Webデザインやガジェット、格安SIMの情報ブログ

LCCと高速バスを駆使して1週間で日本全国どこまで回れるか試してみる。前編 

2018年5月のGW明けに仕事が暇になりそうだったので、年度末を乗り越えたご褒美として旅行に行くことにしました。

ただ普通に旅行に行くだけじゃつまらないので、LCCや高速バスを使って1週間でどれだけ日本全国を回れるのか試してみました。

スポンサードリンク

1日目:午後休を取って名古屋へ

仕事は午後休を取ってそのまま空港へ向かいます。今回1週間の旅行で持っていく荷物はこれだけ。前回紹介したリュックとトートバックに必要な衣類やガジェット類などを全部詰めていきました。

この日予定していた名古屋の気温が5月とは思えないほど寒く、春でも長袖のパーカーや羽織るものを持っていく羽目になりました。。

LCCを使って名古屋まで移動

沖縄(那覇)→名古屋(中部)の航空券はジェットスターの「モーニング価格に挑戦セール」に勝ち取ることができ、片道388円(諸税込み1,198円)で飛行機に乗る事ができます。

14:40発の名古屋行きの飛行機へ乗り込みます。

2時間半ほどで無事に中部国際空港(セントレア)に到着。飛行機内ではずっとAmazonプライム・ビデオを視聴してました。

名鉄電車で名古屋駅まで向かいます。セントレアから名古屋駅に向かうのは1年ぶりなので乗り方を忘れていた。よく見たら沖縄からの飛行機代と運賃がそこまで変わらないことに気がついて1人でニヤニヤしてしまった。

名古屋の街を観光

そんなトラブルがありつつも、何とか予定通り19時前に名古屋駅に到着。まずはホテルにチェックインして荷物を預けておきましょう。

名古屋で宿泊したホテルは「ファーストキャビンTKP名古屋駅」です。昨年9月にオープンしたばかりのカプセルホテルで、落ち着いた雰囲気とスタッフの対応が最高でした。これで税込2,100円は破格です!

荷物を下ろしたあとは名古屋駅周辺を散策。

沖縄県民はセブンイレブンを見るだけで感動する。お弁当とかコンビニスイーツとか見て回ってました。

偶然フォロワーさんが名古屋駅から近いとのことだったので、名鉄名古屋駅のナナちゃん人形前で待ち合わせ。

軽く街を散策してからコメダ珈琲でお茶してきました。やっぱり名古屋といったらコメダのクリームソーダだよね。

期間限定でシロノワールの完熟チョコバナ味が出ていましたが、夕飯前だったので断念…!

夕食は別のフォロワーさんと名古屋名物「味噌カツ」を頂きました。昨年4月にも食べた矢場とんのわらじとんかつは大変美味しかったです。

その後は車で夜の名古屋を案内してもらい、お風呂でゆっくり温まることに…。
熱めのお風呂で長時間湯船には入れませんでしたが、フォロワーさんと色んな話をしながらのんびりくつろぎました。

その後は宿まで送ってもらい、そのまま倒れ込むように深夜2時半に就寝。お疲れ様でした。

初日はほぼ移動日として考えていたので、名古屋市内をぐるっと回ったのみ。名古屋市内に入ってから6時間もない状態でここまで回れたのも車を出してもらったおかげですね。

2日目:名古屋観光と地獄の高速バスの旅

2日目は朝6時30分に起床し、身支度を済ませてモーニングを食べるために出かけました。今回狙っていたのは、名古屋と神奈川の8店舗しかない「コメダ和喫茶 おかげ庵 葵店」のおにぎりモーニング。

団子とか甘味メニューが豊富にあって気になりましたが、まだ食べたいものがあったので今回はパス。

そのまま栄まで移動して大都会を満喫。聖地巡礼としてスマートフォンラウンジやau Nagoyaも行ってみたけど特に感想はない()

