプション:月額880円
特徴
  • 継続利用でデータ容量がもらえる「Gigaプラス」に対応(お試しプラン/VSプランを除く)
  • 利用開始月の月額料金、解約金、MNP転出手数料がすべて無料
  • NUROモバイルでんわ」で通話料金が半額
【お試しプラン・バリュープラスプラン】
  • 月額料金の安さは格安SIMトップレベル
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 通信速度はそこまで速くない
  • データ容量の繰り越し・プレゼントに対応
【NEOプラン】
  • LINE、Twitter、Instagramの対象サービスのデータ通信量を消費しない「NEOデータフリーに対応
  • ドコモ回線のみ対応
  • NEOプラン専用の帯域を利用できて通信速度が速い
  • 継続利用でデータ容量15GBがもらえる「Gigaプラス」に対応
  • アップロード時のデータ通信量がノーカウント「あげ放題」に対応
  • データ容量の繰り越しに対応
【NEOプランLite】
  • ドコモ回線のみ対応
  • NEOプラン専用の帯域を利用できて通信速度が速い
  • データ容量の繰り越しに対応
  • ※価格は全て税込表示
  • ※1:データ専用+SMSはドコモ・au回線のみ対応(ソフトバンク回線非対応)

2021年4月から音声通話付きSIMが月額792円から使える「バリュープラス」が登場しました。VM・VLプランは3ヶ月ごとにデータ容量がプレゼントされたり、どの回線を選んでも同一料金で利用できるのが特徴です。

そのほか、オンライン専用ブランドの対抗プラン「NEOプラン」と「NEOプランLite」が登場しました。専用回線を用意することでキャリア並の高速通信を実現しているそうです。

肝心の通信速度については、バリュープランだと混雑時に不安定になりやすく感じました。通信速度を重視するなら専用帯域を使えるNEOプランのほうが良いかもしれません。

b-mobile S 190PadSIM

b-mobile S 190iPadSIM
ping 下り 上り
朝1回目 72ms 50.32Mbps 22.6Mbps
朝2回目 78ms 45.61Mbps 24.76Mbps
朝3回目 70ms 60.79Mbps 15.63Mbps
昼1回目 73ms 1.42Mbps 18.63Mbps
昼2回目 78ms 1.29Mbps 13.92Mbps
昼3回目 78ms 1.25Mbps 19.69Mbps
夜1回目 69ms 2.26Mbps 24.42Mbps
夜2回目 78ms 5.44Mbps 25.43Mbps
夜3回目 76ms 1.79Mbps 22.26Mbps

b-mobileは日本通信が提供する格安SIM。以前は速度が比較的速かったのですが、最近はあまり速度が出ていないようです。

b-mobile 190PadSIMの料金プラン
SMS付SIM(ドコモorソフトバンク) ※1 データ通信専用SIM(ドコモorソフトバンク)
100MB 352円 209円
1GB 1,078円 528円
3GB 671円 935円
6GB 1,738円 1,595円
10GB 2,552円 2,409円
15GB 3,751円 3,608円
制限時通信速度 非公開(恐らく128Kbps前後?)※2 ※3
特徴
  • ドコモ・ソフトバンク回線の格安SIM
  • 月間100MB未満なら税込209円から使える
  • ソフトバンクのSIMロックが掛かったiPadとiPhoneでも使える
  • 非公式ながらSIMフリーのAndroid端末でも使える
  • 高速データ容量のチャージはできない
  • ※価格は全て税込表示
  • ※1:SMSの送受信は、ソフトバンク版190PadSIMとiPadではできません。
  • ※2:ファイル交換(P2P)アプリケーション等に制限を設ける場合があります。また、大容量のダウンロード及びストリーミングでの連続通信については、時間帯によって制限をかける場合があります。
  • ※3:低速度制限時(設定上限以上通信した時)において特に利用の多い方(当日を含む直近3日間の通信量の合計が300万パケット(360MB相当)以上)に対しては、さらに速度を制限する場合があります。

