Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

DATONG Bluetoothシャッターボタン付き自撮り棒 レビュー。三脚としても使える万能タイプ

旅行中の簡易三脚として使えそうなものがないかAmazonで調べてみたところ、タイムセールで安くなっていたDATONGの自撮り棒が気になり購入してみました。

スポンサードリンク

パッケージ・内容物

パッケージの説明書きは中国語で書かれていて若干の不安を覚える。
箱も届いた時点でちょっと汚れが付いていました。

内容物はセルカ棒本体、充電用microUSBケーブル、スマホ接続用のマウント、GoProなどを接続するマウントでした。商品自体は特に不備などはなさそう。

説明書はカラーで日本語に対応しています。

こちらがセルカ棒本体。黒いホディに赤の差し色がクールでかっこいい。これなら男性が持っていても恥ずかしさは無いですね。

手に持つとこれくらいのサイズ感。スマホの1.5個分くらいの長さですね。

自撮り棒として使用するときは、グリップ部分に付いているストラップを手首に通すと落下防止になり安心。グリップ部分はゴム製なのでしっかりと握れます。

最大まで伸ばすと74cmまでグーンと伸びます。(グリップ部分含む)

先端部分にはマウント用のネジが付いています。デジカメなどにある一般的な三脚穴に対応しています。

付属のスマホ用マウントはネジ穴が2種類空いているため、セルフィー時と三脚使用時に合わせて使い分けできます。

幅の可変は55mm~100mmまで対応しているため、7インチのタブレットサイズでも何とか取り付けられそう。ただ重量的に安定感は無くなりそうです。

GoPro用のマウントはよくある形式。私はGoProを持っていないので試していません。

Bluetooth接続のボタンで遠隔シャッターが切れる

中央に付いているのはシャッターボタン。スマホとBluetooth接続するとシャッターボタンとして機能します。(一部非対応の機種ありと報告も)

ボタンはマグネットで固定されているため、簡単に取り外すことができます。

ボタンの右にあるスイッチを下にスライドすると電源がONになります。スマホ側のBluetoothをオンにして「MEFOTO」という機器と接続してください。

Android端末と接続するとキーボードとして認識しました。スマホ側で文字入力時にキーボードが出てこないことがあるため、使用後は接続を切っておきましょう。

充電はmicroUSBポートから。外出先でもモバイルバッテリーで充電できます。
満充電すると約2時間程度使えるとのこと。

三脚としても使える自撮り棒が便利!

通常の自撮り棒と異なる点はこのグリップ部分。

ココをガバっと開くことで三脚としても利用できます。脚の部分もしっかりと作られていて剛性も問題なさそう。

Amazonの写真のように三脚を大きく開くと三脚の安定感が無くなってしまうのはマイナスポイント。思っていたよりも中央の支柱が長くてバランスが悪いです。

スマートフォンを取り付けてみるとこんな感じ。結構大きめのHUAWEI P20 Proをマウントしていますが、脚の位置を調整することで倒れること無く安定しています。

棒の部分は3段階で固定できます。棒の先端を持って右側に回すと緩み、左側に回すとロックされる簡単な仕組みで使いやすかったです。スマホの重みで勝手に棒が短くなることもありません。

取り付けるよりもスマートフォンを水平に保つのが大変です。写真でも右に傾いてしまっています。

自撮りするときってサッと撮りたいときが多いと思うので、ネジで固定したり専用の工具などが必要だと面倒で使わなくなってしまいます。これなら用意して1分もかからず準備できますね。

スマートフォンの固定もグラつきがなく、ガッチリと固定出来ています。利用するときはちゃんと固定されているかシッカリ確認してから使用しましょう。

多機能性+シッカリとした作りで満足度は高い

これまでにもいくつか自撮り棒を試してみましたが、その中でも一番多機能で頑丈そうな製品でした。値段も2,199円と他社製品よりも比較的安く満足度は高いです。

あとはどれくらい耐久性があるか心配ですが、しばらく使ってみて改めてご紹介したいと思います。多機能な自撮り棒をお探しの方はオススメです。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する