1月に案内してもらった大須商店街が印象的だったので、改めて1人で来てみました。

スマホやタブレットの買い取り、ジャンクスマホで有名なワールドモバイルの名古屋大須店に行って中古スマホ相場を調べてました。

旅の安全祈願のために鳩が大量にいる「大須観音」にお参りしておきましょう。

神社の横で鳩の餌が50円で売られているのですが、その餌を持っていると鳩が死ぬほど寄ってきます。ちょっとトラウマになるレベルでうじゃうじゃいます。

小腹が空いてきたので「ソロピッツァ ナポレターナ 大須本店」で激安ピザを食べて腹を満たします。予想以上に本格的な味で大満足でした。

そろそろバスの時間も近づいてきたので、名古屋駅まで戻りお土産を購入します。名古屋は美味しそうなお土産がたくさんあって迷いますが、定番のうなぎパイを注文しておきました。

ホテルに戻り、大浴場で汗を流してラウンジで一休み。飛行機で移動すると空港までの移動であたふたしますが、高速バスでの移動ならギリギリまで時間を有効活用できます。

バスの集合時間までにお手洗いを済ませ、地獄の4列シートで行く名古屋→東京への旅(片道5時間30分)がスタート。昼12時45分に出発して夜18時15分頃到着予定です。

名古屋から東京へのLCCは現時点で就航していないため、なるべく安く行くには高速バスしか選択肢がありません。今回の高速バスのセールを使用したので、片道1,700円(ウィラートラベルのリラックス)で移動できました。

LCCとは違ってバスタ新宿に到着するため、空港からの移動時間を考慮すると飛行機とさほど移動時間も変わりません。

とはいえ名古屋から東京までほぼノンストップで座り続けないといけないため、腰やお尻がどんどんキツくなってきます。

途中で窓から富士山が眺められたり、サービスエリアで休憩が2回あって楽しめた。
夜行バスもいいけど、街の風景を楽しめたり、サービスエリアで買い物ができるのは昼行バスのメリットですね。

首都高のクソ混雑にも巻き込まれること約5時間…

定刻よりも15分早い18時過ぎにバスタ新宿へ到着しました。長かったー!

到着後は端末の受け取りのためにモバレコオフィスへ訪問し、改めて新宿駅へと戻ってきました。ちょうど退勤ラッシュの時間帯だったので満員電車に揺られながら移動するのが辛かった…。

スタバで休憩しつつ、火照った体をクールダウン。東京はどこへ行っても人で溢れかえってますね。

その後はフォロワーさんと別れて、予定していた別の方と飲みに行くことに。新宿ゴールデン街を巡ったり、いいお店無いかな~と夜の新宿を徘徊していると、良さげな立ち飲み屋があったので入ってみることに。

すでに注文できる商品が少なくなっていましたが、お刺身もお酒も美味しく頂けました。狭い店内でしたがガヤガヤした雰囲気のお店はこれはこれで好きです。

その後は別のフォロワーさんも合流してジョナサンで飯食べてました。沖縄にジョナサン無いのでファミレスでも嬉しい。
終電間際まで食っちゃべって今日の宿泊先まで泊まりました。

東京での宿泊先は宿代を浮かせるためにフォロワーさんの家に居候です。シャワーや電源をお借りして倒れるように寝ました。

2日目の移動距離はこんな感じ。自分で選んだとはいえ、高速バスの4列シートはなかなか辛かった…!

3日目:東京で多くの人に出会う

3日目も朝から会う約束があったので、早めに身支度をしてフォロワーさんの家を飛び出しました。

新宿駅まで移動し、おしゃれな星乃珈琲店でモーニング。前日が名古屋のモーニングだったので差に驚いた。

フォロワーさんに「Oculus Go」を貸してもらい体感してみた。スマホを装着するようなタイプと違い、音質が良くてコンテンツの没入感がもの凄かった(語彙力)

新宿御苑で大自然に触れる

腹ごしらえが済んだところで、新宿御苑まで行ってみることに。今まで新宿御苑の前は何度も通ってきましたが、実際に入ったのはこれが初めて。
ちょうどガイドさんがいる時間帯だったので、後ろについていき話を聞きながら案内してもらいました。

