Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

Magsafe対応・ワイヤレスで使えるモバイルバッテリー「CIO-MB5000-MAG」レビュー!

モバイルバッテリーやPC関連アクセサリーを取り扱うCIOから、Magsafe(マグセーフ)対応・容量5,000mAhのモバイルバッテリー「CIO-MB5000-MAG」をご提供頂きました。外観やデザイン、スペック、実際の使い勝手についてレビューしていきます。

iPhone 12シリーズの背面にマグネットでピタッと吸着して固定でき、最大15Wのワイヤレス急速充電が利用可能。Magsafe非対応の端末でも、付属のマグネットシールを背面に貼り付けることで固定して使えます。

ワイヤレス充電以外にも、最大18Wの入出力に対応したUSB-Cでも充電可能。Lightning端子も備わっているため、iPhoneとの相性も抜群です。

■期間限定クーポン
Amazonクーポンコード「CIOMB5000」の入力で、通常価格から808円OFFの2,800円で購入可能です。クーポン有効期限は2021年2月8日23:59まで。
CIOMB5000


スポンサーリンク

「CIO-MB5000-MAG」のスペック

「CIO-MB5000-MAG」の基本スペックは以下の通り。

型番 CIO-MB5000-MAG
バッテリー容量 5,000mAh
入力(Type-C) 5V=2.4A / 9V=2A / 12V=1.5A
入力(Lightning) 5V=2A
出力(ワイヤレス) 5W/7.5W/10W/15W
出力(Type-C+ワイヤレス) 5V=2.4A(合計12W)
サイズ 約110mm×65mm×11mm
重量 約130g
付属品 本体、取扱説明書、マグネットシール
カラー ブラック、ホワイト

「CIO-MB5000-MAG」の外観・付属品

パッケージはこんな感じ。

箱の中身はバッテリー本体、取扱説明書、マグネットシール。付属のマグネットシールはMagsafe非対応端末で使用します。

バッテリー本体のサイズは約110mm×65mm×11mm。一般的な名刺入れと大体同じくらいのサイズです。バッテリー容量は5,000mAhとiPhone 12 Proを1回分ちょっと充電できる容量です。

重量は約130gと軽量設計。スマホと一緒に持ち運んでもそれほど苦にならないです。

表面はサラサラとしたマットな触り心地。指紋や汚れが目立ちにくいのは良いですね。下部にはキックスタンドと電池残量を表示するLEDインジケーターを内蔵しています。

裏面にはワイヤレス充電の接点と、製品仕様などが印字されています。

側面の中央には電源ボタン。左右には入出力対応のUSB Type-Cポートに加えて、給電専用のLightningポートも搭載しています。

「CIO-MB5000-MAG」の特徴

  • 磁石でピタッと吸着・ワイヤレスで充電できる
  • USB Type-C・Lightningの2ポート搭載
  • 動画視聴に便利なキックスタンド付き

磁石でピタッと吸着・ワイヤレスで充電できる

iPhone 12シリーズに搭載されたMagsafeに対応し、背面のマグネットで固定した状態でワイヤレス充電が可能です。

■Magsafe対応機種(執筆時点)
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max

iPhone 8以降/Androidのワイヤレス充電に対応した製品は、付属のマグネットシールを背面に貼り付けることでiPhone 12シリーズと同じように使えます。

筆者はiPhone 12シリーズを持っていないので、今回はマグネットシールを使用した方法で使用しています。

ワイヤレス充電の接点に合わせて位置を調整して貼り付けました。薄型のケースであれば、本体に直接貼り付けずにマグネットシートを挟み込むだけでも使えます。

煩わしいケーブルなしで充電できるので、移動中や通話中などに充電しながら使いたいときに非常に便利です。

今回はGalaxy Note10+で使用してみましたが、大型の端末で使用すると少し重すぎる気がしました。短時間の使用であれば問題ないですが、付けっぱなしでの使用はあまりオススメしません。

USB Type-C・Lightningの2ポート搭載

本製品はワイヤレス充電のみならず、有線による急速充電にも対応しています。USB PD対応のType-Cケーブルで接続すると、iPhone 12を30分で最大50%まで充電可能です。

バッテリー本体への給電も、USB PD対応のType-C to Cケーブルを使うと約1.5時間で満充電できます。通常のモバイルバッテリーとしても使いやすい仕様です。

ワイヤレス充電と有線による充電は同時に行えますが、最大出力が5V=2.4A(合計12W)まで落ちてしまうので注意が必要です。

動画視聴に便利なキックスタンド付き

内蔵のスタンドを使うと、ワイヤレス充電しながら動画視聴も楽しめます。スタンドの傾斜は最大45度まで無段階で調整可能です。

細いスタンド1本で支えているので、画面の端を強めにタップすると倒れてしまいます。スタンドはあくまでオマケ機能として使ったほうが良いかもしれません。

まとめ

CIOのワイヤレス充電対応モバイルバッテリー「CIO-MB5000-MAG」をレビューしました。Magsafeに対応したiPhone 12シリーズをお持ちの方はもちろん、非対応の端末でも使えるのは良かったです。

USB Type-CとLightningに対応していたり、キックスタンドが内蔵されているなど、ワイヤレス充電以外の面でも気が利いていて便利だと思います。

少し前から中華メーカーがAmazonで販売しているものと同じですが、CIOの製品はPSEマーク取得済である程度信頼のあるメーカーから出たことが嬉しいです。

コンパクトで使い勝手のいいモバイルバッテリーをお探しの方にオススメです。

CIOMB5000

コメントを残す

writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する