Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

バニラエア、2017年10月29日搭乗分より機内持込手荷物の重量を10kg→7kgに改定。サイズも若干の変更あり

ANAグループのLCCサービス「バニラエア」では、2017年10月29日(日)搭乗分より運航の安全性と定時性の確保及び利便性向上を目的として機内持込手荷物の制限重量を10kgから7kgに変更するほか、手荷物のサイズについても若干改定されています。

スポンサードリンク
目次で流し読みする ・*・:≡( ε:)
  1. 1.機内持込可能な荷物に関する変更概要

機内持込可能な荷物に関する変更概要

具体的な変更内容については以下の通り。主に機内持込手荷物の重量が7kgに変更されたことにより、ジェットスターなどと同じ制限に変更されました。

機内持込手荷物基準(2017年10月28日まで)
サイズ三辺の和が115cm以内かつ、各辺が56cmX36cmX23cm以内
個数手荷物1個 + 身の回り品(ハンドバック・PCバックなど)1個=2個まで
重さ2個の合計が10kgまで

機内持込手荷物基準(2017年10月29日以降)
サイズ三辺の和が115cm以内かつ、各辺が55cmX40cmX25cm以内
個数手荷物1個 + 身の回り品(ハンドバック・PCバックなど)1個=2個まで
重さ2個の合計が7kgまで

LCC利用者では余計な出費を抑えるために機内持込の荷物のみで移動する方も多く、これまで以上に制限に引っかかる利用者が増えると予想されます。

実際に過去にバニラエアを利用した際に、機内持込手荷物が7kg以上10kg未満だったときもあるためこれまでと同様に荷物を詰め込むと制限に引っかかる可能性が高いです。

機内持込手荷物の詳しい条件については公式サイトをご確認下さい。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する