Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

BenQのモニター掛け式ライト「WiT ScreenBar Plus」レビュー。机のスペースを占領せず使えて便利!

プロジェクターや液晶モニターで有名なBenQからご提供頂いたモニター掛け式ライト「WiT ScreenBar Plus」をレビューしていきます。

パソコンのモニターに直接取り付けて使うタイプのデスクライトで、パソコン画面や手元を明るく照らして見やすくしてくれます。デスクのスペースを占領せず使えて非常に便利でした。


スポンサーリンク

モニターに直接取り付けられるLEDデスクライト「WiT ScreenBar Plus」レビュー。

今回ご紹介するBenQ ScreenBar Plusは、モニターに直接取り付けられるタイプのデスクライトです。

レビューする前は「モニター自体が発光しているのに必要なのか?」と思っていましたが、モニター周辺が暗いと目に負担が掛かってしまいます。

普段からデスク周りが暗いなと思っていたので、以前レビューした目の負担が少ないLEDデスクライト「BenQ Wit MindDuo」と組み合わせて使ってみます。

付属品

箱の中身はライト本体、モニターに設置するためのクリップ、コントローラー(デスクトップダイヤル)、マニュアルが入っていました。

2色のLEDを内蔵

ScreenBar Plusのランプ本体。2色のLEDが内蔵されていて、付属のコントローラーで明るさや色温度を調整することができます。

クリップで挟み込んでモニターに固定する

モニターに設置するためのクリップはちょっと変わった形をしています。

モニターにガッチリ固定するのではなく、引っ掛かりの部分と重りで挟み込むような方式で、上に乗っけると自重で自然と固定できてしまいます。

手元をふんわり照らしてくれる

ライトを点灯させるとこんな感じ。キーボードやマウス周辺をふんわり優しい光で照らしてくれます。モニターに光が反射せず、絶妙なバランスで設置できるのが使いやすくて気に入りました。

公式サイトいわく、奥行35cm x 幅75cm程度の範囲を500ルクスの明るさで照らしてくれるんだとか。スペック以上にある程度の範囲は明るさをキープしている印象です。

付属のコントローラー(デスクトップダイヤル)の中央を押すと「カチッ」と心地よいクリック感でライトが点灯します。

左右に回すと明るさや色温度の調整が可能です。前作とは違って手元で調整できるのは良かったです。

左のボタンを押すと、周辺の明るさに応じて自動で色合いや明るさを調整してくれます。普段はこのモードで使用して、必要に応じて手動で調整する運用がベストでした。

デスクライトと組み合わせて使うと、デスク周りがかなり明るくなって使いやすくなりました。

まとめ

机のスペースを占領しない省スペース設計や、クリップデザインで設置が簡単なところなど他のデスクライトとは違ったアプローチで面白い製品でした。

デスクトップダイアルで直感的に調整できて、見た目にも高級感があってカッコいいと思います。しばらく使ってみて目の疲れが感じにくくなったと実感しています。

長時間モニターを見ることが多いデスクワーカーの方は、BenQのWiT ScreenBar Plusがオススメです。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する