Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

USB-Cで充電できるBluetoothマウス「Satechi M1 ワイヤレスマウス」レビュー

USB-C対応のハブや充電器などを多数販売するSatechiより、USB-Cで充電できるBluetoothマウス「Satechi M1 ワイヤレスマウス」をご提供頂いたのでレビューしていきます。

丸みを帯びて握りやすく洗練されたデザインは、MacBookやiPadなどのApple製品との相性もいいと思います。Bluetooth 4.0対応で遅延も少なく使いやすい製品です。

スポンサーリンク

Satechi M1を開封。付属品をチェック

パッケージはSatechiらしいシンプルなデザイン。裏面には製品の特徴が書かれています。マウスが薄型なのでこんな薄いパッケージにも入ります。

今回レビューする製品はシルバーです。この他にもゴールドやローズゴールド、ブラック(品切れ中)があります。

箱の中身はマウス本体、充電用のUSB-C to Aケーブル、取扱説明書。

ケーブルは結構長めで、1mくらいあるんじゃないかと。充電しながら使うことを想定しているのでしょうか。

説明書は日本語に対応していません。充電してBluetoothで繋ぐだけなので問題ないかと。

3ボタン式の至って普通のマウス

真上から俯瞰で撮影。左右のクリックとホイールがあるだけの至って普通のマウスです。

本体とボタン部分、ホイールがツートンカラーになっています。シルバーの部分はアルミ製で、ボタンはプラスチック製です。

スクロールホイールには細かい凹凸があり、摩擦が少なくスムーズにスクロールが行なえます。

最初はザラザラとした触り心地に違和感がありましたが、今ではこのメタリックな質感がカッコよくて気に入っています。

USB-Cで充電しながら使える

充電は先端のUSB-Cポートから行います。携帯用の充電器やモバイルバッテリーから充電できるのは、乾電池式よりも汎用性が高くて便利です。

実際にケーブルを繋ぐとこんな感じ。マウス先端にポートがあるおかげで充電しながら使えますが、有線接続には対応していないようです。Bluetooth非対応の製品には使えないのでご注意下さい。

背面には電源ON/OFFスイッチとペアリングボタン、トラッキングのセンサーが内蔵。

Satechiのロゴと認証情報のシールが結構目立ちますが、使っているときは見えないので許容範囲かと思います。

実際に使ってみて

愛用のノートパソコン「LIFEBOOK UH-X/C3」に接続して1ヶ月弱使ってみました。

タッチパッドの指すべりがイマイチなのが唯一の不満でしたが、マウスを使うことで細かい作業が非常に快適になりました。

接続の安定性も申し分なく、使っていて途切れたりカーソルが飛ぶこともなく安定しています。電池持ちも1ヶ月のうちは切れてないので特に問題無いレベルかと。

欲を言えばマルチペアリングに対応していれば、複数台で切り替えてもっと便利に使えたと思います。

本体に厚みがないので、手のひらで包みこむような握り方よりも”つまみ持ち”のほうが使いやすいと思います。

左右のクリック音はカチカチと音が響くため、静かな場所で使うには少々気を遣います。ホイールは多少重みのあるゴリゴリとした感触で好みが分かれるかもしれません。

まとめ:薄型でスタイリッシュなデザインのBluetoothマウスが欲しい方へ

簡単ではありますが、SatechiのBluetoothマウス M1をご紹介しました。

これまでUSBドングルを付けるタイプの無線マウスを使っていましたが、Bluetoothで繋いだほうがUSBポートを塞がなくていいので便利です。

マウスの重量は88gとそこそこ軽量なので、iPadなどと組み合わせて携帯用としても適しています。薄型の形状でカバンの中に入れても出っ張りが少ないのもポイント高いです。

ゲーミングマウスのように多機能や高性能ではなく、ブラウザ操作や画像加工、事務作業など普通に使いたい人に向いている製品です。コスパが良いというよりも、値段なりに必要十分な仕事をしてくれる製品でした。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する