今申し込むなら「合理的かけほプラン」または「合理的みんなのプラン」など音声付きのプランがおすすめです。ドコモ回線もあるので利用する端末に応じて選んでみてください。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONE
ping 下り 上り
朝1回目 76ms 46.6Mbps 15.93Mbps
朝2回目 79ms 50.48Mbps 13.42Mbps
朝3回目 78ms 47.67Mbps 12.74Mbps
昼1回目 78ms 24.34Mbps 18.28Mbps
昼2回目 79ms 37.8Mbps 16.02Mbps
昼3回目 80ms 35.97Mbps 6.77Mbps
夜1回目 80ms 55.66Mbps 11.33Mbps
夜2回目 78ms 45.18Mbps 4.81Mbps
夜3回目 78ms 60.19Mbps 15.41Mbps

OCNモバイルONEは新コース開始後から速度が大幅に改善しており、他社のドコモ回線の格安SIMと比べると混雑時の安定感が違います。

ドコモのエコノミーMVNOとして展開していて、全国のドコモショップで申し込むことも可能です。500MB/月コースなら税込550円で月最大10分相当の無料通話がついてくるオトクなプランもあります。

OCNモバイルONEの音声SIMとセット契約すると、SIMフリースマホが安く手に入ります。端末と回線をセットで申し込むならセールを狙って購入すると良いでしょう。

OCNモバイルONEの料金プラン
音声対応SIM SMS対応SIM データ通信専用SIM
500MB 550円 - -
1GB 770円 - -
3GB 990円 990円 858円
6GB 1,320円 1,320円 1,188円
10GB 1,760円 1,760円 1,628円
無料通話 500MB:最大10分相当 その他:なし
通話定額
  • 完全かけ放題:月額1,430円
  • 10分かけ放題:月額935円
  • トップ3かけ放題:月額935円
特徴
  • dアカウントやdポイントなどを活用する「ドコモのエコノミーMVNO」
  • ドコモショップでサポートが受けられる
  • OCN光モバイル割で毎月220円割引(500MB/月コースは対象外)
  • 500MB/月コースは最大10分相当の無料通話付き
  • OCNでんわ」で通話料が半額になる
  • データ容量の繰り越しに対応
  • 1契約で複数回線とデータ容量を分け合える
  • OCN関連サービスと音楽配信サービスのカウントフリーに対応
  • 「バースト転送機能」で低速状態でもページ読み込みが速い
  • ※価格は全て税込表示

基本料金も他社より安めの価格設定なので、月のデータ利用量が10GB未満のライトユーザーの方にオススメです。大容量プランが用意されていないので、データをたくさん使いたい人には向いていないです。

外部サイトでは、プランの特徴やメリット・デメリットについて詳しくレビューしています。

LinksMate

LinksMate
ping 下り 上り
朝1回目 84ms 36.07Mbps 12.77Mbps
朝2回目 85ms 33.21Mbps 9.75Mbps
朝3回目 86ms 33.93Mbps 12.04Mbps
昼1回目 85ms 36.13Mbps 10.74Mbps
昼2回目 101ms 40.39Mbps 11.73Mbps
昼3回目 95ms 38.28Mbps 12.25Mbps
夜1回目 88ms 33.86Mbps 15.08Mbps
夜2回目 99ms 56.02Mbps 10.76Mbps
夜3回目 100ms 53.04Mbps 13.32Mbps

LinksMateはスマホゲームやSNSのカウントフリー機能がウリの会社です。ゲームアプリのカウントフリー対象が多く、対象サービスをよく利用している人は基本データ容量を減らして節約することも可能です。

