Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

TAOTRONICS「SoundLiberty 92 TT-BH092」レビュー:インナーイヤー型で軽い付け心地の完全ワイヤレスイヤホン

ワイヤレスイヤホンやスピーカーを取り扱うTAOTRONICSより、完全ワイヤレスイヤホンの「SoundLiberty 92 TT-BH092」をご提供頂いたのでレビューしていきます。

インナーイヤー型の軽い付け心地で耳への負担が少なく、長時間使っていても不快感が無いのが特徴。バッテリー持ちも良くコスパ重視の製品です。

クーポンコード「BH092KUR」の入力で通常価格の20%OFF(3,999円)で購入できます。キャンペーン期間は7月31日(金) 12:00~8月2日(日)23:59 まで。

BH092KUR


スポンサーリンク

TAOTRONICS TT-BH092のスペック・特徴

■TAOTRONICS TT-BH092の特徴
  • 大口径13mmドライバー搭載
  • インナーイヤー型で耳への負担が少ない
  • バッテリー持ちが良い
  • IPX7の防水対応

TAOTRONICS TT-BH092は、TAOTRONICS初のインナーイヤー型イヤホン。大口径13mmドライバー搭載で迫力のある音が楽しめるほか、MCSync技術により安定した接続を実現しています。

詳細のスペックは下記の通り。

SoundLiberty 92 TT-BH092のスペック
製品名TAOTRONICS SoundLiberty 92 TT-BH092
本体サイズ
  • イヤホン単体:43×16.2×18.5mm
  • ケース:47.4×54.4×23.8mm
重量
  • イヤホン単体:4.7g×2
  • ケース込み:約43g
イヤホン形状インナーイヤー型
BluetoothバージョンBluetooth 5.0
BluetoothチップAiroha AB1536U
対応コーデックSBC、AAC
接続距離15m
バッテリー容量
  • イヤホン単体:40mAh*2
  • ケース:420mAh
連続駆動時間
  • イヤホン単体:最大5時間(80%音量)
  • ケース込み:最大30時間
充電時間1時間20分
充電端子USB-C
防水IPX7(イヤホンのみ)
→水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がないレベル

SoundLiberty 92 TT-BH092の外観・内容物

パッケージは鮮やかなオレンジが目を惹くデザイン。光を当てると薄っすらイヤホンのイラストが浮き出てくる工夫も。

内容物はイヤホンケース(中にイヤホンを内蔵)、USB-C to Aケーブル、取扱説明書や保証書などが入っていました。

説明書は日本語に対応。

マットな質感で安っぽくない

イヤホンケース本体は、中央にロゴが印字された黒一色のシンプルなデザイン。指紋や汚れが目立ちにくいマットな手触りで安っぽくないのは好印象です。

ロゴの上にはLEDインジケーターを内蔵。ケースの充電残量を確認できます。

ケースのサイズは47.4×54.4×23.8mm、重さはイヤホンケース込みで約43gと小型軽量です。手のひらにもすっぽり収まります。

イヤホンの充電はUSB-Cに対応。製品仕様や技適マークなどの認証情報は底面に印字されています。

縦に長い形状のイヤホン本体

イヤホン本体は縦に収納するタイプ。横に寝かせるタイプよりも取り出しやすく感じます。

ケースの蓋を開けたところにバッテリー残量を確認するボタンが付いています。

イヤホン本体はケースの長さに近く、AppleのAirPodsなどよりも大きなサイズです。

それにしても既視感のある形状ですね…。

実際に使ってみた

届いてから1週間ほど使ってみた感想をまとめてみます。

この価格帯なので音質や機能は望めませんが、音に強い拘りがなく手頃な完全ワイヤレスイヤホンを探している方にはオススメできると思います。

特にカナル型のイヤホンが苦手な人や、リモートワークで長時間イヤホンを使っている方に向いています。

ペアリング方法

イヤホンのペアリング方法は、接続するデバイスでBluetoothをオンにして「TAOTRONICS SoundLiberty 92 TT-BH092」を選択するだけ。

一度ペアリングが完了すると、次回以降はイヤホンをケースから取り外すだけで自動的に接続されます。

ペアリングを解除するときは、イヤホンを1度ケースに戻してボタンを長押しすると再びペアリングモードに切り替わります。

装着感について

イヤホンを装着した様子がこちら。耳からはみ出す部分が大きくて少々目立ちやすい形状です。

イヤホンの装着感は非常に軽快で、長時間付けていてもストレスを感じません。耳の奥までノズルが入らず、カナル型のように圧迫感を感じにくくなっています。

外でイヤホンを使う場合、周囲の音が聞こえるインナーイヤー型は街中で使用しても安全です。その反面、音漏れがしやすいので音量に気をつけないと周りの迷惑になります。

また、ショルダーバックなどを降ろす際、棒の部分を引っ掛けると耳から落下しやすいので注意が必要です。実際に何度か地面に落下させました。

操作性について

各種操作はイヤホン背面のタッチセンサーで行います。

SoundLiberty 92 TT-BH092の操作方法
左耳右耳
再生/一時停止左右どちらかを2回タップ
音量+1回タップ
音量-1回タップ
曲送り3回タップ
曲戻し3回タップ
着信応答・切断左右どちらかを2回タップ
着信拒否左右どちらかを3回タップ
音声アシスタントの起動左右どちらかを長押し

タッチセンサーの範囲は狭いですが、感度設定がよくて誤操作も少ないように感じました。欲を言えば、タッチしたときにフィードバックがあると良かったかもしれません。

何よりも嬉しいのが、イヤホン単独で音量調整ができるところ。完全ワイヤレスイヤホンだと対応していないことが多いので、いちいちスマホを取り出す手間が無くなります。

音質・接続の安定性について

肝心の音質については良くも悪くも値段なりの音質でした。あまり音に拘りがない私でも「うーん…」と感じるので、普段良いイヤホンを使っている方からすると不満が出そうです。

価格を考えると十分良い音なんですが、全体的にフラットでボーカルの声や楽器の音がぼんやりしている印象です。音楽をちゃんと楽しむよりも、作業中やランニング中のBGMとして聴くライトな使い方に向いています。

動画視聴なども試してみると、ほんの僅かに音が遅延しています。個人的には十分許容範囲内でしたが、音ゲーやバトルロイヤル系の判定がシビアなゲームにはオススメしません。

接続の安定性は特に不満もなく。しばらく使っていても音が途切れたり、遅延することがなかったです。

まとめ:装着感が良くライトに音楽を楽しむのにピッタリ

完全ワイヤレスイヤホンは様々なメーカーから販売されていますが、価格帯によってイヤホンの質感や音質・機能性が変わってきます。

今回紹介したSoundLiberty 92 TT-BH092は、見た目や音質は価格相応といった感じがしますが、装着感や操作性が良くて割と気に入っています。

IPX8の防水とAAC対応、長寿命のバッテリー、片耳モードなど欲しい機能が一通り揃っており、ノイズキャンセリング機能や音質にこだわりがなければ十分使えるイヤホンだと思います。

BH092KUR
鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する