Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

楽天モバイルのデータSIM解約がWebから申し込みできるようになったが…

この前Twitterで発見した情報によると、楽天モバイルの解約がようやくウェブからの申込みに対応したらしいです。

スポンサードリンク

楽天モバイルの解約方法

楽天モバイルの解約方法といえば、繋がりにくいと評判の悪い「楽天モバイルカスタマーセンター」への電話申込みのみでした。

楽天モバイルカスタマーセンターの電話番号
TEL:0800-600-0000
受付時間:09:00~18:00(年中無休)
15日までの解約申し込みで当月中の解約、16日以降は来月に持ち越し

いつ申し込んでも繋がりにくく、最低でも20分以上から長くて1時間以上待たされてようやく繋がるくらい混雑しているので解約するのが非常~~~~に面倒くさい。

受付時間がちょうど仕事している時間帯と被るし、他社が25日まで受け付けている当月中の解約を15日までと期間が短いため、早く解約手続きをしないと翌月申し込みとして扱われてしまいます。

ウェブから申し込みできるようになっていた

そんなある日「データSIMの解約がウェブから申し込みができるようになったよ!やったね!」という内容のツイートを見かけました。通話SIMはこれまで通りカスタマーセンターへの電話申し込みだけらしいです。

それを見てからすぐに楽天モバイルのマイページ(メンバーズステーション)にアクセスしてみると…。

マイページ下の会員メニューに「楽天モバイル解約申請」という項目が追加されていました。ここをクリックしてみます。

楽天モバイルの解約に関する注意事項が表示されるので、同意のチェックを入れて解約手続きに進みます。

すんなり解約させてくれると思いきや、いわゆる引き止めページに飛ばされました。楽天モバイルにはこんな魅力がたくさんあるんだよ!とアピールされても解約したい人の妨げにしかなっていないような気もしますが…。無視して「解約、MNPのお手続き方法を見る」を押して進みましょう。

今度はもっと長いアンケート(15問)のページに行きました。このアンケートに答えないと次へ進ませてくれません。面倒くさいけど渋々答えます。

ここでようやく最終確認画面にたどり着きました。ステップバーがないのでどこまでページがあるのか分からないですね。ページ下に「確認画面へ」と書かれたボタンがありますが、次の画面に行くと解約申請が完了します。紛らわしいなおい。

解約申請後はSIMカードの返却を忘れずに!

楽天モバイルを解約した後はSIMカードの返却をします。返却先は申込日と契約場所によって異なるため注意してください。

2015年10月6日以降にWebでお申し込みの方
〒107-0052 東京都港区赤坂4-2-19 赤坂SHASTA・EAST 5F
楽天モバイルSIM返却係
2015年10月6日以降に店舗でお申し込みの方
楽天モバイルカスタマーセンターにお問い合わせ
2015年10月5日以前にお申し込みの方
〒338-0824 埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
物流センターSIM返却係

SIMカードの返送料は契約者負担で、着払いでの受付は行っていません。いつも茶封筒にSIMカードを入れ、定形郵便物として82円切手を貼って送っています。SIMカードを返却しないとSIMカードを返送しない場合は損害金3,240円が発生する場合があるため注意。

ここ最近は直近3日間制限が撤廃されたり、1,000人限定で無制限かけ放題がスタートするなどユーザーの声を反映している姿勢は好感が持てます。元が酷いといえばそうなんですが、もっと利用者が使いやすくサポートしてくれるとより良いサービスになるんじゃないかなと思いました。

最近モバレコでも楽天モバイル関連のコンテンツに力を入れていて、色々な方向から見た楽天モバイルの特徴などをまとめています。良ければチェックしてみて下さい。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する