LinksMateの料金プラン
音声通話+SMS
+データ通信
SMS+データ通信 データ通信のみ
100MB 297円 297円 165円
200MB 627円 407円 275円
300MB 660円 440円 308円
400MB 682円 462円 330円
500MB 715円 495円 363円
1GB 737円 517円 385円
2GB 770円 550円 418円
3GB 902円 682円 550円
4GB 1,078円 858円 726円
5GB 1,210円 990円 858円
6GB 1,342円 1,122円 990円
7GB 1,463円 1,243円 1,111円
8GB 1,606円 1,386円 1,254円
9GB 1,705円 1,485円 1,353円
10GB 1,870円 1,650円 1,518円
12GB 2,090円 1,870円 1,738円
14GB 2,310円 2,090円 1,958円
16GB 2,530円 2,310円 2,178円
18GB 2,750円 2,530円 2,398円
20GB 2,970円 2,750円 2,618円
22GB 3,157円 2,937円 2,805円
24GB 3,344円 3,124円 2,992円
26GB 3,531円 3,311円 3,179円
28GB 3,718円 3,498円 3,366円
30GB 3,905円 3,685円 3,553円
34GB 4,279円 4,059円 3,927円
40GB 4,840円 4,620円 4,488円
50GB 5,500円 5,280円 5,148円
60GB 6,160円 5,940円 5,808円
80GB 7,260円 7,040円 6,908円
100GB 8,305円 8,085円 7,953円
140GB 10,285円 10,065円 9,933円
200GB 13,255円 13,035円 12,903円
300GB 18,227円 18,007円 17,875円
400GB 22,902円 22,682円 22,550円
600GB 32,252円 32,032円 31,900円
800GB 41,052円 40,832円 40,700円
1TB 49,852 49,632円 49,500円
データ容量チャージ
  • 100MB:88円
  • 1GB:550円
カウントフリーオプション 1契約につき:月額550円
通話定額
  • 10分かけ放題オプション:月額935円
特徴
  • ドコモ回線の格安SIM
  • 5G通信/eSIMに対応
  • 対象のSNS、コンテンツ、ゲームの通信量をカウントしない「カウントフリーオプション(月額550円)」に対応
    • 対象プラン(2GB以上)とゲームを連携して特典がもらえる
  • MatePhone」で通話料が半額。10分かけ放題オプションが追加可能
  • 1契約でデータ通信容量シェアに対応
  • いつ解約しても絶対に解約手数料が発生する
  • ※価格は全て税込表示

プランの数は1GB刻みでものすごく沢山用意されているので、自分の使用量にあったプランが見つかるはずです。

通信速度もドコモ回線の中では時間帯に左右されず速いです。かれこれ数年使っていますが、ドコモ回線では比較的速い部類に入ります。

エキサイトモバイル

エキサイトモバイル
ping 下り 上り
朝1回目 86ms 64.33Mbps 9.05Mbps
朝2回目 89ms 77.53Mbps 14.99Mbps
朝3回目 90ms 69.27Mbps 11.11Mbps
昼1回目 88ms 0.32Mbps 1.02Mbps
昼2回目 190ms 0.36Mbps 1.23Mbps
昼3回目 189ms 0.4Mbps 1.04Mbps
夜1回目 188ms 1.58Mbps 4.76Mbps
夜2回目 179ms 1.66Mbps 5.77Mbps
夜3回目 173ms 1.23Mbps 1.22Mbps

エキサイトモバイルはは最近あまり目立った動きがありません。通信速度も混雑時は不安定になりやすく、積極的に勧める会社ではないですね。

エキサイトモバイルの料金プラン
Fit:段階料金プラン
音声 SMS データ
低速通信のみ 495円 462円 385円
~3GB 880円 847円 770円
~7GB 1,430円 1,397円 1,320円
~12GB 1,980円 1,947円 1,870円
~17GB 2,750円 2,717円 2,640円
~25GB 3,245円 3,212円 3,135円
Flat:定額料金プラン
音声 SMS データ
低速通信のみ 660円 627円 550円
3GB 1,210円 1,177円 1,100円
12GB 1,650円 1,617円 1,540円
20GB 2,068円 2,035円 1,958円
25GB 2,970円 2,937円 2,860円
30GB 4,400円 4,367円 4,290円
40GB 7,700円 7,667円 7,590円
50GB 11.198円 11,165円 11,088円
プラン共通仕様
データ容量チャージ
  • Fitプラン:5GB/1,100円
  • Flatプラン:1GB/220円
通話定額
  • 3分かけ放題X:月額759円 ※3分超過後も月10分まで無料
特徴
  • ドコモ回線の格安SIM
  • 使い方に合わせて選べる2種類のプラン
    • 使ったデータ容量に応じて料金が変動する「Fit:段階料金プラン」
    • 毎月決まったデータ容量・金額の「Flat:定額料金プラン」
  • エキモバでんわ」で通話料が半額
  • 1契約で最大5枚のSIMが使える
  • 通信速度はあまり速くない
  • ※価格は全て税込表示