こんな都会のど真ん中に広大な土地と大自然が広がっているのはなんだか不思議ですね。ガイドさんの話もテンポよく進めてくれて、1時間があっという間に過ぎていきました。

品川でラーメンを食べて物流博物館へ

お昼すぎにフォロワーさんと解散し、別のフォロワーさんに会うために山手線で品川駅まで移動しました。

お昼ご飯は金澤濃厚豚骨ラーメン 神仙の濃厚魚介つけそばを堪能。調子に乗って大盛りを頼んでみたのですが、予想以上に多く入っていたので手伝ってもらいました…。

続いて訪れたのは、物流博物館という物流に関する展示や模型などがある博物館にやって来ました。

入城料は大人200円、65歳と20名以上の団体は100円、中学生以下は無料で入れます。営業時間は午前10時~午後5時(入館は4時半)まで。

ジオラマがあったり米俵の重さを体験するコーナーがあったり、思っていたよりも多くのコーナーが用意されていて大人でも十分楽しめました。

一番人気は佐川急便やヤマト運輸などのユニフォームを着て記念撮影ができるコーナー。
代表者の氏名や住所・身分証などのコピーが必要となりますが、1グループ15分まで自由にユニフォームを着てコスプレを楽しめます。

その時記念に撮影した写真がこちら。服のサイズも数種類あるので、お子さんから大柄な男性でも入ると思います。小物類やセットも充実しており、想像以上に本格的な撮影が楽しめました。

物流博物館の帰りに秋田の物産展がやっていたので、りんごジュースを飲みつつ記念撮影。このりんごジュースがめちゃくちゃ濃厚で美味でした。
2種類あってそれぞれ後味や飲みやすさが違っていた。

上野でお茶をしつつお酒を飲む

まだまだ時間があるので上野まで移動し、椿屋珈琲でお茶することに。

駅前にぽつんとあるお店ですが、レトロで落ち着いた空間が楽しめるとのこと。

メニューを見るとほぼ全て1,000円以上で普通のカフェよりも高級。ただその値段に見合うような落ち着いた空間とフカフカのソファー、教育が行き届いた接客態度など満足度は高め。

悩んだ末に自家製ケーキ(プラチナレアチーズケーキ)のセットを注文。チーズの香りと甘さが絶妙にマッチして最高でした。

ほろ苦い珈琲で甘ったるさをリセットしてくれて無限に食べられる気がする。

それにしても銅のカップって珍しいよね。

しばらくお茶を楽しみつつ、時間を潰していると別のフォロワーさんが追いかけてきた。

日も落ちて暗くなってきたので、喫茶店を離れて飲みに行くことに。

途中で別のフォロワーさんを拾い、総勢6人で上野にあるバーに押しかけるというおかしな事態。お互いがはじめましての状態なので、絶妙な距離感を取りつつ雑談してました。

この日のお通しはグラタンとトースト。ちょうどお腹空いていたタイミングだったので嬉しい!
チーズのパリパリ感とホワイトソースの組み合わせが最高です。

という具合に軽く飲みつつ、終始笑いっぱなしで22時前まで飲んでました。

川崎へ移動しホテルにチェックイン

その後は電車で川崎まで向かい「川崎リバーホテル」にチェックイン。川崎の街を軽く案内してもらいながら宿に着いたので距離も感じなかった。(写真は翌朝に撮影)

川崎とか横浜周辺って宿がどこも高くて困っていましたが、土曜日の夜に2人で泊まっても安く抑えられて助かりました。治安はあまりいいところではないので、帰ってシャワー浴びて寝るぶんにはちょうどいいって感じです。

3日目はめちゃくちゃ縦移動の多い日でした。新宿→品川→上野→川崎ってもう少しうまく回れそうな気もしたけど、楽しかったからいいか。


旅行中は電車移動も多いけど徒歩の移動もかなり多いです。

後編に続きます。

鹿
writer : 鹿
このブログを管理している鹿。Webデザインとガジェットが好き。
  • Feedly(RSS)で
    ブログを購読してみる
    購読する
  • Push7(プッシュ通知)で
    ブログを購読する
    購読する