カスタマイズ性抜群!機能豊富で新しくなったブラウザ「Habit Browser」

このブラウザを一度使ったらもう他のブラウザには戻れません!
それくらい魅力的なブラウザがAndroidにあります。その名も「Habit Browser」です。

実はこのブラウザは前から使いやすいと評判で、最近新たにリニューアルされました。今までのものは「Habit Browser classic」になり、今回リリースされたものは「Habit Browser」になりました。

classicの方はこれ以降更新せずそのままで、新しいHabit Browserの方を随時更新していくそうです。

サクサク快適に動くブラウザが使いたい、片手でも使いやすいブラウザがいい、機能が豊富なブラウザが使いたいという要望に全て応えてくれます。

Habit Browser 1.0.43
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

Habit Browser classic 1.105
カテゴリ: ツール
Google Playで詳細を見る

スポンサードリンク
目次で流し読みする ・*・:≡( ε:)
  1. 1.使いやすいポイント

使いやすいポイント

動作が軽い!

ブラウザで一番求められていることはやはり動作の軽さと思います。動作が重いと使っていてストレスが溜まってしまいます。

Habit Browserは高速で、動作のもたつきを感じさせません。あのサクサク動くと定評のある「Google Chrome」と互角かそれ以上だと思います。

動作だけではなくアプリの容量やRAMの使用料も少ないので、スペックが低いスマホでもサクサク動きます。

高いカスタマイズ性

自分好みにカスタマイズできるのがAndroidの強みです。ならブラウザだって自分の使いやすい配置や設定にしたいですよね?
Habit Browserなら痒いところに手がとどくように設定を変更することが出来ます。

スピードダイアル

image

Habit Browserを立ち上げるとこの画面になり、よくアクセスするサイトを登録してすぐにアクセスできるように出来ます。

検索バー

image

基本的な検索バーも付いています。
旧式のclassicと新型では形が変わっています。classicではURL入力欄と検索バーが別れていて、新型ではGoogle Chromeのように合体しています。
表示位置は上と下から選べます。

タブ

もちろんタブ機能も付いており、タブは無制限に開くことが出来ます。(あまり開きすぎると動作が重くなりますが…)
PCのブラウザのように、リンクを新規タブで開いたり、バックグラウンドで開いたり、閉じたタブを開いたりすることも出来ます。

タブはアドレスバーの上とメニューバーの上の2箇所で操作出来ます。

クイックメニュー

image

Android標準ブラウザについている、画面の端から中央に向かってスワイプしてメニューを出す「クイックメニュー」も付いています。
横からスワイプだけではなく、画面の端をタップでも起動できます。

メニューの数は2個~12個まで設定でき、それが左右に表示することが出来るので最大24個まで設定することが出来ます。
設定できるメニューも全ての機能から選ぶことが出来ます。
クイックメニューを起動する範囲やメニューの大きさなども設定することが出来ます。

アクションツールバー

image

画面の下にはアクションツールバーがあります。ボタンの短押し・長押しだけではなく、縦スワイプ・横スワイプにも機能を割り当てる個とが出来ます。
こちらもクイックメニュー同様に、設定できるメニュー全ての機能から選ぶことが出来ます。

メニュー

image

メニューキーを押したときに出るリスト型の メニューも自由にカスタマイズすることが出来ます。もちろん並び順も自由に変更出来ます。

フリックで戻る進む

iOS7のSafariにも追加されたフリックで戻ると進むが使えます。
下にある戻る・進むキーを押すよりも素早く行えるのでとても快適にブラウジングが出来ます。

FASTBACK

新型に追加された機能で、FASTBACKの機能
をONにするとページを戻る・進むときに再読み込みをせず、すぐに移動することが出来ます。

テーマ

バーやアイコンやテキストなどの色を自由に変更することが出来ます。デフォルトでは9種類入っており、追加や削除をすることが出来ます。

使いきれないほどの豊富な機能

Habit Browserには以下の機能があります。

翻訳機能

ページ全体を翻訳することが出来ます。WEB制作の新しい情報などは大体が英語なので、英語が苦手な私にはとても助かります…!

ページキャプチャ

WEBサイトのキャプチャを撮ることが出来ます。画面上の見えている範囲とページ全体を撮ることが出来ます。

ナイトモード

夜暗いところでネットをするときにナイトモードをONにすることで、画面が暗くなり目がチカチカしなくなります。画面の明るさを設定を変更することなく明るさを暗く出来ます。

マウスカーソル

マウスカーソルをONにすると、画面上にカーソルが出てきます。PCサイトなどの小さなリンクをクリックするときに便利です。

フルスクリーン表示

フルスクリーン表示にすることで画面を広く使うことが出来ます。フルスクリーン中はメニューキーを押すことでタブ・検索・メニューバーを利用することが出来ます。

ステータスバーを開く

ホーム画面にはよくある機能ですが、ブラウザに実装されているのは初めて見ましたw
大きいスマホを使っているときや、フルクリーン表示にしているときに通知領域をボタンひとつで開いてくれます。

ユーザーエージェント切替

スマホサイトに飛ばされてPCサイトを見たいとき、ユーザーエージェントをPCにすることでPCサイトを見ることが出来ます。
PC以外にも「Androidタブレット」「iPhone」「iPad」なども選択することが出来ます。

広告ブロック

Firefoxのアドオンである広告ブロック機能もデフォルトで搭載されています。
スクロールに合わせてついてくる鬱陶しい広告などもブロックすることが出来ます。
たまに間違えてコンテンツが表示されないときがあるので、機能をOFFにして見ています。

あとで読む

あとで読むのサービスでは「poket」が有名ですが、Habit Browserでも同じようなことが出来ます。

こまめにアップデートされて、より使いやすく

アップデートがとても多く、バグ修正や機能追加などさまざまな更新が行われています。Google Playのレビューに書かれている要望も実装が早く、とても好印象です。

この更新の多さは人によっては面倒だと思う方もいると思います。目安としては1週間に2~3回くらいだと思います。

個人的な要望

今の状態でも十分満足する出来なのですが、わがままを言うなら、Bluetoothキーボードに繋いだときにキーボードショートカット(ctrl + Tで新規タブを開く、ctrt + Wでタブを閉じる)などを追加して欲しいです。

もう一点、Nator Browserであった機能で、テキスト入力フォームをクリックしたらフォームが全画面に拡大する機能があるとスマホでも文字入力がしやすくなり、より使いやすくなると思います。

あと、旧式のHabit Browser classicであった「機能を詰め込みすぎて動作が重たくなる」というのはやめて欲しいですね。今は元の軽さに戻っていますが、一時期は今より少し重くなっていました。

一番ユーザーが求めているのは軽さなので、今のようなサクサク感は維持していただけると助かります…!

最後に

私は標準ブラウザ、Google Chrome、Opera mini、Boat Browser、Sleipnir Mobile、Maxthon Browser、UC Browser、jigbrowser+、Angel Browser、Puffen Browser、Nineskyブラウザ、Yahoo!ブラウザ、ドルフィンブラウザ、Natorブラウザ、Nator HD、NEXTブラウザ…
などなど、数多くのブラウザを試してみましたが、どれもいまいちこれだ!と思えるブラウザがありませんでした。

Habit Browserは使いたかった機能や設定が全て揃っており、やっと自分好みのブラウザに出会えたと思いました。
今使っているブラウザで不満があるなら、これを機にHabit Browserに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。