私が契約している段階従量制プラン(最適料金プラン)は、使ったぶんだけ課金されていく料金プランです。データ容量が余ったり足りなくなったりする心配がありません。

2021年4月1日(木)から新料金プラン「Fit(フィット)」と「Flat(フラット)」が登場しました。最大5枚のSIMでデータ容量をシェアできるため、使い方がプランに合うなら便利だと思います。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル Dプラン
ping 下り 上り
朝1回目 60ms 35.11Mbps 11.2Mbps
朝2回目 58ms 40.03Mbps 11.02Mbps
朝3回目 72ms 39.73Mbps 9.35Mbps
昼1回目 63ms 2.85Mbps 6.88Mbps
昼2回目 89ms 2.46Mbps 6.96Mbps
昼3回目 98ms 2.47Mbps 6.71Mbps
夜1回目 86ms 34.31Mbps 15.64Mbps
夜2回目 82ms 28.02Mbps 16.12Mbps
夜3回目 92ms 29.46Mbps 15.09Mbps

BIGLOBEモバイル Aプラン
ping 下り 上り
朝1回目 57ms 17.15Mbps 10.84Mbps
朝2回目 59ms 19.18Mbps 10.98Mbps
朝3回目 57ms 12.25Mbps 11.29Mbps
昼1回目 58ms 1.88Mbps 9.65Mbps
昼2回目 96ms 1.63Mbps 8.65Mbps
昼3回目 94ms 1.76Mbps 9.2Mbps
夜1回目 88ms 2.77Mbps 11.31Mbps
夜2回目 88ms 11.06Mbps 10.41Mbps
夜3回目 87ms 6.06Mbps 10.79Mbps

BIGLOBEモバイルはYouTubeやAbemaTVの通信量をカウントしない「エンタメフリー・オプション」などが人気です。動画や音楽ストリーミングサービスを多用する方には向いています。

筆者の環境ではDプランのほうが速い傾向があります。Aプランは他社のプランと比べても遅いことが多く、通信速度を重視するならあまりオススメしません。

BIGLOBEモバイルの料金プラン
音声通話 SMS付き データ
1GB 1年目:550円 以降1,078円 - -
3GB 1年目:770円 以降1,320円 1,122円 990円
6GB 1年目:1,320円 以降1,870円 1,727円 1,595円
12GB 1年目:3,190円 以降3,740円 3,102円 2,970円
20GB 1年目:5,170円 以降5,720円 5,082円 4,950円
30GB 1年目:7,645円 以降8,195円 7,557円 7,425円
エンタメフリー・オプション YouTube などの対象21サービスの通信量が、定額料金でノーカウントになるサービス。通信速度制限中でも、対象サービスは速度制限されず使い放題。
  • 音声通話SIM:月額308円(初回6ヶ月無料)
  • データSIM:月額1,078円
制限時通信速度 最大200Kbps
通話定額
  • 3分かけ放題:月額660円
  • 10分かけ放題:月額913円
  • 通話パック60:月額660円
  • 通話パック90:月額913円
特徴
  • ドコモ、auのマルチキャリアに対応
  • 音声通話SIMは契約から1年間割引
  • ビッグローブ光またはBIGLOBE家族割で毎月220円割引
  • エンタメフリー・オプション」で対象21サービスの通信量がカウントフリー
  • 通話定額オプションが4種類(1回3分/1回10分/月60分/月90分)から選べる
  • 6GB以上の契約は「BIGLOBE Wi-fi」が無料で使える
  • ※価格は全て税込表示

2021年10月から音声通話SIMのプランS(1ギガ)でも、エンタメフリー・オプションに加入できるようになりました。通信速度はあまり速くないものの、プラン内容はバランスが良いと思います。

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する