Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

ワイモバイル、スマホベーシックプランSの超過時通信速度を128kbps→300Kbpsに高速化

ワイモバイルは、スマートフォン向けの料金プラン「スマホベーシックプランS」の超過時通信速度を128kbps→300Kbpsに高速化することを発表しました。

2020年10月14日(水)以降の新規申込時より適用されます。10月13日以前に「スマホベーシックプランS」を契約中の場合、2021年3月末までに順次切り替え予定となっています。

スポンサーリンク

「スマホベーシックプランS」の制限時速度が高速化

改定後のプラン内容は下記の通り。

10月14日以降のスマホ向け料金プラン
スマホベーシックプランSスマホベーシックプランMスマホベーシックプランR
月額料金2,948円4,048円5,148円
高速データ容量 ※13GB→4GB(1年間)10GB→13GB(1年間)14GB→17GB(1年間)
超過時速度最大128kbps
最大300Kbps
最大1Mbps最大1Mbps
データ容量繰越非対応
通話料10分以内の国内通話が掛け放題
超過後は30秒につき22円

  • ※価格は全て税込表示
  • ※1:「データ増量オプション」(月額550円)に加入して「データ増量無料キャンペーン2」(1年間無料)が適用されている場合。1年経過後は「データ増量オプション」の料金として月額550円がかかります。

体感だとそれほど変わらない?

今回改定されたのは、一番安いプランの「スマホベーシックプランS」の制限時通信速度。
これまでは最大128kbpsでしたが、最大300Kbpsに高速化されました。正直なところ、体感だとそれほど大きく変わらないかもしれません。

スマホベーシックプランMとスマホベーシックプランLでは、制限時の通信速度は最大1Mbpsとなっています。データ容量が足りず毎月制限に掛かるようであれば、プラン変更を検討してみてください。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する